研究者
J-GLOBAL ID:201301049921823380   更新日: 2021年03月04日

木場 紗綾

キバ サヤ | Kiba Saya
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (5件): 社会学 ,  国際関係論 ,  国際関係論 ,  国際関係論 ,  地域研究
研究キーワード (11件): 治安部門ガバナンス ,  セキュリティ・ガバナンス ,  民軍協力 ,  ODA政策 ,  ASEAN ,  南シナ海 ,  自衛隊 ,  国際協力 ,  安全保障 ,  フィリピン ,  東南アジア
競争的資金等の研究課題 (8件):
  • 2020 - 2023 包括型コミュニティ・ポリシング:東南アジアにおける武装組織の社会統合モデル
  • 2019 - 2022 変化する警察-軍関係と民主的セキュリティ・ガバナンスの課題
  • 2017 - 2020 コミュニティ・ポリシングの紛争予防効果
  • 2017 - 2019 東南アジアにおけるコミュニティ・ポリシングの実践から学ぶ-治安改善および警察改革へのインパクトの検討-
  • 2016 - 2019 ASEAN共同体の研究:資源開発、一次資源貿易と海洋権益をめぐる政治経済学
全件表示
論文 (29件):
  • Disaster Diplomacy or Commitment to Global Health? Japan's Foreign Aid on COVID-19 Response. Liaison. 2020. 12. 1. 36-41
  • 木場紗綾. 東南アジアの安全保障:米中の狭間で. 国際文化. 2020. 2. 71-72
  • 木場 紗綾. 兵士の殉職と社会の受容: フィリピンにおける 軍と社会の情報伝達の変化. 国際協力論集. 2019. 27. 1. 117-138
  • 木場 紗綾. 陸上自衛隊の家族支援をめぐる国会の議論の分析. 国際文化. 2019. 1. 3-22
  • 木場 紗綾. 米中の間で揺れる東南アジアの外交と日本の関与. 社会科学. 2019. 48. 4
もっと見る
MISC (14件):
  • <書評>宮脇聡史著『フィリピン・カトリック教会の政治関与--国民を監督する「公共宗教」--』. アジア経済. 2020. 61. 4. 68-72
  • 木場紗綾. 治安部門ガバナンス(SSG)に関する国際共同研究. 防衛大学校グローバルセキュリティセンターニュースレター. 2020. 9
  • 木場紗綾. COVID-19と治安部門ガバナンス --東南アジアの議論から日本が学ぶこと--. CSEAS Newsletter 4: TBC. 2020
  • Saya Kiba. Militants, criminals, and warlords: the challenge of local governance in an age of disorder. Journal of Contemporary East Asia Studies. 2020. 9. 1. 86-88
  • 木場紗綾. <書評>五十嵐誠一著『東アジアの新しい地域主義と市民社会 --ヘゲモニーと規範の批判的地域主義アプローチ』. 東南アジア研究. 2019. 57. 1. 104-106
もっと見る
書籍 (11件):
  • コロナが生んだ米中「新冷戦」、変質する国際関係:アジアの安全保障2020-2021
    一般財団法人平和・安全保障研究所/朝雲新聞社 2020
  • 教養の東南アジア現代史
    ミネルヴァ書房 2020 ISBN:9784623086672
  • ソーシャルメディア時代の東南アジア政治
    明石書店 2020 ISBN:9784750349961
  • Japan's foreign policy in the twenty-first century : continuity and change
    Lexington Books 2020 ISBN:9781498587952
  • 激化する米中覇権競争/迷路に入った「朝鮮半島」:アジアの安全保障2019-2020
    朝雲出版社 2019
もっと見る
講演・口頭発表等 (22件):
  • Disaster Diplomacy or Commitment to Global Health? Japan’s Foreign Aid on COVID-19 Response
    (International Political Science Association Research Committee on Security, Conflict and Democratization (RC44) 2020)
  • What Retired JSDF Officers Talk About When They Talk About Civil-Military Relations
    (The Association of Civil-Military Studies in Israel 2020)
  • Treatment of Soldier Deaths in the Philippines
    (International Conference on Treatment of Soldier Deaths 2020)
  • Bearing soldiers’ deaths: the perception of the public in the case of Southeast Asia
    (Inter-University Seminar on Armed Forces and Society, Virginia, USA 2019)
  • Japan’s past and future contribution to Mindanao peace process and how to deal with non-state armed groups
    (International Political Science Association Research Committee on Security, Conflict, and Democratization, Nagasaki, Japan 2019)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 2005 - 2010 神戸大学 博士後期課程
  • 2002 - 2005 同志社大学大学院 政治学専攻 博士前期課程
学位 (2件):
  • 博士(政治学) (神戸大学)
  • 修士(政治学) (同志社大学)
経歴 (11件):
  • 2018/04 - 現在 公立小松大学 国際文化交流学部 准教授
  • 2019/05 - 2019/09 ドイツ連邦軍 軍事史・社会科学研究所 客員研究員
  • 2017/09 - 2019/04 京都アメリカ大学コンソーシアム Subject Course Instructor
  • 2015/04 - 2018/03 同志社大学 政策学部 助教
  • 2013/05 - 2015/03 在タイ日本国大使館 政務部 専門調査員
全件表示
所属学会 (4件):
Asian Political and International Studies Association ,  European Research Group on Military and Society ,  Inter-University Seminar on Armed Forces and Society ,  日本比較政治学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る