研究者
J-GLOBAL ID:201301030046713351   更新日: 2020年09月28日

宮本 潤示

ミヤモト ジュンジ | MIYAMOTO Junji
所属機関・部署:
職名: 講師
ホームページURL (1件): http://www.daido-it.ac.jp/~j-miya/
研究分野 (3件): 機械要素、トライボロジー ,  設計工学 ,  加工学、生産工学
研究キーワード (5件): プラズマ工学 ,  窒化処理 ,  トライボロジー ,  薄膜成膜 ,  表面改質
競争的資金等の研究課題 (12件):
  • 2020 - 2023 表面塑性加工を利用した工具鋼の高速光輝プラズマ窒化法の開発
  • 2020 - 2023 鋼のプラズマ窒化による高機能窒化層の創出とトライボロジー特性の向上
  • 2019 - 2020 大気圧下におけるステンレス鋼のプラズマ窒化処理法の開発
  • 2019 - 2020 プラズマ処理を用いた潤滑油の長寿命化に関する研究
  • 2018 - 複雑形状を有する鋼に対する高プラズマ密度窒化法の開発
全件表示
論文 (10件):
  • Junji MIYAMOTO, Ryo TSUBOI, Masashi YOSHIDA, Koichiro NAMBU. Quality improvement of deteriorated cutting fluid treated by atmospheric-pressure plasma jet and in-liquid plasma. Mechanical Engineering Letters. 2020. 6. 0. 20-00100
  • K. Nambu, M. Nishio, M. Okumiya, J. Miyamoto. Influence of Nitriding and Multiple Peening on Surface Characteristic of Tool Steel AISI D2. HTM Journal of Heat Treatment and Materials. 2020. 75. 2. 97-104
  • Junji Miyamoto, Petros Abraha. The effect of plasma nitriding treatment time on the tribological properties of AISI H13 tool steel. Surface and Coatings Technology. 2019. 375. 15-21
  • Miyamoto, Junji, Kodama, Masayuki, Kawada, Shouhei, Tsuboi, Ryo. Tribological Properties of Cutting Fluid Sterilized by Atmospheric-Pressure Plasma Treatment. TRIBOLOGY ONLINE. 2018. 13. 5. 248-253
  • 蔦森 秀夫, 飯塚 栄治, 天石 敏郎, 佐藤 健太郎, 荻原 裕樹, 宮本 潤示. 3次スプライン降伏関数およびその異方硬化モデルの提案. 塑性と加工. 2016. 57. 662. 245-251
もっと見る
MISC (9件):
  • 宮本潤示. 大同大学宮本研究室の近年の取組み紹介. 熱処理. 2020. 60. 4. 135
  • Junji Miyamoto, Ryo Tsuboi, Shouhei Kawada, Masashi Yoshida. Treatment of Deteriorated Cutting Fluid by Atmospheric-Pressure Plasma and in-Liquid Plasma. Proceedings of The 15th International Symposium on Sputtering and Plasma Processes. 2019. 121-123
  • Kazuya Yamane, Junji Miyamoto, Koichiro Nambu, Masahiro Okumiya. Effect of Sample Bias Voltage on Nitriding of Tool Steels in High Electron Density Plasma. Proceedings of The 15th International Symposium on Sputtering and Plasma Processes. 2019. 127-129
  • 宮本潤示. アクティブスクリーン高周波プラズマを用いた窒化処理法の開発. 大同大学紀要. 2017. 53. 31-35
  • 宮本潤示. 大同大学宮本研究室の取組みについて. 熱処理. 2017. 57. 3. 138
もっと見る
講演・口頭発表等 (60件):
  • プラズマ窒化処理をベースとした複合処理の特性
    (省エネルギーに資する先進表面改質研究会 2020)
  • 鋼の高速光輝窒化処理に関する研究
    (日本機械学会東海学生会第51回学生員卒業研究発表講演会 2020)
  • プラズマ窒化されたFC250のポーラス層の形成条件と潤滑特性に関する研究
    (日本機械学会東海学生会第51回学生員卒業研究発表講演会 2020)
  • 高速光輝プラズマ窒化処理法の開発
    (令和元年度第1回JSME東海学生会研究発表会・交流会 2019)
  • Treatment of Deteriorated Cutting Fluid by Atmospheric-Pressure Plasma and in-Liquid Plasma (ISSP2019 Best Poster Award受賞記念講演)
    (日本表面真空学会スパッタリングおよびプラズマプロセス技術部会 2019)
もっと見る
学歴 (1件):
  • 2010 - 2013 名城大学大学院 機械工学専攻博士後期過程
学位 (1件):
  • 博士(工学)
経歴 (2件):
  • 2015/04 - 現在 大同大学 工学部機械工学科 講師
  • 2013/04 - 2015/03 鳥羽商船高等専門学校 電子機械工学科 助教
委員歴 (14件):
  • 2020 - 現在 日本熱処理技術協会広報委員
  • 2019 - 現在 東海トライボロジー研究会 幹事
  • 2019 - 現在 日本トライボロジー学会次世代教育WG
  • 2019 - 現在 日本熱処理技術協会中部支部庶務幹事
  • 2017/04 - 現在 日本トライボロジー学会教育講習委員
全件表示
受賞 (3件):
  • The 15th International Symposium on Sputtering & Plasma Processes ~ISSP2019~ Best Poster Award
  • 日本熱処理技術協会 第70回日本熱処理技術協会講演大会 研究発表奨励賞最優秀賞
  • 日本機械学会東海支部東海学生会 第39回学生員卒業研究発表会 Best Presentation Award
所属学会 (5件):
日本機械学会 ,  日本鉄鋼協会 ,  日本トライボロジー学会 ,  表面技術協会 ,  日本熱処理技術協会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る