研究者
J-GLOBAL ID:201301036257445572   更新日: 2022年04月09日

山本 理奈

ヤマモト リナ | YAMAMOTO Rina
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (5件): 社会学 ,  社会福祉学 ,  家政学、生活科学 ,  家政学、生活科学 ,  ジェンダー
研究キーワード (8件): 文化・社会意識 ,  消費社会 ,  情報化社会 ,  都市 ,  居住福祉 ,  住宅政策 ,  高齢者住宅 ,  ライフスタイル
競争的資金等の研究課題 (8件):
  • 2020 - 2023 都市における高齢者住宅と生活支援をめぐる政策的課題に関する研究
  • 2019 - 2019 高齢社会における居住問題に関する日豪の比較社会学的研究
  • 2018 - Myth of Homeownership in Japan
  • 2015 - 2018 日米における都市住宅の動向と政策に関する比較社会学的研究
  • 2013 - 2015 現代社会における都市住宅の動向とその変化の方向性に関する研究
全件表示
論文 (13件):
もっと見る
MISC (6件):
  • 中西 正彦, 大谷 宗之, 済藤 哲仁, 温井 達也, 山本 理奈. 座談会 これからの住宅地の課題を探る (特集 人口減少時代に住宅地をどう備えるか). 家とまちなみ. 2020. 39. 1. 14-21
  • 山本 理奈. 三浦倫平著『「共生」の都市社会学--下北沢再開発問題のなかで考える』. 社会学評論. 2017. 68. 2. 315-316
  • 木下 勇, 宮前 眞理子, 山本 理奈. Discussion (平成26(2014)年度重点テーマ 「作られたものから作るものへ」主体形成としての住宅) -- (第40回住総研シンポジウム 家族は虚像? 新しい集住の行方 : 個と家族、主体と世帯、IとWeの揺らぎ). すまいろん : 住総研レポート. 2015. 5. 62-69
  • 山本 理奈. 講演 マイホーム神話の臨界 (平成26(2014)年度重点テーマ 「作られたものから作るものへ」主体形成としての住宅) -- (第40回住総研シンポジウム 家族は虚像? 新しい集住の行方 : 個と家族、主体と世帯、IとWeの揺らぎ). すまいろん : 住総研レポート. 2015. 5. 44-49
  • 山本 理奈. 高齢化する家族と空き家のゆくえ(第1部|空き家の実情分析,<特集>空き家考). 建築雑誌. 2015. 1672. 20-21
もっと見る
書籍 (13件):
  • 山の手「成城」の社会史 : 都市・ミドルクラス・文化
    青弓社 2020 ISBN:9784787234667
  • 変わる暮らしと住まいのかたち : これからの豊かさをどう創るか
    創樹社 2019 ISBN:9784883511204
  • 東京の若手建築家とつくる家2--安らぎをともにつくるパートナー選び
    建築ジャーナル 2019 ISBN:9784860351120
  • 窓学アーカイブ : 窓学 = Windowology archive v. 3 (2014-2016)
    YKK AP株式会社窓研究所 2018
  • 窓がつくる社会、社会がつくる窓
    「窓の社会学」プロジェクト研究会 2016
もっと見る
講演・口頭発表等 (15件):
  • Senior housing in Tokyo
    (UK-Japan Joint program: Ageing High-Rise Neighbourhoods, Workshop 1, Planning challenges to aging neighbourhoods, University of Tsukuba 2019)
  • The my home myth in Japan
    (Questioning the pursuit of successful careers and home ownership: A joint seminar featuring sociological perspectives from Finland and Japan, The University of South Australia 2019)
  • 住宅をめぐる社会的価値-学園都市「成城」を通 して考える
    (成城大学文芸学部公開シンポジウム(成城を住まう-- 都市、住宅、近代) 2018)
  • Myth of Homeownership in Japan
    (XIX ISA World Congress of Sociology 2018)
  • 都市空間の変容を考える-2000年代以降の東京を焦点として
    (第90回日本社会学会大会 2017)
もっと見る
学位 (2件):
  • 博士(学術) (東京大学)
  • 修士(学術) (東京大学)
経歴 (3件):
  • 2019/04 - 現在 成城大学社会イノベーション学部 准教授
  • 2016/04 - 2019/03 東京大学 大学院総合文化研究科国際社会科学専攻 助教
  • 2015/04 - 2016/03 日本学術振興会 特別研究員PD
委員歴 (8件):
  • 2020 - 現在 大田区 大田区住宅マスタープラン有識者検討委員会委員
  • 2019 - 現在 住宅生産振興財団 「家とまちなみ」編集委員会委員
  • 2018 - 現在 住総研 「あこがれの住まいと暮らし」調査研究委員会委員
  • 2016 - 現在 日本建築学会 情報事業部会委員
  • 2014 - 2020 都市住宅学会 編集委員
全件表示
受賞 (1件):
  • 2015 - 都市住宅学会 学会賞・著作賞
所属学会 (6件):
日本建築学会 ,  国際社会学会 ,  日本社会学会 ,  関東社会学会 ,  日本都市社会学会 ,  都市住宅学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る