研究者
J-GLOBAL ID:201301031005565492   更新日: 2020年10月22日

栗田 泰成

クリタ ヤスナリ | KURITA Yasunari
所属機関・部署:
職名: 講師
ホームページURL (1件): https://www.tokoha-u.ac.jp/teachers/health-science/shizuoka-physiotherapy/kurita/
研究分野 (2件): リハビリテーション科学 ,  スポーツ科学
研究キーワード (5件): バイオメカニクス ,  運動療法 ,  スポーツ医学 ,  理学療法学 ,  リハビリテーション医学
競争的資金等の研究課題 (12件):
  • 2019 - 2022 片脚立位時の中殿筋・腸腰筋の相補的支持機能の実証と立位能力評価法の開発
  • 2017 - 2019 成長期アスリートにおけるスポーツ障害に関する姿勢・動作特性に関する評価方法の開発ー女子サッカー選手ー
  • 2015 - 2018 乳幼児の把握力における成長曲線の検討-乳幼児握力計及び筋電図計を用いての検証-
  • 2016 - 2017 膝前面痛を有するスポーツ選手に対する機能検査および運動指導法開発のための基礎研究
  • 2015 - 2016 競技力向上および傷害予防・治療の観点によるバレーボール選手のスパイク動作分析
全件表示
論文 (32件):
  • Michitaka Kato, Fumi Nihei Green, Kazuki Hotta, Toshiya Tsukamoto, Yasunari Kurita, Akira Kubo, Hisato Takagi. The Efficacy of Stretching Exercises on Arterial Stiffness in Middle-Aged and Older Adults: A Meta-Analysis of Randomized and Non-Randomized Controlled Trials. Int J Environ Res Public Health. 2020. 17. 16. 5643
  • 金 承革, 柴田昌和, 土田将之, 栗田泰成, 塚本敏也. 中殿筋の肉眼解剖学的構造 と歩行における機能. バイオメカニズム. 2020. 25. 151-165
  • 瀧澤寛路;村本名史;笹川 慶;栗田泰成;森 友紀. アルティメット選手の心理的競技能力について(第六報)~男子 World All Stars と文化シヤッターバズバレッツの比較~. 常葉大学経営学部紀要. 2020. 7. 2. 27-33
  • 瀧澤寛路, 村本名史, 笹川 慶, 栗田泰成, 森 友紀. アルティメット選手の心理的競技能力について(第五報)~女子World All StarsとHUCKの比較~. 常葉大学経営学部紀要. 2019. 6. 2. 11-18
  • 栗田泰成, 金 承革. 徒手筋力計による筋力計測の有用性と臨床使用上の留意点. 義肢装具学会誌. 2019. 35. 1. 11-16
もっと見る
MISC (5件):
講演・口頭発表等 (26件):
  • 安静時脛骨前方移動量と片脚着地動作における下肢機能の関係
    (第6回日本スポーツ理学療法士学会学術大会 2019)
  • 静岡マラソン2019 におけるランナーのスポーツ傷害傾向と医療救護体制について
    (第30回日本臨床スポーツ医学会学術集会 2019)
  • Safety and efficacy of exercise training in patients treated with catheter ablation for persistent atrial fibrillation
    (Asia PRevent 2019 2019)
  • 中殿筋の肉眼解剖学的構造と片脚立位保持・歩行における機能
    (第26回バイオメカニズム・シンポジウム 2019)
  • 精油(エッセンシャルオイル)塗布における各種ホルモンへの影響について
    (第19回日本抗加齢医学会総会 2019)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 2020 - 現在 浜松医科大学 健康社会医学講座
  • 2009 - 2011 聖隷クリストファー大学大学院 リハビリテーション科学研究科 修士課程
学位 (1件):
  • リハビリテーション科学修士 (聖隷クリストファー大学大学院)
経歴 (4件):
  • 2017/04 - 現在 常葉大学 健康科学部 静岡理学療法学科 講師
  • 2013/04 - 2017/03 常葉大学 健康科学部 静岡理学療法学科 助教
  • 2009/04 - 2013/03 常葉リハビリテーション病院 リハビリテーション科 科長補佐
  • 2004/04 - 2009/03 沼津市立病院 リハビリテーション科 理学療法士
委員歴 (12件):
  • 2020/07 - 現在 バイオメカニズム学会 第 27 回バイオメカニズム・シンポジウム 事務局長
  • 2020/02 - 現在 静岡県運動器超音波解剖学研究会 世話人
  • 2019/06 - 現在 静岡県理学療法士会 運動器系理学療法専門部会 副部会長
  • 2018/12 - 現在 第24回静岡県理学療法士学会 公開講座局 局長
  • 2017/11 - 現在 静岡マラソン 医事委員会
全件表示
受賞 (6件):
  • 2019/07 - JACR Asia PRevent 2019 Award of Excellence Safety and efficacy of exercise training in patients treated with catheter ablation for persistent atrial fibrillation
  • 2018/09 - 第40回臨床歩行分析研究会定例会 優秀演題賞 大腿骨転子部骨折術後の退院時指導を検討した一症例 -外部膝関節内反モーメントに着目して-
  • 2017/10 - 第39回日本臨床栄養学会総会・第38回日本臨床栄養協会総会・第15回大連合大会 若手奨励賞優秀賞 プレフレイルと静的立位バランスとの関係
  • 2016/09 - 第59回東海学校保健学会 優秀演題賞 幼児の筋力発達と運動発達の様相-握力と“首のすわり”から“歩行”まで-
  • 2014/10 - 静岡県理学療法士学会 優秀賞 脳性麻痺者の運動発達段階を考慮し頚部・肩甲帯周囲に着目した一症例
全件表示
所属学会 (10件):
日本疫学学会 ,  日本障がい者スポーツ協会 ,  日本発育発達学会 ,  臨床歩行分析研究会 ,  バイオメカニズム学会 ,  日本臨床バイオメカニクス学会 ,  日本体力医学会 ,  日本臨床スポーツ医学会 ,  日本理学療法士協会 ,  日本バレーボール学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る