研究者
J-GLOBAL ID:201301050697682099   更新日: 2020年08月28日

鈴木 立郎

スズキ タツオ | Suzuki Tatsuo
所属機関・部署:
研究分野 (1件): 大気水圏科学
研究キーワード (9件): Ocean modeling ,  Climate change ,  Regional sea level change ,  気候学 ,  海洋物理学 ,  数値シミュレーション ,  地球温暖化 ,  海面水位変動 ,  気候モデルリング
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 2006 - 2009 地球温暖化に伴う海面水位上昇分布に関する研究
  • 1998 - 1999 熱帯大気の季節内変動に対する赤道太平洋海洋上層の応答についての研究
論文 (13件):
  • Hiroyuki Tsujino, Shogo Urakawa, Hideyuki Nakano, R. Justin Small, Who M. Kim, Stephen G. Yeager, Gokhan Danabasoglu, Tatsuo Suzuki, Jonathan, L. Bamber, Mats Bentsen, Claus W, Böning, Alexandra Bozec, Eric, P. Chassignet, Enrique Curchitser, Fabio Boeira Dias, Paul J. Durack, Stephen M. Griffies, Yayoi Harada, Mehmet Ilicak, Simon A. Josey, Chiaki Kobayashi, Shinya Kobayashi, Yoshiki Komuro, William, G. Large, Julien Le Sommer, Simon, J. Marsland, Simona Masina, Markus Scheinert, Hiroyuki Tomita, Maria Valdivieso, Dai Yamazaki. JRA-55 based surface dataset for driving ocean-sea-ice models (JRA55-do). Ocean Modeling. 2018. 130. 79-139
  • Uemura R, Motoyama H, Masson-Delmotte V, Jouzel J, Kawamura K, Goto-Azuma K, Fujita S, Kuramoto T, Hirabayashi M, Miyake T, Ohno H, Fujita K, Abe-Ouchi A, Iizuka Y, Horikawa S, Igarashi M, Suzuki K, Suzuki T, Fujii Y. Asynchrony between Antarctic temperature and CO2 associated with obliquity over the past 720,000 years. Nature Communications. 2018. 9. 1
  • Tatsuo Suzuki, Dai Yamazaki, Hiroyuki Tsujino, Yoshiki Komuro, Hideyuki Nakano, Shogo Urakawa. A dataset of continental river discharge based on JRA-55 for use in a global ocean circulation model. J Oceanogr. 2017
  • Frieler, K, Lange, S, Piontek, F, Reyer, C. P. O, Schewe, J, Warszawski, L, Zhao, F, Chini, L, Denvil, S, Emanuel, K, Geiger, T, Halladay, K, Hurtt, G, Mengel, M, Murakami, D, Ostberg, S, Popp, A, Riva, R, Stevanovic, M, Suzuki, T, Volkholz, J, Burke, E, Ciais, P, Ebi, K, Eddy, T. D, Elliott, J, Galbraith, E, Gosling, S. N, Hattermann, F, Hickler, T, Hinkel, J, Hof, C, Huber, V, Jägermeyr, J, Krysanova, V, Marcé, R, Müller Schmied, H, Mouratiadou, I, Pierson, D, Tittensor, D. P, Vautard, R, van Vliet, M, Biber, M. F, Betts, R. A, Bodirsky, B. L, Deryng, D, Frolking, S, Jones, C. D, Lotze, H. K, Lotze-Campen, H, Sahajpal, R, Thonicke, K, Tian, H, Yamagata, Y. Assessing the impacts of 1.5 ◦C global warming - simulation protocol of the Inter-Sectoral Impact Model Intercomparison Project (ISIMIP2b). Geosci. Model Dev. 2017. 10. 12. 4321-4345
