研究者
J-GLOBAL ID:201301027925549262   更新日: 2020年09月03日

安達 俊輔

アダチ シュンスケ | Shunsuke Adachi
所属機関・部署:
職名: 助教
ホームページURL (2件): http://cropscience.agr.ibaraki.ac.jp/wp/http://cropscience.agr.ibaraki.ac.jp/wp/
研究分野 (1件): 作物生産科学
競争的資金等の研究課題 (9件):
  • 2019 - 2023 葉のガス交換の直接計測によるイネ光合成QTLの同定手法の開発
  • 2018 - 2023 水稲の気孔伝導度を高める遺伝子の同定と機能解析
  • 2019 - 2022 スーパー台風に強いイネの多収・強稈遺伝子集積の発現機構と最適組合せの解明
  • 2017 - 2020 野外環境と超並列高度制御環境の統合モデリングによる頑健性限界の解明と応用
  • 2016 - 2019 イネ光合成改良に向けた光合成窒素利用効率のイネ科変異の解明
全件表示
論文 (40件):
  • Satoshi Ohkubo, Yu Tanaka, Wataru Yamori, Shunsuke Adachi. Rice Cultivar Takanari Has Higher Photosynthetic Performance Under Fluctuating Light Than Koshihikari, Especially Under Limited Nitrogen Supply and Elevated CO2. 2020. 11. 1308
  • Makoto Kashima, Ryota L. Sakamoto, Hiroki Saito, Satoshi Ohkubo, Ayumi Tezuka, Ayumi Deguchi, Yoichi Hashida, Yuko Kurita, Koji Iwayama, Shunsuke Adachi, et al. Genomic basis of transcriptome dynamics in rice under field conditions. 2020
  • San, N.S., Suzuki, K., Soda, K., Adachi, S., Kasahara, H., Yamamoto, T., Ikka, T., Kondo, K., Yamanouchi, U., Sugimoto, K., et al. Semi-dwarf 1 (sd1) gene enhances light penetration into the canopy through regulating leaf inclination angle in rice. Field Crops Research. 2020. 246
  • Adachi, S., Ohkubo, S., San, N.S., Yamamoto, T. Genetic determination for source capacity to support breeding of high-yielding rice (Oryza sativa). Molecular Breeding. 2020. 40. 2
  • Yonemura S, Kodama N, Taniguchi Y, Ikawa H, Adachi S, Hanba YT. A high-performance system of multiple gas-exchange chambers with a laser spectrometer to estimate leaf photosynthesis, stomatal conductance, and mesophyll conductance. Journal of plant research. 2019. 132. 5. 705-718
もっと見る
MISC (73件):
  • 宮城敦子, 安達俊輔, 大川泰一郎, 川合真紀. イネ品種間におけるシュウ酸蓄積の比較解析. 日本植物細胞分子生物学会大会・シンポジウム講演要旨集. 2019. 37th. 68
  • 川辺裕也, 山本敏央, 上田忠正, 松岡信, 阿部陽, 安達俊輔, 大川泰一郎. イネの強稈性に関与する皮層繊維組織の厚さに関わる量的形質遺伝子座の同定. 日本作物学会講演会要旨集. 2019. 247th. 93
  • 寺崎千鶴, 吉田ひろえ, 桂圭佑, 大川泰一郎, 安達俊輔. 個葉光合成速度に関わる4つのQTLを有するイネ系統の日射利用効率. 日本作物学会講演会要旨集. 2019. 247th. 61
  • 富澤和紀, 寺崎千鶴, 大久保智司, 大川泰一郎, 安達俊輔. イネ個葉光合成速度と地上部バイオマスとの関係-染色体断片置換系統の生育期間を通じたガス交換測定に基づく解析-. 日本作物学会講演会要旨集. 2019. 247th. 162
  • 大川泰一郎, 見野百萌, 遠藤覚, 安達俊輔, 桂圭佑, 本林隆, 和気仁志, 井上清. IoT点滴灌漑サトイモ多収栽培のための土壌水分制御の検討. 日本作物学会講演会要旨集. 2019. 247th. 49
もっと見る
書籍 (3件):
  • Improving photosynthesis in rice: from small steps to giant leaps.
    Burleigh Dodds Science Publishing 2017
  • Handbook of Photosynthesis, Third Edition
    2016
  • 光合成研究と産業応用最前線
    NTS 2014
講演・口頭発表等 (4件):
  • 将来の作物における光合成・エネルギー分配の最適化
    (科学技術振興機構/CRDS 植物-農業ワークショップ高温・高CO2でも環境負荷の少ない農業を実現する基盤研究 2018)
  • 自然変異を利用した光合成速度・窒素利用効率向上の展望と課題
    (第9回日本光合成学会シンポジウム 光合成と窒素と作物生産 2018)
  • Chinese Academy of Sciences, Shanghai
    (2016)
  • 瀋陽農業大学
    (2013)
学位 (1件):
  • 博士(農学) (東京農工大学)
経歴 (11件):
  • 2019/10 - 現在 茨城大学 農学部地域総合農学科 助教
  • 2016/04 - 2019/09 東京農工大学 グローバルイノベーション研究院 特任助教(次世代研究者)
  • 2014/04 - 2018/03 JSTさきがけ研究者(兼任)
  • 2016/01 - 2016/03 東京農工大学 グローバルイノベーション研究機構 特任助教(次世代研究者)
  • 2015/03 - 2016/01 東京農工大学 グローバルイノベーション研究機構 特任助教
全件表示
委員歴 (1件):
  • 2014/04 - 現在 日本作物学会 若手・男女共同参画WG
受賞 (7件):
  • 2019/03 - 日本作物学会 第247回講演会優秀発表賞
  • 2018/03 - 日本育種学会 2018年度日本育種学会論文賞
  • 2016/03 - 日本作物学会 第13回日本作物学会論文賞
  • 2015/03 - 日本作物学会 第19回研究奨励賞 水稲の個葉光合成速度の品種間差に関わる形質のゲノム解析
  • 2013/03 - 日本作物学会 第10回日本作物学会論文賞
全件表示
所属学会 (4件):
日本農作業学会 ,  日本光合成学会 ,  日本植物生理学会 ,  日本作物学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る