研究者
J-GLOBAL ID:201301026266335601   更新日: 2020年11月26日

水田 浩之

Mizuta Hiroyuki
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (2件): 水圏生命科学 ,  水圏生産科学
研究キーワード (27件): 生活環制御 ,  防御応答 ,  栄養塩 ,  コンブ類 ,  成熟 ,  子嚢斑 ,  培養 ,  環境要因 ,  植物成長調整物質 ,  子嚢斑形成 ,  再分化 ,  植物生長調整物質 ,  フェノール ,  抵抗性 ,  組織培養 ,  種苗 ,  光質 ,  活性酸素 ,  マコンブ ,  ヨウ素 ,  増殖 ,  繁殖 ,  生態系モデル ,  基礎生産 ,  干潟 ,  アラントイン ,  スサビノリ
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • 2013 - 2015 コンブ胞子体における傷害抵抗性誘導条件の解明
  • 2010 - 2012 コンブ類の繁殖における静的抵抗性解明に関する研究
  • 2004 - 2006 コンブ目植物組織における高生産性培養法の開発に関する栄養生理学的研究
  • 1997 - 1998 培養系におけるマコンブ胞子体の成熟誘導に関する研究
論文 (57件):
もっと見る
MISC (9件):
  • Toshiki Uji, Harune Endo, Hiroyuki Mizuta. Sexual Reproduction via a 1-Aminocyclopropane-1-Carboxylic Acid-Dependent Pathway Through Redox Modulation in the Marine Red Alga Pyropia yezoensis (Rhodophyta). Frontiers in plant science. 2020. 11. 60-60
  • Toshiki Uji, Yohei Gondaira, Satoru Fukuda, Hiroyuki Mizuta, Naotsune Saga. Characterization and expression profiles of small heat shock proteins in the marine red alga Pyropia yezoensis. Cell stress & chaperones. 2019. 24. 1. 223-233
  • SAITOH Sei-ichi, SHIBATA Haruka, LIU Yang, NYOMAN RADIARTA I, ISADA Tomonori, HIRAWAKE Toru, MIZUTA Hiroyuki, YASUI Hajime. AQUACULTURE SITE SELECTION FOR GAGOME KELP, KJELLMANIELLA CRASSIFOLIA, IN SOUTHERN HOKKAIDO, JAPAN, USING SATELLITE REMOTE SENSING AND GIS-BASED MODELS. 日本リモートセンシング学会学術講演会論文集. 2013. 54th. 403
  • 中村有里, 谷敬志, 水田浩之, 安井肇. エンドウコンブ胞子体の発達過程. 日本水産学会北海道支部大会講演要旨集. 2011. 2011. 37
  • 西村絵理香, 川越力, 水田浩之, 安井肇. 褐藻ウガノモクの栄養繁殖に関する研究. 日本水産学会北海道支部大会講演要旨集. 2011. 2011. 38
もっと見る
講演・口頭発表等 (1件):
  • AQUACULTURE SITE SELECTION FOR GAGOME KELP, KJELLMANIELLA CRASSIFOLIA, IN SOUTHERN HOKKAIDO, JAPAN, USING SATELLITE REMOTE SENSING AND GIS-BASED MODELS
    (日本リモートセンシング学会学術講演会論文集 2013)
学位 (1件):
  • 博士(水産学) (北海道大学)
経歴 (1件):
  • 2013 - 現在 北海道大学 水産科学研究研究院 教授
所属学会 (4件):
日本応用藻類学会 ,  日本水産増殖学会 ,  日本藻類学会 ,  日本水産学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る