研究者
J-GLOBAL ID:201301037323103560   更新日: 2020年08月31日

野口 俊助

ノグチ シュンスケ | Noguchi Shunsuke
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (3件): 獣医学 ,  獣医学 ,  獣医学
研究キーワード (7件): microRNA ,  分子生物学 ,  脳腫瘍 ,  悪性黒色腫 ,  扁平上皮癌 ,  腫瘍 ,  犬
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 2017 - 2019 イヌメラノーマに対するmicroRNAを用いた個別化医療の確立
  • 2014 - 2015 メラノーマはexosomeを介して腫瘍免疫に抵抗するか?
  • 2013 - 2014 メラノーマにおけるmicroRNA-203の比較腫瘍学的機能解析
論文 (23件):
  • Noguchi S, Ogusu R, Wada Y, Matsuyama S, Mori T. PTEN, a target of microRNA-374b, contributes to the radiosensitivity of canine melanoma cells. International Journal of Molecular Science. 2019. 20
  • Yoshikawa R, Mori T, Noguchi S, Akao Y, Maruo K, Kitade Y. Synthetic microRNA-205 exhibited tumour suppression in spontaneous canine malignant melanoma by intratumoral injection. Veterinary and Comparative Oncology. 2019. 17. 407-412
  • Hwang CC, Igase M, Okuda M, Coffey M, Noguchi S, Mizuno T. Reovirus changes the expression of anti-apoptotic and proapoptotic proteins with c-kit downregulation in canine mast cell tumor cell lines. Biochemical and Biophysical Research Communications. 2019. 517. 233-237
  • Wada Y, Noguchi S, Nishiyama Y, Matsuyama S, Mori T, Igase M, Mizuno T, Shimamura S, Shimada T. MicroRNA-205 enhances the radiosensitivity of canine oral melanoma cells by inhibiting E2F1. Japanese Journal of Veterinary Research. 2019. 67. 151-161
  • Igase Masaya, Noguchi Shunsuke, Nemoto Yuki, Mizuno Takuya. The ATM inhibitor enhances the replication of oncolytic reovirus in canine and human cancer cell lines. CANCER SCIENCE. 2018. 109. 808
もっと見る
MISC (23件):
  • 長谷川友紀, 井上公美, 櫻井優, 酒井洋樹, 藤原亜紀, 辻本元, 下川孝子, 馬場健司, 奥田優, 野口俊助, 水野拓也. イヌのリンパ腫に過剰発現する新規治療分子としてのCD70の解析. 第12回日本獣医内科学アカデミー. 2016
  • 木村綾菜, 小林宏祐, 板本和仁, 下川孝子, 野口俊助, 水野拓也, 奥田優, 馬場健司. 放射線療法で寛解した気管リンパ腫の猫の一例. 日本産業動物獣医学会(中国)・日本小動物獣医学会(中国)・日本獣医公衆衛生学会(中国). 2015. 2015. 75
  • 正司麗葉, 馬場健司, 伊賀瀬雅也, 浦田真帆, 清家文紗, 岡本圭介, 下山由美子, 下川孝子, 野口俊助, 水野拓也, 森本將弘, 奥田優. 免疫表現型検査と電子顕微鏡検査により急性巨核芽球性白血病と診断した犬の一例. 日本獣医内科学アカデミー学術大会抄録集. 2015. 第11回. 255
  • 小林宏祐, 馬場健司, 下川孝子, 野口俊助, 水野拓也, 奥田優. 犬の腫瘍細胞株における組織因子の発現と血液凝固促進性マイクロパーティクルの産生. 日本獣医内科学アカデミー学術大会抄録集. 2015. 第11回. 257
  • 及川久美子, 野口俊助, 木村綾菜, 板本和仁, 馬場健司, 下川孝子, 水野拓也, 奥田優. 低Ca血症の原因として甲状腺傍濾胞細胞(C細胞)機能亢進症を疑った犬の一例. 山口県獣医学会講演抄録. 2015. 53rd. 19
もっと見る
学歴 (2件):
  • 2009 - 2012 岐阜大学 連合獣医学研究科
  • 1997 - 2003 岐阜大学 農学部 獣医学科
学位 (1件):
  • 博士(獣医学) (岐阜大学)
経歴 (4件):
  • 2016/04 - 現在 大阪府立大学 准教授
  • 2013/10 - 2016/03 山口大学 准教授
  • 2013/02 - 2013/09 名古屋大学 博士研究員
  • 2012/04 - 2013/01 岐阜大学 学術研究補佐員
委員歴 (1件):
  • 2017/04 - 現在 獣医学術近畿地区学会 運営委員
受賞 (1件):
  • 2014/06 - 日本がん分子標的治療学会 研究奨励賞
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る