研究者
J-GLOBAL ID:201301034482543211   更新日: 2020年08月31日

大島 一真

オオシマ カズマサ | Oshima Kazumasa
所属機関・部署:
職名: 助教
研究分野 (2件): 環境材料、リサイクル技術 ,  触媒プロセス、資源化学プロセス
研究キーワード (5件): 材料化学 ,  電気化学 ,  反応工学 ,  化学工学 ,  触媒化学
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 2019 - 2022 CFRP熱分解ガス中の有害物除去を指向した含酸素芳香族の低温改質用触媒の開発
  • 2019 - 2021 メタンチオール経由でCO2をオレフィン化する革新的物質変換系の開拓
  • 2018 - 2019 炭素繊維強化プラスチックからの炭素繊維回収を指向したエポキシ樹脂の電気分解の研究
  • 2018 - 2019 電解酸化法による炭素繊維強化プラスチックのリサイクルプロセス評価
  • 2016 - 2017 自己組織化を利用して階層構造状に制御した銅ナノシート積層体電極の創製
全件表示
論文 (20件):
  • Kazumasa Oshima, Masaki Hosaka, Shinya Matsuda, Shigeo Satokawa. Removal mechanism of epoxy resin from CFRP composites triggered by water electrolysis gas generation. Separation and Purification Technology. 2020. 251. 117296-117296
  • Kazumasa Oshima, Rina Kadonaga, Munehiro Shiba, Minoru Sohmiya, Shigeo Satokawa. Adsorption and catalytic decomposition of dimethyl sulfide on H-BEA zeolite. International Journal of Hydrogen Energy. 2020
  • Kazumasa Oshima, Hiromasa Fujii, Kazumasa Morita, Masaki Hosaka, Takashiro Muroi, Shigeo Satokawa. Selective Phenol Recovery by Catalytic Cracking of Thermal Decomposition Gas from Epoxy-Based Carbon-Fiber-Reinforced Plastic. Industrial & Engineering Chemistry Research. 2020. 59. 30. 13460-13466
  • Fumihiro WATANABE, Ikuko KABURAKI, Kazumasa OSHIMA, Naohiro SHIMODA, Akira IGARASHI, Shigeo SATOKAWA. Carbon Formation and Active Site of Alumina Supported Platinum Catalyst in Steam Methane Reforming Containing Sulfur. Journal of the Japan Petroleum Institute. 2020. 63. 2. 89-95
  • Shinya Matsuda, Kazumasa Oshima, Masaki Hosaka, Shigeo Satokawa. Effect of annealing on the separation of resin from CFRP cross-ply laminate via electrical treatment. Composite Structures. 2020. 234. 15
もっと見る
MISC (10件):
もっと見る
書籍 (2件):
  • 触媒技術の動向と展望
    触媒学会 2014
  • シェールガスの開発と化学プロセス
    CMC出版 2013
講演・口頭発表等 (19件):
  • Influence of a little containing dimethylsulfide on methane steam reforming over Pt/a-Al2O3 catalyst
    (The 8th Tokyo Conference on Advanced Catalytic Science and Technology (TOCAT-8) 2018)
  • 触媒と電気を複合した物質変換システムの研究
    (JPIJS関西地区討論会 2017)
  • 担持金属上での水電解による高効率水素製造装置
    (第7回CSJ化学フェスタ 2017)
  • ナノ構造体電極によるギ酸製造のための選択的CO2転換システムの創生
    (ナノマイクロ横断型人材育成シンポジウム 2017)
  • 低温でのメタン水蒸気改質における電場印加効果
    (第116回触媒討論会 2016)
もっと見る
学歴 (1件):
  • - 2015 早稲田大学 応用化学科
学位 (1件):
  • 博士(工学) (早稲田大学)
経歴 (3件):
  • 2018/04 - 現在 成蹊大学 理工学部 助教
  • 2015/04 - 2018/03 沼津工業高等専門学校 物質工学科 助教
  • 2013/12 - 2015/03 早稲田大学 先進理工学部 助手
委員歴 (6件):
  • 2020/04 - 現在 炭素材料学会 次世代外の会 幹事
  • 2019/12 - 現在 触媒学会若手会 委員
  • 2019/05 - 現在 石油学会 ペトロテック編集委員
  • 2018/04 - 現在 水素エネルギー協会 編集委員
  • 2015/07 - 現在 次世代天然ガス利用を考える若手勉強会 幹事
全件表示
受賞 (2件):
  • 2019/12 - Global Research Efforts on Environmental and Nanomaterials 2019 Best poster award
  • 2013/07 - 創造性を拓く 第27回 先端技術大賞 特別賞
所属学会 (7件):
日本ゼオライト学会 ,  炭素材料学会 ,  水素エネルギー協会 ,  日本化学会 ,  石油学会 ,  化学工学会 ,  触媒学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る