研究者
J-GLOBAL ID:201301031306541807   更新日: 2019年07月27日

加藤 久子

カトウ ヒサコ | KATO, Hisako
所属機関・部署:
職名: 研究員
競争的資金等の研究課題 (12件):
  • 2019 - 2022 もの、語り、アート、宗教にみるトラウマ体験の共有と継承:ホロコーストと原爆投下
  • 2018 - 2022 近代ヨーロッパにおけるカトリシズムの変容と持続をめぐる社会史的考察
  • 2017 - 2020 社会主義期ポーランドにおけるカトリック教育:政治・社会変動のダイナミクスとして
  • 2016 - 2020 近代ヨーロッパ社会の形成・変容過程における宗教の役割-カトリシズムの社会史的考察
  • 2017 - 2019 アジアの政教関係と新しい公共宗教論構築の地域比較研究
全件表示
論文 (11件):
  • 加藤 久子. 政治に分断されるカトリック教会-ポーランドにおけるポピュリスト政党と宗教保守層の動向. 上智大学ヨーロッパ研究所研究叢書(12)ヨーロッパの世俗と宗教. 2019. 113-127
  • 加藤 久子. 現代史における宗教研究の可能性と課題-ポーランド史の視点から. 東欧史研究会. 2018. 40. 165-170
  • 加藤 久子. 資料紹介/ポーランドのボードゲームに描かれるカトリック修道会の世界. 日本文化研究所年報. 2016. 9. 135-143
  • 加藤 久子. ポーランド人にとっての<アウシュヴィッツ>-アウシュヴィッツ=ビルケナウ ナチス・ドイツの強制絶滅収容所(1940-1945). 季刊民族学. 2015. 153. 18-29
  • 加藤 久子. 資料紹介/河合博之駐ポーランド特命全権公使の改宗と客死(1933年)-『無原罪の聖母の騎士』誌より. 日本文化研究所年報. 2014. 7. 58-66
もっと見る
MISC (7件):
  • 加藤 久子. 書評:高橋沙奈美著『ソヴィエト・ロシアの聖なる景観-社会主義体制下の宗教文化財、ツーリズム、ナショナリズム』. 宗教と社会. 2019. 25. 167-170
  • 齊偉先著、加藤久子訳. 翻訳:戦後台湾における宗教の「近代化」とその課題. 2016年度国際研究フォーラム「東アジアのグローバル化と宗教文化」報告書. 2018. 33-39
  • 加藤 久子. 負の記憶をめぐる旅<アウシュヴィッツ>:ポーランド. 山本敏夫記念文学部基金講座「現代社会と宗教」2014-2015年度 戦争と宗教/聖地とツーリズム. 2016. 38-40
  • 加藤 久子. 出張報告:ワルシャワ調査出張. 日本文化研究所年報. 2015. 8. 30-32
  • エリザベッタ・ポルク著、加藤久子訳. 翻訳:日本の都市社会における宗教性と世俗性のゆらぎに関する考察. 國學院大學デジタル・ミュージアム. 2012
もっと見る
書籍 (16件):
  • 島薗進他編『宗教学文献事典』
    弘文堂 2007
  • 渡辺克義編『ポーランド学を学ぶ人のために』
    世界思想社 2007
  • Krzysztof Gawlikowski & Małgorzata Ławacz (ed.)“Japonia na początku XXI wieku”
    Toruń: Wydawnictwo Adam Marszałek 2008
  • フォーラム・ポーランド監修『フォーラム・ポーランド2008年会議録』
    ふくろう出版 2009
  • 山中弘・星野英紀・岡本亮輔編『聖地巡礼ツーリズム』
    弘文堂 2012
もっと見る
講演・口頭発表等 (16件):
  • 権威主義体制下ポーランドにおけるカトリック教会~『三月事件』(1968年)後の教会内での見解の多様性に着目して~
    (「宗教と社会」学会 第11回学術大会 2003)
  • 社会主義ポーランドにおける新教会建設運動~ノヴァ・フタの十字架~
    (「宗教と社会」学会 第13回学術大会 2005)
  • 戦後ポーランドにおけるコンビナート建設と都市形成~カトリック教会と労働者~
    (ロシア・東欧学会 第34回学術大会 2005)
  • レーニン製鉄所と十字架~社会主義ポーランドにおける信仰とその政治化~
    (ロシア・東欧学会 第36回学術大会 2007)
  • 社会主義期ポーランドのカトリック教会:新興工業都市における教会をめぐる諸活動
    (フォーラム・ポーランド 第4回全国会議 2008)
もっと見る
学歴 (4件):
  • 1994 - 1998 慶応義塾大学 総合政策学部
  • 1999 - 2001 一橋大学大学院 社会学研究科 修士課程
  • 2002 - 2004 ヤギェウォ大学 政治学・国際関係研究所 (ポーランド政府給費留学)
  • 2001 - 2007 一橋大学大学院 社会学研究科 博士課程
経歴 (9件):
  • 2005/04 - 2007/03 (独)日本学術振興会 特別研究員 DC2
  • 2007/04 - 2010/01 (独)日本学術振興会 特別研究員 PD
  • 2010/02 - 2012/02 在ポーランド日本国大使館 専門調査員
  • 2015/12 - 2016/09 清泉女子大学・同大学院 非常勤講師
  • 2019/04 - 現在 津田塾大学 非常勤講師
全件表示
委員歴 (2件):
  • 2018/06 - 現在 「宗教と社会」学会 編集委員
  • 2012/04 - 現在 東欧史研究会 運営委員
所属学会 (9件):
日本社会学会 ,  日本宗教学会 ,  都市史学会 ,  日本西洋史学会 ,  ロシア・東欧学会 ,  日本比較政治学会 ,  「宗教と社会」学会 ,  東欧史研究会 ,  現代史研究会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る