研究者
J-GLOBAL ID:201301041126019784   更新日: 2020年06月19日

長岡 篤

ナガオカ アツシ | Nagaoka Atsushi
所属機関・部署:
職名: 特別研究員
研究分野 (1件): 建築計画、都市計画
論文 (16件):
  • 梶谷 修, 長岡 篤. 再生可能エネルギー1. 環境アセスメント学会誌. 2020. 18. 1. 14-15
  • 飯田裕貴子, 村山武彦, 錦澤滋雄, 長岡篤. アスベスト含有建築物の解体改修時における自治体立入検査の現状分析-大気中アスベスト濃度測定に着目して-. 環境と公害. 2019. 49. 1. 60-67
  • 三原 巧, 長岡 篤, 錦澤 滋雄, 村山 武彦. 水素ステーションに対する地域住民の態度形成要因. 環境情報科学論文集. 2019. 33. 0. 85-90
  • 梅澤 俊介, 錦澤 滋雄, 村山 武彦, 長岡 篤. 小型風力発電事業の地域的受容性に関する研究. 環境情報科学論文集. 2019. 33. 0. 67-72
  • 長岡 篤, 持木 克之, 籠 義樹. 転入前後の比較による人口減少自治体の評価に関する研究:千葉県南房総市への転入者を対象としたアンケート調査より. 都市計画論文集. 2019. 54. 3. 435-440
もっと見る
講演・口頭発表等 (42件):
  • 東京23区の大学キャンパスにおける震災対策に関する研究 帰宅困難者の受け入れに着目して
    (都市計画 2016)
  • 千代田区における街並み誘導型地区計画の運用実態に関する研究-神田和泉町地区を対象として-
    (都市計画 2016)
  • 中心市街地における回遊性向上に関する研究-埼玉県越谷市中心市街地を対象として- その2 来街者意向の把握と回遊性向上を促す施設配置の検討
    (都市計画 2016)
  • 中心市街地における回遊性向上に関する研究 -埼玉県越谷市中心街地を対象として- その1 歩行者追跡調査による回遊行動の分析
    (都市計画 2016)
  • 関東地方の住宅への分散型電源の導入に関する研究 第1報 将来的な分散型電源導入に対する住民の意向
    (環境工学I 2016)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2004 - 2008 東京工業大学 環境理工学創造専攻
  • 2001 - 2003 日本大学 不動産科学専攻
  • 1997 - 2001 日本大学 建築学科
学位 (1件):
  • 博士(工学) (東京工業大学)
経歴 (5件):
  • - 2017/12/31 東京工業大学 環境・社会理工学院 研究員
  • 2013/04/01 - 日本大学 理工学部建築学科
  • 2009/04/01 - 2013/03/31 (株)市浦ハウジング&プランニング
  • 2008/04/01 - 2009/03/31 東京工業大学 特別研究員
  • 日本大学 理工学部建築学科 助教
受賞 (1件):
  • 2001 - 日本建築学会 日本建築学会優秀卒業論文賞 都心における集合住宅の利用実態に関する研究 -東京都千代田区を対象として
所属学会 (5件):
環境アセスメント学会 ,  日本計画行政学会 ,  日本不動産学会 ,  日本都市計画学会 ,  日本建築学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る