研究者
J-GLOBAL ID:201301036735925879   更新日: 2020年11月09日

筒井 秀代

ツツイ ヒデヨ | TSUTSUI Hideyo
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (5件): 衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含まない ,  衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含む ,  衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含まない ,  衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含む ,  医療管理学、医療系社会学
研究キーワード (5件): 公衆衛生学 ,  難病 ,  チーム医療 ,  国際生活機能分類 ,  障害学
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 2016 - 2018 内部障害を有する難病患者の身体的・心理社会的問題抽出のアセスメント指標の開発
  • 2012 - 2015 高齢者の受診行動とヘルスリテラシーの現状と課題
  • 2011 - 2012 国際生活機能分類(ICF)を用いた血液透析患者に対するアセスメントツールの開発
  • 2010 - 2011 国際生活機能分類(ICF)を用いた血液透析患者に対するアセスメントツールの開発
  • 2010 - 2011 国際生活機能分類(ICF)を用いた血液透析患者に対するアセスメントツールの開発
全件表示
論文 (29件):
  • Hideyo Tsutsui, Hirotoshi Kikuchi, Hiroko Oguchi, Kyoko Nomura, Takayoshi Ohkubo. Identification of physical and psychosocial problems based on symptoms in patients with Behçet's disease. Rheumatology international. 2020. 40. 1. 81-89
  • 近藤慶子, 門田 文, 大久保孝義, 平田 匠, 筒井秀代, 高嶋直敬, 喜多義邦, 奥田奈賀子, 岡村智教, 清原 裕, et al. 国民代表集団における腎機能低下者のリスク因子および生活習慣の状況:NIPPON DATA2010. 日本腎臓学会誌. 2018. 60. 7. 1011-1022
  • 筒井 秀代. 「大学生活と学習に関する学生アンケート」および「教育・学生指導に関する教員アンケート」調査結果報告. Health Professional Education. 2018. 2/3. 5-19
  • H Tsutsui, K Nomura, A Ishiguro, Y Tsuruta, S Kato, Y Yasuda, S Uchida,Y Oshida. Factors associated with employment in patients undergoing hemodialysis: a mixed methods study. Renal Replacement Therapy. 2017. 3:23
  • M. Kusunoki, Y. Natsume, D. Sato, H. Tsutsui, T. Miyata, K. Tsutsumi, T. Suga, Y. Oshida. Luseogliflozin, A Sodium Glucose Co-transporter 2 Inhibitor, Alleviates Hepatic Impairment in Japanese Patients with Type 2 Diabetes. Drug Research. 2016. 66. 11. 603-606
もっと見る
MISC (15件):
  • 近藤慶子, 門田文, 平田匠, 筒井秀代, 高嶋直敬, 喜多義邦, 大久保孝義, 岡村智教, 清原裕, 上島弘嗣, et al. 社会的要因を含む生活習慣病リスク要因の解明を目指した国民代表集団の大規模コホート研究:NIPPON DATA80/90/2010 国民代表集団における腎機能低下者のリスク因子および生活習慣の状況:NIPPON DATA2010. 社会的要因を含む生活習慣病リスク要因の解明を目指した国民代表集団の大規模コホート研究:NIPPON DATA80/90/2010 平成28年度 総括・分担研究報告書(Web). 2017. 85-87 (WEB ONLY)
  • 近藤 慶子, 門田 文, 平田 匠, 筒井 秀代, 高嶋 直敬, 喜多 義邦, 大久保 孝義, 岡村 智教, 清原 裕, 上島 弘嗣, et al. 国民代表集団における腎機能低下者のリスク因子および生活習慣の状況 NIPPON DATA2010. 日本循環器病予防学会誌. 2016. 51. 2. 148-148
  • 平田匠, 門田文, 奥田奈賀子, 宮川尚子, 東山綾, 村上義孝, 高嶋直敬, 近藤慶子, 筒井秀代, 藤吉朗, et al. 日本人一般住民における蛋白質摂取と腎機能の関連:NIPPON DATA 2010. Journal of Epidemiology (Web). 2016. 26. Supplement 1. 114
  • M. Kusunoki, Y. Natsume, D. Sato, H. Tsutsui, H. Sasaki, T. Nakamura, T. Miyata, Y. Oshida. Efficacy of SGLT2 inhibitors on bone mineral density in Japanese patients with type 2 diabetes. DIABETOLOGIA. 2015. 58. S369-S369
  • 村田千代栄, 近藤克則, 筒井秀代, 原岡智子, 斎藤民, 相田潤. 地域在住高齢者の治療中断に至る要因-医師・患者コミュニケーションの観点から-. 老年社会科学. 2015. 37. 2. 220
もっと見る
書籍 (7件):
  • Social Determinants of Health in Non-communicable Diseases Case Studies from Japan
    Springer 2020
  • [改訂版] 医療系学部のための 「医療と社会」入門
    ムイスリ出版 2018
  • 医療コミュニケーション
    2018
  • 医療系学部のための「医療と社会」入門
    ムイスリ出版 2017
  • 健康の社会的決定要因 - 疾患・状態別「健康格差」レビュー
    日本厚生協会 2013
もっと見る
講演・口頭発表等 (65件):
  • 疲労感を有するベーチェット病患者の身体的・心理社会的問題点の特徴
    (第64回日本リウマチ学会総会・学術集会 2020)
  • IPE (Inter-Professional Education) 授業における救急シナリオの協同開発と学修成果
    (第50回日本医学教育学会大会 2018)
  • ベーチェット病患者の生活の質 (QOL) における性差の検討
    (第62回日本リウマチ学会総会・学術集会 2018)
  • ベーチェット病患者のQOLに影響を及ぼす症状の検討
    (第62回日本リウマチ学会総会・学術集会 2018)
  • 罹病期間がベーチェット病患者の生活の質(QOL)に与える影響
    (第62回日本リウマチ学会総会・学術集会 2018)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 2004 - 2008 名古屋大学大学院 健康増進医学講座健康スポーツ医学分野博士課程
  • 2001 - 2004 日本福祉大学大学院 福祉マネジメント専攻修士課程
学位 (2件):
  • 博士(医学) (名古屋大学)
  • 福祉マネジメント修士 (日本福祉大学)
経歴 (7件):
  • 2020/10 - 現在 星城大学 リハビリテーション学部リハビリテーション学科 教授
  • 2018/04 - 2020/09 帝京平成大学 現代ライフ学部人間文化学科 准教授
  • 2015/04 - 2018/03 帝京大学 医療共通教育研究センター 講師
  • 2013/02 - 2015/03 帝京大学 医学部衛生学公衆衛生学講座 助教
  • 2012/04 - 2013/01 浜松医科大学 医学部健康社会医学講座 特任助教
全件表示
委員歴 (5件):
  • 2019/05 - 現在 日本混合研究法学会 査読委員
  • 2017/12 - 現在 日本ベーチェット病学会 評議員
  • 2012/07 - 2013/03 一般社団法人日本家族計画協会公衆衛生委員会 編集委員
  • 1998/05 - 1999/03 多治見市在宅介護支援センター運営協議会 実務者チーム委員
  • 1998/05 - 1999/03 多治見市高齢者サービス調整チーム 実務者チーム委員
所属学会 (10件):
日本リハビリテーション医学会 ,  日本混合研究法学会 ,  日本リウマチ学会 ,  日本医学教育学会 ,  日本腎臓学会 ,  日本社会医学会 ,  日本透析医学会 ,  日本公衆衛生学会 ,  日本糖尿病学会 ,  日本社会福祉学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る