研究者
J-GLOBAL ID:201301028359592283   更新日: 2020年06月23日

田淵 大介

Tabuchi Daisuke
所属機関・部署:
職名: 助教
研究分野 (2件): 材料力学、機械材料 ,  加工学、生産工学
研究キーワード (4件): フィラメントワインディング ,  切削加工 ,  高圧容器 ,  CFRP
論文 (9件):
もっと見る
MISC (8件):
  • 徳田耕平, 近藤英二, 田淵大介, 熊澤典良. 主軸回転速度の適応制御によるエンドミル加工での再生びびり振動の抑制. 精密工学会九州支部地方講演会講演論文集. 2018. 2018. 79-80
  • 榊朋大, 近藤英二, 田淵大介. 微小径シース熱電対を用いた切削温度の測定. 精密工学会九州支部地方講演会講演論文集. 2018. 2018. 85-86
  • Eiji Kondo, Mitsunari Oda, Daisuke Tabuchi. Feasibility study of hybrid spindle system with ball and electromagnetic bearings for suppression of chatter vibrations during milling process with small end-mill. Proceedings of euspen’s 18th International Conference & Exhibition. 2018
  • 田淵 大介, 佐島 隆生, 貝沼 重信, 八木 伸曉, 内田 大介. 超硬バーを用いた傾斜面加工での切削条件が切削抵抗に及ぼす影響. 鹿児島大学工学部研究報告. 2017. 59. 5-11
  • Eiji KONDO, Taishi NISHIMURA, Daisuke TABUCHI. Damping of transient vibrations of head on top of flexible column using electromagnetic hybrid dynamic absorber. Proceedings of euspen’s 17th International Conference & Exhibition. 2017
もっと見る
講演・口頭発表等 (14件):
  • TPPを用いた多給糸FW法によるCFRP容器の開発
    (2015年度精密工学会春季学術講演会 講演番号N30 2015)
  • 繊維強化複合材料圧力容器の強度に及ぼす巻き角度の影響について
    (日本機械学会九州支部第68期総会・講演会 2015)
  • 繊維加熱 FW 法が CFRP 容器強度に及ぼす影響
    (日本機械学会九州支部第67期講演会 2014)
  • 多給糸FW法における層構成がCFRP容器強度に及ぼす影響
    (日本機械学会九州支部第67期講演会 2014)
  • CFRP 容器製造のための繊維加熱装置開発に関する研究
    (2013年度精密工学会九州支部宮崎地方講演会 2013)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 2004 - 2011 九州大学大学院 工学府知能機械システム専攻
  • 2000 - 2004 九州大学 工学部 機械航空工学科
学位 (1件):
  • 博士(工学) (九州大学)
経歴 (4件):
  • 2016/05 - 現在 鹿児島大学
  • 2015/04 - 2016/05 北九州工業高等専門学校
  • 2012/04 - 2015/03 北九州工業高等専門学校
  • 2011/04 - 2012/03 九州大学大学院
受賞 (2件):
  • 2017/03 - 精密工学会 精密工学会論文賞 TPPを用いた多給糸FW法によるCFRP容器の開発
  • 2016/11 - 日本鋼構造協会 鋼構造シンポジウム2016アカデミーセッション優秀講演賞
所属学会 (3件):
日本複合材料学会 ,  精密工学会 ,  日本機械学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る