研究者
J-GLOBAL ID:201301026576483570   更新日: 2020年07月29日

林 俊宏

Hayashi Toshihiro
所属機関・部署:
職名: 教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
  • 帝京大学  アジア国際感染症制御研究所   教授
ホームページURL (2件): http://teikyo-physiol.umin.jp/https://www.e-campus.gr.jp/staffinfo/public/staff/detail/3222/94
研究分野 (6件): 基盤脳科学 ,  内科学一般 ,  放射線科学 ,  生理学 ,  神経内科学 ,  神経科学一般
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 2020 - 2023 青斑核ノルアドレナリン系神経の機能障害が初期アルツハイマー病脳内環境に及ぼす影響
  • 2015 - 2019 安静時fMRIを用いた前臨床期アルツハイマー病画像バイオマーカーの開発
論文 (41件):
  • Mizuho Yoshida, Toshihiro Hayashi, Kurumi Fujii, Hiroyuki Ishiura, Shoji Tsuji, Yasuhisa Sakurai. Selective impairment of On-reading (Chinese-style pronunciation) in alexia with agraphia for kanji due to subcortical hemorrhage in the left posterior middle temporal gyrus. Neurocase. 2020. 26. 4. 220-226
  • Takashi Matsukawa, Tomotaka Yamamoto, Akira Honda, Takashi Toya, Hiroyuki Ishiura, Jun Mitsui, Masaki Tanaka, Akihito Hao, Akihito Shinohara, Mizuki Ogura, et al. Clinical efficacy of haematopoietic stem cell transplantation for adult adrenoleukodystrophy. Brain Communications. 2020. 2. 1
  • Masanori Kurihara, Hiroyuki Ishiura, Taro Bannai, Jun Mitsui, Jun Yoshimura, Shinichi Morishita, Toshihiro Hayashi, Jun Shimizu, Tatsushi Toda, Shoji Tsuji. A Novel de novoKIF1A Mutation in a Patient with Autism, Hyperactivity, Epilepsy, Sensory Disturbance, And Spastic Paraplegia. Internal medicine (Tokyo, Japan). 2019
  • Kaoru Odagaki, Hiroshi Kameda, Toshihiro Hayashi, Masaki Sakurai. Mediolateral and dorsoventral projection patterns of cutaneous afferents within transverse planes of the mouse spinal dorsal horn. Journal of Comparative Neurology. 2019. 527. 5. 972-984
  • Watanabe, T, Anno, M, Matsubayashi, Y, Nagasako, Y, Sakuishi, K, Fujimoto, Y, Tachibana, N, Taniguchi, Y, Hayashi, T, Oshima, Y, et al. Hypoglossal Nerve Palsy as a Cause of Severe Dysphagia along with the Oropharyngeal Stenosis due to Occipitocervical Kyphosis. Case Reports in Orthopedics. 2019. 2019. 7982847
もっと見る
MISC (145件):
  • Isoo, N, Murabe, N, Kameda, H, Fukuda, S, Ikeda, M, Teramoto, S, Hayashi, T, Kwak, S, Sakurai, M. Isolation of spinal motoneurons of a defined pool: diversity in gene expressions of motoneurons. The 97th Annual Meeting of the Physiological Society of Japan, Oita, Japan. 2020
  • Ohno, T, Fukuda, S, Murabe, N, Mizukami, H, Ozawa, K, Hayashi, T, Sakurai, M. Temporal profile of transient corticomotoneuronal direct connection in the rodent. Society for Neuroscience. 2019
  • Fukuda, S, Ohno, T, Murabe, N, Niido, M, Mizukami, H, Ozawa, K, Hayashi, T, Sakurai, M. Transient synapse formation and regression of direct cortico-motoneuronal synapses during development in rodents. The 42nd Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society. 2019
  • Isoo, N, Murabe, N, Fukuda, S, Teramoto, S, Hayashi, T, Kwak, S, Sakurai, M. Isolation of defined spinal motoneuron for profiling gene expression. 60th Annual Meeting of the Japanese Society of Neurology. 2019
  • 勝瀬 一登, 佐藤 謙一郎, 林 俊宏, 戸田 達史. 急性椎骨動脈解離の診断におけるD-dimer値の検討. 臨床神経学. 2018. 58. Suppl. S335-S335
もっと見る
書籍 (6件):
  • コスタンゾ明解生理学 原著第6版
    エルゼビア・ジャパン 2019 ISBN:4860342364
  • コスタンゾ明解生理学
    エルゼビア・ジャパン 2019 ISBN:9784860342364
  • 脳神経外科診療プラクティス6脳神経外科医が知っておくべきニューロサイエンスの知識
    文光堂 2015
  • 神経心理学事典
    医学書院 2007
  • 臨床神経学辞典
    医学書院 1999
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 2002 東京大学大学院 脳神経医学専攻
  • - 1993 東京大学 医学科
経歴 (9件):
  • 2017/12 - 現在 帝京大学医学部 生理学講座 教授
  • 2016/04 - 2017/11 東京大学医学部附属病院 神経内科 講師・入院診療担当副科長
  • 2015/04 - 2016/07 東京大学医学部附属病院 神経内科 医局長
  • 2014/06 - 2016/03 東京大学医学部附属病院 神経内科 助教
  • 2010/04 - 2014/05 東京大学大学院医学系研究科 分子脳病態科学 特任助教
全件表示
所属学会 (8件):
日本神経心理学会 ,  American Academy of Neurology ,  Society for Neuroscience ,  日本生理学会 ,  日本認知症学会 ,  日本神経科学学会 ,  日本内科学会 ,  日本神経学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る