研究者
J-GLOBAL ID:201301042345121590   更新日: 2020年08月29日

蔭山 豪一

カゲヤマ ゴウイチ | Kageyama Goichi
所属機関・部署:
職名: 部長
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
研究分野 (1件): 膠原病、アレルギー内科学
研究キーワード (3件): 膠原病 ,  関節リウマチ ,  骨粗鬆症
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • 2020 - 2024 早期関節リウマチ患者の主観的幸福度の推移 -幸福度を臨床で活用する-
  • 2016 - 2017 脆弱性骨折が主観的幸福度に及ぼす影響 -関節リウマチ患者での検討-
  • 2013 - 2016 ステロイド性骨粗鬆症の克服のための臨床的、基礎的研究
  • 2013 - 2014 ステロイド大量療法下における骨折リスクの評価と予防戦略の確立
論文 (38件):
もっと見る
MISC (11件):
  • Akira Onishi, Goichi Kageyama, Yo Ueda, Ikuko Naka, Kosaku Tsuda, Takaichi Okano, Soshi Takahashi, Kengo Akashi, Sho Sendo, Yoshinori Kogata, et al. Impact of Socioeconomic Status on Disease Outcomes in Japanese Patients with Rheumatoid Arthritis Under the Japanese National Insurance System. ARTHRITIS & RHEUMATOLOGY. 2016. 68
  • G. Kageyama, A. Onishi, Y. Ueda, Y. Kamei, H. Yamada, Y. Ichise, D. Waki, I. Naka, K. Tsuda, T. Okano, et al. SOME OF THE PAINFUL RA PATIENTS UNDERRATE GLOBAL HEALTH VAS AT HOSPITALS. ANNALS OF THE RHEUMATIC DISEASES. 2016. 75. 963-963
  • G. Kageyama, A. Onishi, Y. Ueda, Y. Kamei, H. Yamada, Y. Ichise, D. Waki, I. Naka, K. Tsuda, T. Okano, et al. SUBJECTIVE WELL-BEING OF JAPANESE RA PATIENTS WHO REACH TREATMENT TARGET IS HIGHER THAN THE JAPANESE AVERAGE. ANNALS OF THE RHEUMATIC DISEASES. 2016. 75. 413-414
  • Soshi Takahashi, Jun Saegusa, Ikuko Naka, Kosaku Tsuda, Takaichi Okano, Kengo Akashi, Miwa Nishida, Keisuke Nishimura, Sho Sendo, Yo Ueda, et al. Taurine As a Biomarker for Prediction of Response to Biologic Therapy in Rheumatoid Arthritis. ARTHRITIS & RHEUMATOLOGY. 2015. 67
  • Sho Sendo, Jun Saegusa, Akira Onishi, Ikuko Naka, Kosaku Tsuda, Takaichi Okano, Kengo Akashi, Soshi Takahashi, Miwa Nishida, Keisuke Nishimura, et al. High Serum IgG4 Concentration Is a Risk Factor for Relapse in IgG4-Related Disease. ARTHRITIS & RHEUMATOLOGY. 2015. 67
もっと見る
講演・口頭発表等 (11件):
  • Subjective Well-Being Among Rheumatoid Arthritis Patients
    (米国リウマチ学会 2018)
  • Reliability of patient global assessment in rheumatoid arthritis patients
    (欧州リウマチ学会 2017)
  • 関節リウマチ診療における患者全般評価
    (61回 日本リウマチ学会総会 シンポジウム:関節リウマチ診療における患者立脚型評価 2017)
  • Subjective well-being of Japanese RA patients who reach treatment target is higher than the Japanese average
    (欧州リウマチ学会 2016)
  • 治療目標に到達した関節リウマチ患者の主観的幸福度は、一般的な日本人より高い(ROCKoコホート研究から)
    (60回 日本リウマチ学会総会 2016)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 2000 - 2004 神戸大学大学院 医学系研究科
  • 1991 - 1997 神戸大学
学位 (1件):
  • 博士 (神戸大学大学院)
経歴 (6件):
  • 2015/07 - 現在 兵庫県立尼崎総合医療センター 膠原病リウマチ内科 部長
  • 2011 - 2015/07 神戸大学病院 膠原病リウマチ内科 助教
  • 2008 - 2011 The University of British Columbia Postdoctoral fellow
  • 2004 - 2008 倉敷中央病院 内分泌代謝リウマチ内科
  • 1998 - 2000 北野病院 研修医
全件表示
委員歴 (1件):
  • - 現在 日本リウマチ学会 評議員
受賞 (3件):
  • 2014/06 - 日本リウマチ財団 国際学会におけるリウマチ性疾患調査・研究発表に対する助成
  • 2008/06 - 日本リウマチ財団 海外派遣研修医
  • 2008/04 - Foreign Affairs and International Trade Canada Canadian Post Doctoral Research Fellowship award
所属学会 (2件):
日本リウマチ学会 ,  日本内科学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る