研究者
J-GLOBAL ID:201301030689607230   更新日: 2021年08月25日

西村 聡

ニシムラ サトシ | Nishimura Satoshi
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (1件): http://www.eng.hokudai.ac.jp/labo/soilmech/
研究分野 (1件): 地盤工学
研究キーワード (6件): 土質室内試験 ,  土構造物 ,  地盤凍結 ,  粘性土特性 ,  地盤改良 ,  地盤変形・破壊
競争的資金等の研究課題 (24件):
  • 2020 - 2023 間隙水圧の多地点観測による堤防決壊リスクの見える化技術の確立
  • 2019 - 2023 統合型プレロード技術で改良された泥炭地盤の沈下予測と設計最適化
  • 2020 - 2022 固化破砕土を用いた新世代堤防建設技術の確立に向けて:土質力学に基づく長期性能評価手法の検討と実証
  • 2019 - 2022 NINC型計測を導入した第4世代地盤材料変形試験システムの確立
  • 2018 - 2022 高速道路の融雪期のり面崩壊メカニズムに関する研究
全件表示
論文 (77件):
  • Satoshi Nishimura. A model for freeze-thaw-induced plastic volume changes in saturated clays. Soils and Foundations. 2021. 61. 4. 1054-1070
  • Lyu, C, Nishimura, S, Grimstad, G. Pore pressure coefficient in frozen soils. Géotechnique. 2021
  • Lyu, C, Nishimura, S, Ghoreishian Amiri, S. A, Zhu, F, Eiksund, G. R, Grimstad, G. Pore-water pressure development in a frozen saline clay under isotropic loading and undrained shearing. Acta Geotechnica. 2021
  • Kanako Toda, Ryosuke Kikuchi, Tsubasa Otake, Satoshi Nishimura, Yuzoh Akashi, Michihiro Aimoto, Takeshi Kokado, Tsutomu Sato. Effect of Soil Organic Matters in Dredged Soils to Utilization of their Mixtures Made with a Steel Slag. Materials. 2020. 13. 23. 5450-5450
  • Nobutaka Yamazoe, Hiroyuki Tanaka, Hirochika Hayashi, Satoshi Nishimura. A rational design approach to peat ground improvement by vertical drains. Soils and Foundations. 2020. , In Press
もっと見る
MISC (9件):
  • 西村 聡. 室内土質試験の新たなオプション. 地盤工学会誌. 2021. 69. 1. 8-12
  • 西村 聡, 林 宏親. 軟弱地盤上の河川堤防における土工事・地盤改良の計画上の留意点. 基礎工. 2019. 47. 10. 10-14
  • 林 宏親, 畠山 乃, 西村 聡, 三浦勝義. 河川堤防内に発生した間隙水圧が堤体の安定性に与える影響. 寒地土木技術研究. 2018. 785. 10-15
  • 林 宏親, 林 憲裕, 山木正彦, 西村 聡, 田村真次. 掘削発生土を盛土材料に用いた河川堤防の安定性に関する検討. 寒地土木研究所月報. 2017. 768. 25-31
  • Akihiro Takahashi, Satoshi Nishimura. History of “Soils and Foundations” Updated: Developments and Papers. Soils and Foundations. 2010. 50. 6. 767-775
もっと見る
書籍 (1件):
  • 図説 わかる土質力学
    学芸出版社 2015
講演・口頭発表等 (103件):
  • 道路盛土・切土への降雨・融雪の浸透の観測とその解析
    (第60回地盤工学会北海道支部技術報告会 2020)
  • 粘土の繰返し凍結・融解時体積挙動とその可視化による解釈
    (第60回地盤工学会北海道支部技術報告会 2020)
  • 粘土の繰返し凍結・融解時体積挙動の要素モデル
    (第60回地盤工学会北海道支部技術報告会 2020)
  • 三軸圧縮試験における凍結方法の違いによる凍結粘性土強度への影響
    (第60回地盤工学会北海道支部技術報告会 2020)
  • 斜面内浸透に対する飽和積雪浸透モデルの適用性評価
    (第60回地盤工学会北海道支部技術報告会 2020)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2002 - 2006 Imperial College London Department of Civil and Environmental Engineering, PhD
  • 2001 - 2002 東京大学 社会基盤学専攻, MEng
  • 1997 - 2001 東京大学 土木工学科 BEng
学位 (1件):
  • PhD (Imperial College London)
経歴 (4件):
  • 2010/10 - 現在 北海道大学 大学院工学研究院 准教授
  • 2007/09 - 2010/09 独立行政法人港湾空港技術研究所 地盤・構造部 研究官
  • 2006/01 - 2007/08 英国Imperial College London Department of Civil and Environmental Engineering Research Associate
  • 2002/09 - 2006/01 英国Imperial College London Department of Civil and Environmental Engineering Research Assistant
委員歴 (43件):
  • 2020 - 現在 Soils and Rocks Editorial Board Member
  • 2020 - 現在 地盤工学会関東支部 中空ねじりによる液状化強度試験の高精度化に関する研究委員会 委員
  • 2020 - 現在 ICECRETE協会 顧問
  • 2019 - 現在 土木学会北海道支部 気候変動脆弱地域における複合地盤災害のリスク評価に関する研究委員会 委員
  • 2019 - 現在 土木学会北海道支部 幹事
全件表示
受賞 (6件):
  • 2015 - 日本港湾協会 論文賞
  • 2015 - 地盤工学会北海道支部賞 北海道支部賞
  • 2014 - 地盤工学会 論文賞
  • 2013 - 地盤工学会 研究奨励賞
  • 2010 - 英国土木学会(ICE) Manby Prize
全件表示
所属学会 (2件):
土木学会 ,  地盤工学会(国際会員)
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る