研究者
J-GLOBAL ID:201301025488176980   更新日: 2020年10月14日

斎藤 環

サイトウ タマキ | Saito Tamaki
所属機関・部署:
職名: 教授
論文 (79件):
  • 斎藤,環. 事例紹介 : これらをどう捉えるか (斎藤環氏による読書会『開かれた対話と未来』 専門職はオープンダイアローグにどうかかわったらよいか) -- (精神科医療にとっての革命性とは). 精神看護. 2020. 23. 3. 240-243
  • 斎藤,環. 医療的な誤解を正す (斎藤環氏による読書会『開かれた対話と未来』 専門職はオープンダイアローグにどうかかわったらよいか) -- (精神科医療にとっての革命性とは). 精神看護. 2020. 23. 3. 237-239
  • 斎藤,環. オープンダイアローグの特徴 : 技巧的ではない工夫の重なり (斎藤環氏による読書会『開かれた対話と未来』 専門職はオープンダイアローグにどうかかわったらよいか) -- (精神科医療にとっての革命性とは). 精神看護. 2020. 23. 3. 230-234
  • 斎藤,環. 中高年のひきこもりに対する精神医学的支援について (特集 大人のひきこもりや社会的に孤立しがちな人の精神医学). 精神科治療学. 2020. 35. 4. 335-340
  • 斎藤,環. ひきこもり支援のためのパラダイムシフト : 対話的支援の可能性 (特集 ひきこもりと向き合い、支援する). 教育と医学. 2020. 68. 2. 117-124
もっと見る
書籍 (38件):
  • Open Dialogues and Anticipations
    医学書院 2019
  • 「うつ」の舞台
    弘文堂 2018 ISBN:9784335651779
  • フェイクの時代に隠されていること(福山哲郎との共著)
    太田出版 2018 ISBN:9784778316280
  • ケアとしての就労支援 こころの科学 メンタル系サバイバルシリーズ (こころの科学増刊) ムック
    日本評論社 2018
  • ケアとしての就労支援 こころの科学 メンタル系サバイバルシリーズ (こころの科学増刊) ムック
    日本評論社 2018 ISBN:9784535904477
もっと見る
講演・口頭発表等 (13件):
  • オープンダイアローグ的アプローチが有効と考えられた事例-治療チームの共通点に着目して-
    (第116回日本精神神経学会学術総会 2020)
  • 思春期のひきこもり経験を有する成人労働者の心理的ストレスの検討
    (第38回日本思春期学会総会・学術集会 2019)
  • Assessing confinement environment stress via fNIRS: the effect of exercise
    (1st University of Tsukuba-University of Science Joint Young Researcher Meeting in Biomedical Science 2019)
  • Confinement environment stress assessment via fNIRS: an update
    (Tsukuba Global Science Week 2018 2018)
  • PREDICTION OF ALCOHOL CONSUMPTION USING IMPLICIT ASSOCIATION TEST TO JAPANESE ALCOHOL DRINKERS
    (19th World Congress of International-Society-for-Biomedical-Research-on-Alcoholism (ISBRA) 2018)
もっと見る
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る