研究者
J-GLOBAL ID:201301044254971713   更新日: 2020年10月05日

清水 貴夫

シミズ タカオ | SHIMIZU Takao
所属機関・部署:
職名: 研究員
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
ホームページURL (1件): http://shimizujbfa.wixsite.com/shimizupage
研究分野 (1件): 文化人類学、民俗学
研究キーワード (5件): イスラーム ,  子ども ,  都市 ,  アフリカ ,  文化人類学
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 2019 - 2022 「アフリカ・アジア諸国における教育の普遍化と格差に関する国際比較研究」
  • 2018 - 2022 宗教組織の経営プロセスについての文化人類学的研究
  • 2017 - 2021 ムスリム居住地域で進行する主体的なイスラーム教育改革に関する地域間比較研究
  • 2016 - 2019 現代社会における風土建築の維持継承可能性に関する多面的評価
  • 2015 - 2018 宗教組織の経営の比較民族誌的研究
全件表示
論文 (9件):
もっと見る
MISC (11件):
もっと見る
書籍 (7件):
  • ブルキナファソを喰う アフリカ人類学者の西アフリカ「食」のガイド・ブック
    あいり出版 2019
  • 『発展途上国の困難な状況にある子どもの教育』
    明石書店 2018
  • 『子どもたちの生きるアフリカ 伝統と開発がせめぎあう大地で』
    昭和堂 2017
  • 『FENICS 100万人のフィールドワーカーシリーズ 第7巻 社会問題に出会う』
    古今書院 2017
  • 『ブルキナファソ バム県の生業・砂漠化対処・開発のモノグラフ』
    総合地球環境学研究所 2017
もっと見る
講演・口頭発表等 (10件):
  • 'History of earthen Mosque in Sabotenga: From the narrative of Ibrahim Sanfo, Imam of Sabotenga'
    (第56回日本アフリカ学会学術大会 2019)
  • 'The Process for Co-Created Technology for Combat Desertification Collavoration of Afriacan Farmers and Japanese Scientist'
    (30th Society for the Advancement of Socio-Economics 2018)
  • 「​​ネガティブな子ども像を超えて ブルキナファソの「ストリート・チルドレン」の事例を起点に」
    (日本文化人類学会 2018)
  • 「サハラ以南アフリカの人糞処理業者 の社会経済的役割の解明に向けた予 備的考察 -ブルキナファソの事例より-」
    (第55回日本アフリカ学会学術大会 2018)
  • "Transforming the Kasena houses and indigenous building technology in Burkina Faso"
    (SOStierra 2017 International Conference on Vernacular Earthen Architecture 2017)
もっと見る
学位 (1件):
  • 修士 (名古屋大学大学院文学研究科)
経歴 (3件):
  • 2018/04 - 現在 総合地球環境学研究所 外来研究員
  • 2016/04 - 2018/03 広島大学教育開発国際協力研究センター 研究員
  • 2012/04 - 2016/03 総合地球環境学研究所 研究部 プロジェクト研究員
受賞 (3件):
  • 2017/11 - SOSTierra Honorable Award for the best senior research paper and presentation "Transforming the Kasena houses and indigenous building technology in Burkina Faso"
  • 2014/10 - システム農学会 優秀発表賞(北村賞) ブルキナファソ・中央北部州におけるザイの普及状況と地域住民による受け入れ
  • 2013/04 - アフリカ教育研究フォーラム 優秀研究発表特別賞 「西アフリカ内陸部の「伝統」教育としてのクルアーン学校[その1] ニジェール共和国ファカラ地方の事例より」
所属学会 (4件):
日本比較教育学会 ,  日本宗教学会 ,  日本文化人類学会 ,  日本アフリカ学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る