  • T. Miyakawa, H. Yashiro, T. Suzuki, H. Tatebe, M. Satoh. A Madden-Julian Oscillation event remotely accelerates ocean upwelling to abruptly terminate the 1997/1998 super El Niño. Geophys Res Lett. 2017. 44. 18. 9489-9495
もっと見る
MISC (6件):
  • 鈴木立郎, 山崎大, 小室芳樹, 辻野博之, 浦川昇吾, 中野英之. JRA-55に基づく海洋モデル駆動のための大陸河川流量データセットの作成. 日本海洋学会大会講演要旨集. 2016. 2016. 354
  • 横畠 徳太, 渡部 雅浩, 鈴木 立郎, 大石 龍太, 小室 芳樹, 渡辺 真吾, 江守 正多, 竹村 俊彦, 千喜良 稔, 小倉 知夫, 関口 美保, 高田 久美子, 山崎 大, 野沢 徹, 羽角 博康, 建部 洋晶, 塩竈 秀夫, 木本 昌秀. D451 全球気候モデルMIROC5による現在気候の再現と将来予測(気候システムモデリング,AR5に向けた気候変化予測の現状,専門分科会). 大会講演予講集. 2011. 99
  • 須股浩, 奥西武, 橋岡豪人, 橋岡豪人, 岡田直資, 重光雅仁, 坂本天, 鈴木立郎, 山中康裕, 山中康裕, 山中康裕. 海洋低次生態系モデルの改良と経年変動実験. 日本海洋学会大会講演要旨集. 2010. 2010. 204
  • 須股浩, 須股浩, 橋岡豪人, 橋岡豪人, 岡田直資, 岡田直資, 相田真希, 吉江直樹, 坂本天, 鈴木立郎, 鈴木立郎, 山中康裕, 山中康裕, 山中康裕, 山中康裕. 渦許容全球モデルによる低次生態系の経年変動実験. 日本海洋学会大会講演要旨集. 2009. 2009. 100
  • 横畠 徳太, 江守 正多, 野沢 徹, 小倉 知夫, 岡田 直資, 對馬 洋子, 鈴木 立郎, 河宮 未知生, 阿部 彩子, 羽角 博康, 住 明正, 木本 昌秀. P325 CO_2平衡応答および過渡応答実験における気候フィードバック. 大会講演予講集. 2007. 91
もっと見る
書籍 (2件):
  • 地球温暖化そのメカニズムと不確実性9章海面水位上昇
    朝倉書店 2014
  • Ocean Temperature and Salinity contributions to Global and Regional Sea-Level Change, Wiley-Blackwell, Understanding Sea-level rise and variability, Chapter 6, 143-176
    Wiley-Blackwell 2010
講演・口頭発表等 (52件):
  • Continental river discharge for additional dataset of JRA55-do to drive a global ocean circulation model
    (Meeting on Perspectives in Computational Atmosphere and Ocean Science and 8th OFES International Workshop 2017)
  • Interdecadal variability of baisn-averaged ocean heat content in the climate model MIROC5.2
    (CLIVAR Open Science Conference 2016)
  • JRA-55に基づく海洋モデル駆動のための大陸河川流量データセットの作成
    (日本海洋学会秋季大会 2016)
  • 海盆スケールの熱収支と海面水位変動ー気候モデルMIROC5.2を用いた解析ー
    (日本海洋学会春季大会 2016)
  • Initial Evaluation of river runoff based on JRA55
    (2nd Session of OMDP 'Extended' Meeting on Forcing Ocean-Ice Climate Models 2016)
もっと見る
学歴 (4件):
  • 1995 - 2000 北海道大学大学院博士課程 地球環境科学研究科 (低温科学研究所所属)
  • - 2000 Hokkaido University PH. D Earth Environmental Science
  • 1993 - 1995 北海道大学大学院修士課程 理学研究科 地球物理学専攻(低温科学研究所所属)
  • 1989 - 1993 北海道大学 理学部 地球物理学科 (理1系)
学位 (1件):
  • 博士(地球環境科学) (北海道大学)
経歴 (6件):
  • 2001/03 - 現在 独立行政法人海洋研究開発機構 技術研究員
  • 2009/04 - 2014/03 独立行政法人海洋開発研究機構・地球環境変動領域 研究員
  • 2006/04 - 2009/03 独立行政法人海洋研究開発機構・地球環境フロンティア研究センター 研究員
  • 2004/07 - 2006/03 独立行政法人海洋研究開発機構・地球環境フロンティア研究センター ポスドク研究員
  • 2001/03 - 2004/06 地球フロンティア研究システム モデル統合化領域 ポスドク研究員
全件表示
委員歴 (1件):
  • 2015 - 2017 CLIVAR Pacific Region Panel Member
所属学会 (2件):
American Geophysical Union ,  日本海洋学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る