研究者
J-GLOBAL ID:201301037923124529   更新日: 2016年09月11日

塩津 英樹

シオヅ ヒデキ | Shiozu Hideki
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (1件): 教育学
論文 (7件):
  • 共著)山根伸子, 三島修治, 粟野道夫, 塩津英樹. 「開放制」教員養成における学生支援のあり方に関する一考察ー平成26・27年度における「水曜倶楽部」の取組みを中心にー. 島根大学教育臨床総合研究. 2016. 15. 77-90
  • 単著, 塩津英樹. J.H.カンペによる「実践的教育者の会」設立過程に関する考察. 島根大学教育学部紀要. 2015. 49. 1-7
  • 単著, 塩津英樹. これからの大学教員に求められる力とは何か. 教育学研究紀要. 2011. 第57巻(2). 676-681
  • 単著, 塩津英樹. カンペ編『点検書』の成立過程に関する考察. 広島大学大学院教育学研究科紀要 第三部(教育人間科学関連領域). 2010. 第59号. 39-46
  • 単著, 塩津英樹. 汎愛派の「人間」と「市民」に関する一考察 -『エミール』注釈を手がかりに-. 人間教育の探究. 2009. 第21号. 83-101
もっと見る
MISC (2件):
  • 共著)塩津英樹, 田中賢一, 権藤誠剛. 島根大学と教育委員会との連携について. 島根大学教育臨床総合研究(特別号) 1000時間体験学修10周年記念号. 2014. 153-163
  • 共著, 塩津英樹, 牧貴. 巻頭言(平成23年度「教職課程担当教員養成プログラム」教育・研究活動報告). 『これからの大学教員養成の話をしよう』(平成23年度採択 広島大学特別事業経費(全学裁量経費)Ed.D型大学院プログラム支援 教育・研究活動報告書). 2012
書籍 (1件):
  • 教師教育講座 第7巻 道徳教育指導論
    協同出版 2014
講演・口頭発表等 (9件):
  • 学び続ける教員をどう育てるか
    (「教員養成改革に対応する教職科目担当授業への取り組みー若い教育研究者の挑戦と交流ー」日本教育学会中国地区研究活動(於:広島大学) 2014)
  • 大学と教育委員会の新しい連携・協働の在り方について
    (日本教育大学協会研究集会(於:かごしま県民交流センター) 2012)
  • 教職課程担当教員養成プログラムの成果と課題
    (「これからの大学教員養成の話をしよう」(ラウンドテーブル企画)中国四国教育学会 第63回大会(於:広島大学) 2011)
  • Establishing a New System of Training Teaching Assistants in Japan: An Attempt in Hiroshima University
    (International Society for The Scholarship of Teaching & Learning(於:インディアナ大学 アメリカ合衆国) 2009)
  • 汎愛派『点検書』におけるロック教育論の受容に関する一考察
    (教育哲学会 第52回大会(於:名古屋大学) 2009)
もっと見る
所属学会 (5件):
中国四国教育学会 ,  日本ペスタロッチー・フレーベル学会 ,  教育思想史学会 ,  教育哲学会 ,  日本教育学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る