研究者
J-GLOBAL ID:201301022945420817   更新日: 2020年06月03日

土屋 敦

ツチヤ アツシ | Tsuchiya Atsushi
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (3件): 社会学 ,  科学社会学、科学技術史 ,  医療管理学、医療系社会学
研究キーワード (8件): 子ども社会学 ,  家族社会学 ,  福祉社会学 ,  研究倫理 ,  社会学 ,  生命倫理学 ,  歴史社会学 ,  医療社会学
競争的資金等の研究課題 (7件):
  • 2016 - 2020 「子どもの貧困問題」の構築過程と社会的養護問題の変容
  • 2015 - 2016 徳島県海部郡牟岐町における質問票調査
  • 2015 - 2016 徳島県海部郡牟岐町における地域福祉調査
  • 2011 - 2016 再生医療研究における倫理的問題の解決に関する研究
  • 2011 - 2015 脳科学研究における倫理的問題の解決に関する研究
全件表示
論文 (17件):
  • 吉田耕平, 土屋敦. 「体罰から向精神薬へ : Z県の児童養護施設Yで働く施設職員の語りから」. 地域科学研究. 2019. 9. 1. 1-22
  • Beliefs held by breast surgeons that impact the treatment decision process for advanced breast cancer patients: a qualitative study. 2019. 2019. 11. 221-229
  • 中澤栄輔, 土屋敦. Polarity of Public Perception over General Consent: Survey on Consciousness of Healthy Japanese Participants in Brain Database Projects. Annals of Bioethics & Clinical Applications. 2018. 1. 1. 1-8
  • Takimoto Y, Nakazawa E, Tsuchiya A, Akira A. Ordinary Citizens’ Expectations for Regenerative Medicine and Induced Pluripotent Stem Cells Researches in Japan. Journal of Clinical Research & Bioethics. 2018. 8. 311-311
  • 土屋 敦. 「保護されるべき子ども』と親権制限問題の一系譜-児童養護運動としての『子どもの人権を守るために集会」(1968-77年). 子ども社会研究. 2017. 23. 113-131
もっと見る
MISC (9件):
  • 土屋 敦. 「文献紹介 黒木保博(監修)・中嶋和夫・近藤理恵(編著)『世界の子どもの貧困対策と福祉関 連QOL--日本,韓国,イギリス,アメリカ,ドイツ--』」. 家族社会学研究. 2019. 31. 1
  • 土屋 敦. 『就園児童の生活と退園後の生活支援に関する実態調査-児童養護施設、乳児院、ファミリーホームにおける』(平成29年度 徳島県COC事業報告). 2018
  • 土屋 敦. 戦後の社会的養護と子どもの人権の系譜-敗戦後から現在までの歴史を振り返る. 月刊福祉. 2017. 100. 28-31
  • 土屋 敦. 高田佳輔氏の『子どもと貧困の戦後史』への書評に応えて. 社会学論集. 2017. 16. 109-113
  • 土屋 敦. 書評-藤井常文『戦争孤児と戦後児童保護の歴史-台場、八丈島に「島流し」にされた子どもたち. 社会福祉研究. 2017. 128. 17
もっと見る
書籍 (32件):
  • 子どもへの視角 : 新しい子ども社会研究
    新曜社 2020 ISBN:9784788516670
  • 孤児と救済のエポック : 十六〜二〇世紀にみる子ども・家族規範の多層性
    勁草書房 2019 ISBN:9784326603169
  • 子どもと教育 (家族研究の最前線)
    日本経済評論社 2019 ISBN:4818825158
  • 生命倫理のレポート・論文を書く
    東京大学出版会 2018 ISBN:4130624202
  • 混合研究法の基礎: 社会・行動科学の量的・質的アプローチの統合
    西村書店 2017 ISBN:4890134808
もっと見る
講演・口頭発表等 (39件):
  • 「記録の残存/保存から戦後の孤児史・施設史を構想するために」
    (日本教育学会第78回大会(学習院大学)ラウンドテーブル「子ども史研究再考--記録保存、分析視座、歴史叙述--」 2019)
  • 「『愛着障害』概念の変遷と社会的養護」
    (福祉社会学会第16回大会(明治学院大学)公開シンポジウム「『多様な親子関係』への支援を再考する」 2019)
  • 「子どもの誕生」再考(3)--1960年代里親委託実践にみる「子どものニード」と養護実践の相互昂進--
    (第91回日本社会学会大会(甲南大学) 2018)
  • 生命倫理問題を「社会調査」手法を用いて調べて分析する際の手引きのあれこれ
    (第29回日本生命倫理学会年次大会 2017)
  • 児童養護における「子どもの人権問題」の系譜 --全養協「子どもの人権を守る集会」(1968-80 年)の分析から
    (第23回日本子ども社会学会大会 2016)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2003 - 2007 東京大学大学院 社会学分野 博士課程
  • 2001 - 2003 東京大学大学院 社会学分野 修士課程
  • 1997 - 2001 東京大学 思想文化学科 哲学専門分野
学位 (1件):
  • 博士(社会学) (東京大学)
経歴 (12件):
  • 2020/04 - 現在 関西大学 社会学部 社会学科 社会学専攻 准教授
  • 2014/04 - 2020/03 徳島大学 総合科学部 地域創生コース/大学院社会産業理工学研究部(併任) 准教授
  • 2014/04 - 2018/03 日本国立民族学博物館 共同研究員
  • 2015/04 - 2016/03 東京大学医学部医療倫理学教室 非常勤講師
  • 2014/04 - 2015/03 徳島大学 総合科学部 社会創生学科 地域創生コース/大学院 ソシオ・アーツ・アンド・サイエンス研究部 准教授
全件表示
委員歴 (4件):
  • 2014/11 - 現在 日本生命倫理学会 評議員
  • 2014/04 - 現在 東京大学大学院 社会学研究室 『ソシオロゴス』委嘱委員
  • 2015/04 - 2016/03 日本保健医療社会学会 査読委員
  • 2013/04 - 2014/03 東京大学医学部 臨床倫理指導員
受賞 (1件):
  • 2018/06 - 日本子ども社会学会 学会奨励賞 論文の部
所属学会 (9件):
比較家族史学会 ,  福祉社会学会 ,  日本子ども社会学会 ,  日本家族社会学会 ,  日本保健医療社会学会 ,  米国社会学会 ,  日本生命倫理学会 ,  関東社会学会 ,  日本社会学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る