研究者
J-GLOBAL ID:201301051146510803   更新日: 2020年09月01日

高野 愛

タカノ アイ | Takano Ai
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (5件): 細菌学 ,  寄生虫学 ,  獣医学 ,  獣医学 ,  獣医学
研究キーワード (3件): ボレリア菌 ,  マダニ媒介性感染症 ,  マダニ
論文 (14件):
  • Supriyono, Takano A, Kuwata R, Shimoda H, Hadi UK, Setiyono A, Agungpriyono S, Maeda K. Detection and isolation of tick-borne bacteria (Anaplasma spp., Rickettsia spp. and Borrelia spp.) in Amblyomma varanense ticks on lizard (Varanus salvator). Microbiology and immunology. 2019. 63. 8. 328-333
  • Mafie E, Rupa FH, Takano A, Suzuki K, Maeda K, Sato H. First record of Trypanosoma dionisii of the T. cruzi clade from the Eastern bent-winged bat (Miniopterus fuliginosus) in the Far East. Parasitology research. 2018. 117. 3. 673-680
  • 青木 栞, 南 昌平, 仲村 昇, 茂田 良光, 尾崎 清明, 木村 俊也, 藤田 龍介, 江尻 寛子, 伊澤 晴彦, 沢辺 京子, 鍬田 龍星, 下田 宙, 高野 愛, 前田 健. 地域固有のマダニおよび渡り鳥に付着したマダニからのウイルス分離の試み. 日本獣医学会学術集会講演要旨集. 2017. 160回. 391-391
  • 川端 寛樹, 佐藤 梢, 熊谷 由美, 大西 真, 安藤 秀二, 福士 秀悦, 下島 昌幸, 西條 政孝, 阿戸 学, 長谷川 秀樹, 関塚 剛史, 黒田 誠, 高野 愛, 伊藤 幸枝, 古野 希和, 山野 公明, 伊東 拓也, 今内 覚, 李 景利, Taylor Kyle, 中尾 亮, 中尾 稔, 小山 幸次郎, 兼古 稔, 福島 和子, 齊藤 智也, 中嶋 健介, 榊原 佳子, 増沢 俊幸, 藤田 博己. わが国におけるダニ媒介性細菌感染症研究の現状 新興ボレリア感染症. 日本細菌学雑誌. 2017. 72. 1. 34-34
  • Andoh M, Sakata A, Takano A, Kawabata H, Fujita H, Une Y, Goka K, Kishimoto T, Ando S. Rickettsia and Ehrlichia detection from exotic animal-associated hard ticks. PLoS One. 2015. 10. 7. e0133700
もっと見る
MISC (155件):
  • 佐藤 梢, 関塚 剛史, 黒田 誠, 熊谷 由美, 林 哲也, 高野 愛, 大西 真, 川端 寛樹. ボレリアの新規病原性評価ツールによる血清耐性機能の解析. 日本獣医学会学術集会講演要旨集. 2019. 162回. 427-427
  • 高野 愛, 野口 慧多, 前田 健. 動物が保有するマダニ媒介感染症. 衛生動物. 2019. 70. 2. 100-100
  • 下田 宙, 南 昌平, 高野 愛, 青木 栞, 水野 純子, 立本 完吾, 米満 研三, Supriyono, Tran Ngo Thi Bao, 鍬田 龍星, 馬田 勝義, 仲村 昇, 出口 智広, 前田 健. 渡り鳥によるマダニ媒介ウイルスの越境の可能性. 衛生動物. 2019. 70. Suppl. 55-55
  • 佐藤(大久保)梢, 高野愛, 高娃, 安藤秀二, 川端寛樹. ダニ媒介性感染症-国内に常在する感染症を主に-. 衛生動物. 2019. 70. 1. 3-14
  • 佐藤 梢, 熊谷 由美, 林 哲也, 高野 愛, 大西 真, 川端 寛樹. ボレリアの新規病原性評価ツールの開発とその応用. 日本獣医学会学術集会講演要旨集. 2018. 161回. 397-397
もっと見る
書籍 (3件):
  • 臨床獣医師のための 犬と猫の感染症診療
    緑書房 2018
  • 伴侶動物治療指針 Vol9
    緑書房 2018
  • 臨床現場で使える!2017
    緑書房 2017
講演・口頭発表等 (55件):
  • ダイレクトシークエンス法によるRickettsia sp. Lonとマダニ宿主の多様性と共進化の解明
    (第92回日本細菌学会総会 2019)
  • 伴侶動物における重症熱性血小板減少症候群(2018)
    (第162回日本獣医学会学術集会 2019)
  • ボレリアの新規病原性評価ツールによる血清耐性機能の解析
    (第162回日本獣医学会学術集会 2019)
  • 生動物と伴侶動物が運ぶウイルス感染症
    (第162回日本獣医学会学術集会 2019)
  • モンゴルにおける節足動物媒介ウイルス感染症の調査
    (第67回日本ウイルス学会学術集会 2019)
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(獣医学) (岐阜大学)
経歴 (4件):
  • 2017/12 - 現在 山口大学 准教授
  • 2012/12 - 2017/12 山口大学 准教授(テニュアトラック)
  • 2010/09 - 2012/12 国立感染症研究所 流動研究員
  • 2010/04 - 2010/08 国立感染症研究所 技術職員
委員歴 (1件):
  • 2015/03 - 現在 日本衛生動物学会 幹事
受賞 (2件):
  • 2014 - 日本衛生動物学会 佐々賞
  • 2010/03 - 日本獣医学会 獣医学大会長賞
所属学会 (5件):
日本細菌学会 ,  日本獣医師会 ,  日本分子生物学会 ,  日本衛生動物学会 ,  日本獣医学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る