研究者
J-GLOBAL ID:201301037095203576   更新日: 2020年10月20日

大久保 元正

オオクボ モトマサ | Ohkubo Motomasa
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (1件): https://www.catherine.ac.jp/structure/teacher1744.html
研究分野 (1件): 社会学
研究キーワード (9件): 外国人 ,  地方 ,  労働 ,  排除 ,  アノミー ,  不安 ,  社会変動 ,  社会意識 ,  現代社会
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 2019 - 2022 日本の地方部における多文化化対応とローカルガバナンスに関する地域比較研究
  • 2009 - 2011 「21世紀型の社会統合の思想的グランドデザイン」の構想~古典と現代との媒介
論文 (11件):
  • 大久保 元正. 日系ブラジル人労働者の現状について-島根県出雲市の事例より. 聖カタリナ大学・聖カタリナ大学短期大学部研究紀要. 2019. 31. 86-101
  • 大久保 元正. 外国人技能実習制度の現状と研究の方向性について. 人間文化研究所紀要. 2018. 23. 55-67
  • 大久保 元正. 現代日本の労働における意識内排除のメカニズムとその社会的背景について. 神戸女学院大学論集. 2015. 62. 1. 85-96
  • 大久保 元正. 社会変動のメカニズムに関する一考察-社会意識の変わりにくさに着目して. 神戸女学院大学論集. 2014. 61. 2. 133-144
  • 大久保 元正. 現代の労働における排除機制に関する考察-ジョック・ヤング「他者化」論を中心に. 21世紀倫理創成研究. 2013. 6. 10-24
もっと見る
MISC (3件):
  • 大久保 元正. 愛媛県の外国人技能実習生に関する現状について. 聖カタリナ大学・聖カタリナ大学短期大学部研究紀要. 2020. 32. 155-168
  • 大久保 元正. 労働における排除に関する若干の覚え書き. 21世紀倫理創成研究. 2017. 10. 119-121
  • 大久保 元正. リスク社会と「個人化」の両義性. Advanced Social Research Online. 2007. 1-9
書籍 (1件):
  • 社会学
    昭和堂 2020 ISBN:4812219337
講演・口頭発表等 (13件):
  • 「特定技能」資格の内容と資格創設の経緯について
    (令和元年度第2回人間文化研究所フォーラム 2019)
  • 日系ブラジル人労働者の現状について-島根県出雲市の事例より
    (平成30年度第4回人間文化研究所フォーラム 2018)
  • 現代日本の労働市場における外国人労働者について-現状の問題点の整理
    (関西社会学会第69回大会 2018)
  • 外国人技能実習生・制度に関する研究について
    (平成29年度第3回人間文化研究所フォーラム 2017)
  • 産業-消費-リスク社会における意識的排除の捉え方について-現代日本の労働を素材として
    (日本社会学史学会2014年度関西研究例会 2014)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2005 - 2009 神戸大学 社会文化専攻博士課程 修了
  • 2003 - 2005 神戸大学 社会学専攻修士課程 修了
  • 1996 - 2001 京都大学 基礎現代文化学系二十世紀学専修 卒業
学位 (1件):
  • 博士(学術) (神戸大学)
経歴 (21件):
  • 2020/04 - 現在 聖カタリナ大学 人間健康福祉学部 准教授
  • 2018/04 - 現在 松山大学 人文学部 非常勤講師
  • 2017/04 - 2020/03 聖カタリナ大学 人間健康福祉学部 講師
  • 2016/04 - 2017/03 ECC国際外語専門学校 大学編入コース 非常勤講師
  • 2012/09 - 2017/03 京都女子大学 現代社会学部 非常勤講師
全件表示
委員歴 (1件):
  • 2012/12 - 2015/11 日本社会学会 学会賞委員会 幹事
所属学会 (3件):
日本労働社会学会 ,  日本社会学会 ,  関西社会学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る