研究者
J-GLOBAL ID:201301030196180521   更新日: 2019年02月18日

齊藤 宏明

サイトウ ヒロアキ | Saito Hiroaki
所属機関・部署:
職名: 教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (2件):
  • 東京大学大学院新領域創成科学研究科先端生命科学専攻  教授
  • 東京大学大学院農学生命科学研究科  教授
ホームページURL (2件): http://kaken.nii.ac.jp/d/r/30371793.ja.htmlhttp://www.ecosystem.aori.u-tokyo.ac.jp/plankton/saito_E.html
研究分野 (2件): 環境動態解析 ,  水圏生産科学
研究キーワード (20件): 炭素循環 ,  糞粒 ,  生物ポンプ ,  従属栄養性渦鞭毛虫 ,  プランクトン ,  亜寒帯 ,  珪藻 ,  複合養殖 ,  マボヤ ,  三陸地方 ,  窒素固定 ,  鉄 ,  ダスト ,  台風 ,  物理-生態系モデ ,  亜熱帯太平洋 ,  物理生態系モデル ,  生態系応答 ,  物質循環 ,  環境収容力
競争的資金等の研究課題 (5件):
  • 2017 - 2021 東部インド洋湧昇域における物理・化学・生物学的特性の統合的解明
  • 2012 - 2016 海洋生元素地理の高精度観測からの新海洋区系
  • 2006 - 2010 ダスト降下に伴う海洋表層生物群集の応答と気候へのフィードバック
  • 2006 - 2008 内湾環境比較にもとづく三陸沿岸域の複合養殖生産の最適化
  • 2005 - 2007 従属栄養性渦鞭毛虫による炭素輸送機構の解明
論文 (116件):
  • Isada T, Hattori-Saito A, Saito H, Kondo Y, Nishioka J, Kuma K, Hattori H, McKay R.M.L, Suzuki K. Responses of phytoplankton assemblages to iron availability and mixing water masses during the spring bloom in the Oyashio region, NW Pacific. Limnology and Oceanography. 2019. 64. 1. 197-216
  • Takuhei Shiozaki, Deniz Bombar, Lasse Riemann, Mitsuhide Sato, Fuminori Hashihama, Taketoshi Kodama, Iwao Tanita, Shigenobu Takeda, Hiroaki Saito, Koji Hamasaki, Ken Furuya. Linkage Between Dinitrogen Fixation and Primary Production in the Oligotrophic South Pacific Ocean. Global Biogeochemical Cycles. 2018. 32. 7. 1028-1044
  • Sogawa S, Hidaka K, Kamimura Y, Takahashi M, Saito H, Okazaki Y, Shimizu Y, Setou T. Environmental characteristics of spawning and nursery grounds of Japanese sardine and mackerels in the Kuroshio and Kuroshio Extension area. Fisheries Oceanography. 2019
  • Cheung S, Suzuki K, Saito H, Umezawa Y, Xia X, Liu H. Highly heterogeneous diazotroph communities in the Kuroshio Current and the Tokara Strait, Japan. PLoS ONE. 2017. 12. 10
  • Yamashita Y, Hashihama F, Saito H, Fukuda H, Ogawa H. Factors controlling the geographical distribution of fluorescent dissolved organic matter in the surface waters of the Pacific Ocean. Limnology and Oceanography. 2017. 62. 6. 2360-2374
もっと見る
MISC (75件):
書籍 (9件):
  • 海と環境
    講談社 2001
  • 水産大百科事典
    朝倉書店 2006
  • レジームシフト理論と生物資源管理
    成山堂書店 2007
  • 海洋プランクトン生態学
    2008
  • 海のトワイライトゾーン-知られざる中深層生態系 (ベルソーブックス 34)
    成山堂書店 2010 ISBN:4425853318
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(農学) (東北大学)
経歴 (5件):
  • 1998/09 - 1999/08 デンマーク水産研究所 客員研究員
  • 1987/04 - 2001/03 水産庁
  • 2001/04 - 2014/03 独立行政法人水産総合研究センター グループ長
  • 2014/04 - 2016/06 東京大学 准教授
  • 2016/06 - 現在 東京大学 教授
委員歴 (36件):
  • 2019 - 現在 日本海洋学会 論文賞受賞候補者選考委員会委員
  • 2017 - 現在 NPOCE (CLIVAR) Member, SSC
  • 2016 - 現在 PICES Chairman of Science Board
  • 2015 - 現在 水産海洋学会 評議員
  • 2014 - 現在 Frontiers in Chemistry, Earth Science and Marine Science Editorial Board
全件表示
受賞 (5件):
  • 2009/04 - 日本海洋学会 日高論文賞(共著者)
  • 2008/03 - 日本海洋学会 日高論文賞(共著者)
  • 2003/03 - 日本プランクトン学会 論文賞(共著者)
  • 1999/09 - 水産海洋学会 論文賞(共著者)
  • 1998/04 - 日本海洋学会 岡田賞
所属学会 (6件):
アメリカ地球物理学連合 ,  Association for the Sciences of Limnology and Oceanography ,  日本プランクトン学会 ,  水産海洋学会 ,  日本地球惑星科学連合 ,  日本海洋学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る