研究者
J-GLOBAL ID:201301034802888522   更新日: 2021年03月28日

清田 佳美

セイダ ヨシミ | Seida Yoshimi
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): http://kaken.nii.ac.jp/d/r/60216504.ja.html
研究分野 (4件): 環境材料、リサイクル技術 ,  環境負荷低減技術、保全修復技術 ,  移動現象、単位操作 ,  環境材料、リサイクル技術
研究キーワード (9件): 水の自然誌 ,  環境影響評価 ,  吸着分離工学 ,  環境経済学 ,  環境学 ,  低温物性測定 ,  高分子ゲル ,  多孔質材料 ,  ハイドロゲル
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 2019 - 2021 ナノコロイドー高分子コンプレックスに基づく省エネ調湿用ナノ繊維開発
  • 2015 - 2017 ゲル化溶液を用いる極微量物質の吸着特性簡易評価手法の開発
  • 2011 - 2014 高分子ゲル複合QCMを用いた簡易砒素モニタリングシステムの開発
  • 2008 - 2009 溶融塩を用いた廃家電からのインジウム分離・精製一括処理
  • 2006 - 2008 高分子ゲル複合水晶振動子を用いた生体分子認識・情報化デバイスの開発
全件表示
論文 (71件):
もっと見る
MISC (64件):
特許 (1件):
  • 鉄系複水酸化物の製造方法及び該複水酸化物を用いた水処理材
書籍 (4件):
  • 水の科学(改訂版) : 水の自然誌と生命、環境、未来
    オーム社 2020 ISBN:9784274226144
  • 水の科学〜水の自然誌と生命、環境、未来
    オーム社 2015 ISBN:9784274217197
  • QCMを用いたハイドロゲルの局所粘弾性観察
    ゲルの安定化と機能性付与・次世代への応用開発、第3章、ゲルの測定・評価・解析、第3節、(株)技術情報協会、東京 2013
  • 超音波反応場における刺激応答型高分子ゲルの合成
    マイクロ・ナノバブルとソノプロセス, 第4章、第2節、株式会社TIC、東京 2010
講演・口頭発表等 (19件):
  • Effect of solution composition on the thermoresponsie CO2 adsorption/desorption properties of poly(N-isopropylacrylamide)-polyamine copolymer gel
    (Pacifichem 2015 2015)
  • 親水基を導入したアクリレートゲルの有機溶媒収着
    (日本吸着学会研究発表会 2015)
  • QCM Observation of Soft Material under Cryo-condition
    (第23回日本MRS年次大会、横浜市開港記念会館、横浜 2013)
  • クライオQCMによるゲル体の粘弾性測定
    (化学工学会第45回秋季大会 2013)
  • 不均質場の拡散試験に供する最少基本試料サイズに関するモデル検討
    (第26回日本吸着学会研究発表会、産業総合研究所(つくば) 2012)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 東京工業大学大学院・総合理工学研究科(中退)
  • 東北大学大学院・工学研究科
  • 東北大学工学部
学位 (1件):
  • 博士(工学) (東京工業大学)
経歴 (3件):
  • 2011 - 東洋大学 経済学部 教授
  • 東京工業大学大学院
  • (財)産業創造研究所
委員歴 (3件):
  • 分離技術会企画委員
  • 日本吸着学会評議員
  • 化学工学会 材料界面部会幹事、分科会代表
受賞 (1件):
  • 2001 - 日本吸着学会奨励賞
所属学会 (5件):
日本MRS ,  分離技術会 ,  日本吸着学会 ,  高分子学会 ,  化学工学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る