研究者
J-GLOBAL ID:201301031374035260   更新日: 2021年01月04日

梶尾 悠史

カジオ ユウシ | Yushi Kajio
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (1件): 哲学、倫理学
研究キーワード (5件): フッサール ,  真理 ,  知覚 ,  志向性 ,  現象学
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 2017 - 2019 道徳教育における哲学的探究の可能性-本質主義と進歩主義の対立を超えて
  • 2011 - 2013 フッサールにおける知覚と真理--知覚経験を構造化する機能的な真理概念の研究
  • 2010 - 2011 フッサール現象学における「真理」と「明証」の研究
論文 (18件):
  • 梶尾悠史. フッサールとブレンターノ : 志向・明証・反省. アルケー : 関西哲学会年報. 2020. 28. 76-87
  • 梶尾 悠史, 板橋 孝幸, 橋崎 頼子, 後藤 篤, 鈴木 啓史, 今井 勇人. 新学習指導要領に対応した道徳教育の内容と指導法に関する研究. 次世代教員養成センター研究紀要. 2020. 6. 251-256
  • 梶尾悠史. 道徳の特別教科化の課題をふまえた実践開発と教師教育での活用-ケアと社会参加に注目した道徳教育を通して-. 奈良教育大学 次世代教員養成センター研究紀要. 2019. 5. 111-121
  • 梶尾悠史. 「価値明確化」の道徳教育に関する哲学的考察-ヒューム『人間本性論』 第三巻「道徳篇」をてがかりとして-. 奈良教育大学紀要. 2018. 67. 1. 105-115
  • 梶尾悠史. 真理の希求と異常の忌避 - フッサールにおける「正常性」概念をめぐって-. 奈良教育大学紀要. 2017. 66. 1. 63-70
もっと見る
書籍 (2件):
  • 『知っているってどんなこと?-高校倫理と現象学-』
    奈良教育大学出版会 2016
  • フッサールの志向性理論 : 認識論の新地平を拓く
    晃洋書房 2014 ISBN:9784771025219
講演・口頭発表等 (10件):
  • フッサールとブレンターノ-志向・明証・反省
    (関西哲学会第72回大会 2019)
  • 志向性と歴史性-志向的意識の歴史内在性
    (東北哲学会第64回大会 2014)
  • On the Intentionality in Artistic Activity
    (6th Symposia Phaenomenologica Asiatica: Master Class in Phenomenology for Asian Scholars 2012 2012)
  • 現象学的内在主義--意味志向と意識の現実
    (日本現象学会第33回大会 2011)
  • Truth and Evidence: A study of Husserl’s theory of Truth
    (The 3rd International GCOE symposium on “Weaving Science Web beyond Particle-Matter Hierarchy” 2011)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 2009 - 2012 東北大学大学院 博士課程
  • 2004 - 2006 東北大学大学院 修士課程
学位 (1件):
  • 博士(文学) (東北大学)
経歴 (5件):
  • 2013/04 - 現在 福島大学非常勤講師
  • 2013/04 - 現在 東北芸術工科大学非常勤講師
  • 2013/04 - 現在 東北大学大学院文学研究科専門研究員
  • 2012/10 - 2013/03 日本学術振興会特別研究員PD
  • 2011/04 - 2012/09 日本学術振興会特別研究員DC2
受賞 (1件):
  • 2009/11 - 石川県白山市 第二十五回暁烏敏賞(哲学・思想部門) 「苦悩の倫理学-死なないでいることの〈理由〉」
所属学会 (4件):
関西哲学会 ,  日本哲学会 ,  東北哲学会 ,  日本現象学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る