研究者
J-GLOBAL ID:201301033463398085   更新日: 2020年07月13日

竹田 浩之

タケダ ヒロユキ | Hiroyuki Takeda
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (2件): 有機機能材料 ,  無機・錯体化学
研究キーワード (5件): 人工光合成 ,  CO2還元 ,  メソポーラス有機シリカ ,  金属錯体 ,  光化学
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 2016 - 2018 可視光で駆動する安定な銅錯体レドックス光増感反応
  • 2016 - 2017 リン光性を有した自己修復型金属錯体ポリマーフィルムの創成
論文 (7件):
  • Hiroyuki Takeda, Yu Monma, Haruki Sugiyama, Hidehiro Uekusa, Osamu Ishitani. Development of Visible-Light Driven Cu(I) Complex Photosensitizers for Photocatalytic CO2 Reduction. Frontiers in Chemistry. 2019. 7. 418
  • Debashis Ghosh, Hiroyuki Takeda, David, C. Fabry, Yusuke Tamaki, Osamu Ishitani. A new supramolecular photocatalyst with a Rh(III)-complex catalyst unit for CO2 reduction. ACS Sustainable Chemistry & Engineering. 2019. 7. 2. 2648-2657
  • Hiroyuki Takeda, Hiroko Kamiyama, Kouhei Okamoto, Mina Irimajiri, Toshihide Mizutani, Kazuhide Koike, Akiko Sekine, Osamu Ishitani. Highly Efficient and Robust Photocatalytic Systems for CO2 Reduction Consisting of a Cu(I) Photosensitizer and Mn(I) Catalysts. Journal of the American Chemical Society. 2018. 140. 49. 17241-17254
  • Eishiro Kato, Hiroyuki Takeda, Kazuhide Koike, Kei Ohkubo, Osamu Ishitani. Ru(II)-Re(I) Binuclear Photocatalysts Connected by -CH2XCH2- (X = O, S, CH2) for CO2 Reduction. Chemicl Science. 2015. 6. 5. 3003-3012
  • 竹田 浩之. Development of Highly Efficient Photocatalytic Systems for CO2 Reduction Using Rhenium(I) Complexes on the Basis of Mechanistic Studies. 東京工業大学(博士(理学)). 2006
もっと見る
MISC (13件):
  • 竹田浩之. ピリジンを触媒とする電気化学的CO2還元反応. 触媒. 2019. 61. 1. 52-52
  • 竹田浩之, 入交美奈, 水谷年秀, 野澤俊介, 足立伸一, 小池和英, 石谷治. Feとフェナントロリン混合触媒によるCO2還元光触媒反応. 光化学討論会要旨集(CD-ROM). 2018. 2018. ROMBUNNO.1P039
  • 入交美奈, 竹田浩之, 小池和英, 野澤俊介, 足立伸一, 石谷治. Fe(II)イオン,芳香族ジイミン,Cu(I)錯体光増感剤を用いたCO2還元光触媒反応とその機構. 日本化学会春季年会講演予稿集(CD-ROM). 2018. 98th. ROMBUNNO.3A6-30
  • 入交美奈, 竹田浩之, 小池和英, 野澤俊介, 足立伸一, 石谷治. 芳香族ジイミンとFe(II)イオンを触媒,Cu(I)錯体を光増感剤としたCO2還元反応. 錯体化学会討論会講演要旨集. 2017. 67th. 73
  • 入交美奈, 竹田浩之, 小池和英, 野澤俊介, 足立伸一, 石谷治. 芳香族ジイミンとFe(II)イオンを触媒,Cu(I)錯体を光増感剤としたCO2還元反応. 配位化合物の光化学討論会講演要旨集. 2017. 29th. 84-85
もっと見る
特許 (1件):
書籍 (5件):
  • 錯体化合物事典
    朝倉書店 2019 ISBN:9784254141054
  • Molecular Technology: Energy Innovation
    Wiley 2018 ISBN:9783527802784
  • 人工光合成 光エネルギーによる物質変換の化学 複合系の光機能研究会選書2
    三共出版 2015
  • Advances in Inorganic Chemistry, Vol. 63 Inorganic Photochemisry
    Academic Press 2011
  • 二酸化炭素の有効利用技術
    サイエンス&テクノロジー 2010
講演・口頭発表等 (177件):
  • Photocatalytic CO2 Reduction Utilizing Abundant Metals as a Center of Metal Complexes
    (3rd International Solar Fuels Conference (ISF-3) / International Conference on Artificial Photosynthesis-2019 2019)
  • Photocatalytic CO2 Reduction Using Iron Complex Mixed with Bulky Phenanthroline Ligands
    (ISF-3 Young 2019)
  • ヘテロレプティックな二核Cu(I)錯体の時間分解EPRスペクトル
    (第58回電子スピンサイエンス学会年会 2019)
  • Assessment of Photocatalytic CO2 Reduction Using Metal Complexes
    (錯体化学会第69回討論会 2019)
  • Investigation of Structural Dynamics of Homoleptic and Heteroleptic Cu(I) Complex Using Time-Resolved Infrared Spectroscopy
    (23th International Symposium on the Photophysics and Photochemistry of Coordination Compounds (ISPPCC23) 2019)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2003 - 2006 東京工業大学 大学院理工学研究科 化学専攻
  • 2001 - 2003 埼玉大学 大学院理工学研究科 環境制御工学専攻
  • 1997 - 2001 埼玉大学 工学部 応用化学科
学位 (1件):
  • 博士(理学) (東京工業大学)
経歴 (8件):
  • 2020/05 - 現在 群馬大学 准教授
  • 2019/04 - 2020/04 大阪市立大学 特任准教授
  • 2016/04 - 2019/03 東京工業大学 特任助教
  • 2012/08 - 2016/03 東京工業大学 特任助教
  • 2012/04 - 2012/07 東京工業大学 産学官連携研究員
全件表示
委員歴 (3件):
  • 2020/04 - 現在 複合系の光機能研究会 将来計画委員会 委員
  • 2018/04 - 2020/03 複合系の光機能研究会 事務局
  • 2014/09 - 2020/03 複合系の光機能研究会 将来構想委員会 委員
受賞 (2件):
  • 2016/03 - JST/CREST「分子技術」 ライジング・スター賞 リン光性を有した自己修復型金属錯体ポリマーフィルムの創製
  • 2008/09 - 6th International Mesostructured Materials Symposium Best Poster Presentation Award Fixation of Metal Complex in Mesoporous Biphenylylene-Silica and its Optical Property
所属学会 (4件):
錯体化学会 ,  複合系の光機能研究会 ,  光化学協会 ,  日本化学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る