研究者
J-GLOBAL ID:201301038410653450   更新日: 2020年09月01日

上原 拓郎

ウエハラ タクロウ | Uehara Takuro
所属機関・部署:
職名: 教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
研究分野 (2件): 環境動態解析 ,  生態学、環境学
研究キーワード (1件): 社会生態系、生態経済学、資源・環境経済学、システム・ダイナミクス、ミクロ経済学、計量経済学
競争的資金等の研究課題 (8件):
  • 2018 - 2019 平成30年度環境経済の政策研究委託業務(遺伝資源の取得の機会及びその利用から生ずる利益の公正かつ衡平な配分に関する指針」(ABS指針)の見直しに向けた、提供国処置の便益・コスト等の評価に関する研究)
  • 2015 - 2018 「平成27年度環境経済の政策研究委託業務(遺伝資源の利用により生ずる 経済的利益、及びその生物多様性保全等促進への貢献に関する評価手法の研究)」
  • 2016 - 2017 里海の実現に向けた実用的なサステイナビリティ評価手法の構築とその検証:岡山県日生町を事例として
  • 2015 - 2016 産業連関表とシステム・ダイナミクスを同期させた生態経済モデリング手法の確立
  • 2015 - 2015 豊田市の森林生態系サービスの評価・分析を事例としたARIESの開発
全件表示
論文 (31件):
  • Cordier, M, Uehara, T. How much innovation is needed to protect the ocean from plastic contamination?. Science of the Total Environment. 2019. 670. 789-799
  • 上原拓郎. 社会生態システムの視点から考える海洋プラスチックごみ問題. 環境経済・政策研究. 2019. 12. 2. 31-35
  • Uehara, T, Hidaka, T, Matsuda, O, Sakurai, R, Yanagi, T, Yoshioka, T. Satoumi: Re-connecting people to nature for sustainable use and conservation of coastal zones. People and Nature. 2019. in press
  • Uehara, T, Cordier, M. Is there an empirical environmental Kuznets curve relationship between mismanaged plastic waste per capita and income per capita? A caveat. PeerJPreprints. 2019. 7:e27883v1
  • Nugroho, S, Uehara, T, Herwangi, Y. Interpreting Daly’s sustainability criteria for assessing the sustainability of marine protected areas: A system dynamics approach. Sustainability. 2019. 11. 17. 4609
もっと見る
MISC (2件):
  • Uehara, T, Tsuge, T, Onuma, A. Applying three distinct metrics to measure people’s perceptions of resilience. Ecology and Society. 2019. 24. 2. 22
  • 上原拓郎, 桜井良, 日高健, 松田治, 柳哲雄, 吉岡泰亮. 里海とは何か?. 政策科学. 2019. 27. 1. 印刷中
書籍 (1件):
  • 環境経済・政策学事典
    丸善出版株式会社 2018 ISBN:9784621302927
講演・口頭発表等 (27件):
  • 里海の政策志向研究
    (関西公共政策研究会 2019)
  • Regional and sectoral impacts of cost allocation rules & impacts of ecological restoration schedule: input-output/system dynamics modeling
    (15th Congress of the International Society for Ecological Economics 2018)
  • Do sustainability indicators contribute to sustainability as intended?: A causal loop diagram assessment
    (15th Congress of the International Society for Ecological Economics 2018)
  • Input-output/System dynamics approach to ecological-economic modeling and analysis: A case of the Seine Estuary, France
    (Lecture in European Master in System Dynamics 2018)
  • An Input-Output Economic Model integrated within a System Dynamics Ecological Model: a methodology for feedback loop applied to fish nursery restoration
    (The International Society for Ecological Economics 2016 Conference 2016)
もっと見る
Works (2件):
  • 里海と関係人口
    2019 - 2019
  • 海洋学習がつなぐ生徒と海と地域社会
    2019 - 2019
学歴 (3件):
  • - 2012 Portland State University
  • - 2011 Portland State University
  • - 2000 中央大学大学院
学位 (4件):
  • 総合政策修士 (中央大学)
  • M.S. in Economics (Portland State University)
  • Graduate Certificate in Resource and Environmental Economics (Portland State University)
  • M.A. in Policy Studies (Chuo University)
経歴 (5件):
  • 2017/04 - 2018/03 仏国ヴェルサイユ・サン・カンタン・アン・イヴリーヌ大学客員教授
  • 2012/09 - 2013/03 米国ポートランド州立大学経済学部・非常勤助教授
  • 2009/09 - 2012/08 米国ポートランド州立大学グラデュエイト・ティーチング・フェロー
  • 2004/04 - 2007/03 中央大学研究開発機構 専任研究員
  • 2000/04 - 2004/03 中央大学研究開発機構 準研究員
所属学会 (10件):
Environmental Education Research (Referee) ,  Sustainability (Referee) ,  Frontiers in Marine Science (Referee) ,  Systems (Referee) ,  Society and Natural Resources (Referee) ,  Environmental Modelling & Software (Referee) ,  Ecological Economics (Referee) ,  盛和スカラーズソサエティ ,  International Society for System Dynamics ,  International Society for Ecological Economics
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る