研究者
J-GLOBAL ID:201301040273023391   更新日: 2021年06月03日

大嶋 里美

オオシマ サトミ | Oshima Satomi
所属機関・部署:
職名: 講師
研究分野 (1件): スポーツ科学
研究キーワード (1件): 大型選手、栄養、基礎代謝量、代謝疾患、メタボリックシンドローム、臓器量、身体組成
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • -
論文 (16件):
  • Xiaomin Sun, Kumpei Tanisawa, Yuping Zhang, Tomoko Ito, Satomi Oshima, Mitsuru Higuchi, Zhen-Bo Cao. Response to the Letter to the Editor Regarding "Effect of Vitamin D Supplementation on Body Composition and Physical Fitness in Healthy Adults: A Double-Blind, Randomized Controlled Trial". Annals of nutrition & metabolism. 2020. 1-1
  • Xiaomin Sun, Zhen-Bo Cao, Kumpei Tanisawa, Satomi Oshima, Mitsuru Higuchi. Association of Serum 25-Hydroxyvitamin D Concentrations With Glucose Profiles in Male Collegiate Football Athletes. International journal of sport nutrition and exercise metabolism. 2019. 29. 4. 420-425-23
  • Xiaomin Sun, Kumpei Tanisawa, Yuping Zhang, Tomoko Ito, Satomi Oshima, Mitsuru Higuchi, Zhen-Bo Cao. Effect of Vitamin D Supplementation on Body Composition and Physical Fitness in Healthy Adults: A Double-Blind, Randomized Controlled Trial. Annals of nutrition & metabolism. 2019. 75. 4. 231-237
  • Xiaomin Sun, Kumpei Tanisawa, Tomoko Ito, Satomi Oshima, Mitsuru Higuchi, Zhen-Bo Cao. Ageing affects the association between serum 25- hydroxyvitamin D concentrations and cardiorespiratory fitness in middle-aged and elderly men. Asia Pacific journal of clinical nutrition. 2019. 28. 3. 614-620
  • Xiaomin Sun, Zhen-Bo Cao, Kumpei Tanisawa, Satomi Oshima, Mitsuru Higuchi. Serum 25-Hydroxyvitamin D Concentrations Are Inversely Correlated with Hepatic Lipid Content in Male Collegiate Football Athletes. Nutrients. 2018. 10. 7
もっと見る
書籍 (5件):
  • イラストスポーツ栄養学
    東京教学社 2019 ISBN:9784808260545
  • アスリートの栄養アセスメント
    第一出版 2017 ISBN:9784804113746
  • Sports Performance
    2015
  • Physical activity, exercise, sedentary behavior and health
    2015
  • 進化する運動科学の研究最前線
    エヌ・ティー・エス 2014 ISBN:9784860434144
講演・口頭発表等 (7件):
  • アスリートの増量や減量が引き起こす健康問題
    (第26回日本未病システム学会 2019)
  • スポーツ選手の食事に学ぶ元気の秘密
    (岡崎市立愛宕小学校学校保健委員会 2019)
  • 今スポーツ栄養サポートに求められていること
    (瀬戸保険所管内栄養士会研修会 2017)
  • 大型スポーツ選手の栄養摂取量と内臓脂肪量の関係
    (日本スポーツ栄養学会第1回大会 2014)
  • Fat-free mass gain by physical training and overfeeding increases resting energy expenditure in male athletes
    (American College of Sports Medicine 61st Annual Meeting 2014)
もっと見る
学歴 (4件):
  • 2010 - 2013 早稲田大学 スポーツ科学
  • 2008 - 2009 Florida State University Tallahassee Exercise Physiology
  • 2004 - 2006 University of California Davis Clinical Nutrition
  • 2002 - 2004 Monterey Peninsula College
経歴 (5件):
  • 2021/04 - 現在 名古屋学芸大学 健康・栄養研究所 研究員
  • 2021/04 - 現在 名古屋学芸大学 管理栄養学部 管理栄養学科 講師
  • 2016/04 - 2017/03 名古屋学芸大学 健康・栄養研究所 客員研究員
  • 2014/04 - 2014/12 早稲田大学 スポーツ栄養研究所 研究助手
  • 2013/04 - 2014/03 早稲田大学 スポーツ科学学術院 研究助手
委員歴 (2件):
  • 2018/09 - 現在 日本スポーツ栄養学会 評議員
  • 2017/09 - 現在 日本スポーツ栄養学会 国際交流委員会
受賞 (1件):
  • 2014/07 - 日本スポーツ栄養学会 最優秀演題賞 大型スポーツ選手の栄養摂取量と内臓脂肪量の関係
所属学会 (4件):
日本中医食養学会 ,  日本臨床スポーツ医学会 ,  日本スポーツ栄養学会 ,  アメリカスポーツ医学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る