研究者
J-GLOBAL ID:201301051545171850   更新日: 2020年09月01日

谷村 憲司

Tanimura Kenji | Tanimura Kenji
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (1件): 産婦人科学
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 2017 - 2020 生殖不全における制御性B細胞、樹状細胞、NK細胞の役割の解明
  • 2017 - 2020 HLA class II複合体抗体による不育症、妊娠合併症の新診断・治療法の確立
  • 2014 - 2017 β2GPI/MHCクラスIIに対する自己抗体の証明と産科異常病因解析
論文 (143件):
  • Kosuke Nishida, Kazumichi Fujioka, Yusuke Sugioka, Shinya Abe, Mariko Ashina, Sachiyo Fukushima, Shohei Ohyama, Toshihiko Ikuta, Kenji Tanimura, Hideto Yamada, et al. Prediction of Neurodevelopmental Impairment in Congenital Cytomegalovirus Infection by Early Postnatal Magnetic Resonance Imaging. Neonatology. 2020. 1-7
  • Hideto Yamada, Kenji Tanimura, Sachiyo Fukushima, Kazumichi Fujioka, Masashi Deguchi, Yuki Sasagawa, Shinya Tairaku, Toru Funakoshi, Ichiro Morioka. A cohort study of the universal neonatal urine screening for congenital cytomegalovirus infection. Journal of infection and chemotherapy : official journal of the Japan Society of Chemotherapy. 2020
  • Akiko Uchida, Kenji Tanimura, Mayumi Morizane, Kazumichi Fujioka, Ichiro Morioka, Masanobu Oohashi, Toshio Minematsu, Hideto Yamada. Clinical factors associated with congenital cytomegalovirus infection: A cohort study of pregnant women and newborns. Clinical infectious diseases : an official publication of the Infectious Diseases Society of America. 2019
  • Nakasuji Y, Tanimura K, Sasagawa Y, Imafuku H, Morizane M, Fujioka K, Ohji G, Yamada H. Case report of eight pregnant women with syphilis. Journal of infection and chemotherapy : official journal of the Japan Society of Chemotherapy. 2019
  • 澤田 茉美子, 谷村 憲司, 施 裕徳, 内田 明子, 笹川 勇樹, 白川 得朗, 森實 真由美, 藤岡 一路, 山田 秀人. 切迫早産から妊娠29週未満で早産となった児の予後に関連する因子の検討. 産婦人科の進歩. 2019. 71. 4. 423-423
もっと見る
MISC (113件):
  • Hitomi Imafuku, Hideto Yamada, Mayumi Morizane, Kenji Tanimura. Recurrence of post-partum hemorrhage in women with a history of uterine artery embolization. The journal of obstetrics and gynaecology research. 2020. 46. 1. 119-123
  • 山田 秀人, 谷村 憲司, 出口 雅士. 【母子感染症の必修知識-エキスパートに学び予防につなげる】総論 母子感染スクリーニング方法と診断の話題. 小児内科. 2020. 52. 1. 23-29
  • Christiane Albrecht, Larry Chamley, D Stephen Charnock-Jones, Sally Collins, Hiroshi Fujiwara, Thaddeus Golos, Solene Grayo, Natalie Hannan, Lynda Harris, Kiyotake Ichizuka, et al. IFPA meeting 2018 workshop report II: Abnormally invasive placenta; inflammation and infection; preeclampsia; gestational trophoblastic disease and drug delivery. Placenta. 2019. 84. 9-13
  • 黒島 瑞穂, 谷村 憲司, 森實 真由美, 出口 雅士, 山田 秀人. 妊娠中に維持透析療法を要した慢性腎不全合併妊娠3症例. 産婦人科の進歩. 2019. 71. 2. 103-108
  • Tanimura K, Yamada H. Maternal and neonatal screening methods for congenital cytomegalovirus infection. J Obstet Gynaecol Res. 2019. 45. 3. 514-521
もっと見る
書籍 (14件):
  • 読める生かせる説明できる!産科の臨床検査ディクショナリー / 4-40. サイトメガロウイルス抗体
    メディカ出版 2018
  • 産婦人科感染症マニュアル 日本産科婦人科感染症学会編 / 9. 水痘・帯状発疹ウイルス
    金原出版 2018
  • 産婦人科感染症マニュアル 日本産科婦人科感染症学会編 / 12. HIV感染症
    金原出版 2018
  • Commemorating the 60th anniversary of the establishment of Japan Thyroid Association, An extended edition of Journal of the Japan Thyroid Association "Thyroid Hormones and Their Related Diseases" / Thyroid hormones and pregnancy/infertility/recurrent preg
    Medical Review Co. Ltd. 2017
  • 臨床免疫・アレルギー科 / β2-グリコプロテイン-I/HLA classII複合体は抗リン脂質抗体症候群の標的抗原である
    科学評論社 2016
もっと見る
講演・口頭発表等 (248件):
  • 先天性サイトメガロウイルス感染発生に関連する臨床・検査所見
    (AMED 成育疾患克服等総合研究事業「母子感染に対する母子保健体制構築と医療開発技術のための研究」平成30年度第2回班会議 2018)
  • 母子感染:予防と対策 兵庫県の妊婦梅毒症例からみた梅毒母子感染の予防と対策における課題
    (第63回日本新生児成育医学会学術集会 2018)
  • 不育症リスク因子としてのネオ・セルフ抗体
    (第33回日本生殖免疫学会総会・学術集会 2018)
  • 妊娠初期のプロテインS低値と産科異常との関連
    (第33回日本生殖免疫学会総会・学術集会 2018)
  • 切迫流早産と腟内マイクロバイオームとの関連性
    (第33回日本生殖免疫学会総会・学術集会 2018)
もっと見る
学歴 (1件):
  • - 2004 神戸大学 大学院
学位 (1件):
  • 博士(医学) (神戸大学)
受賞 (5件):
  • 2017/10 - 神戸大学医学部 平成28年度神戸大学医学部優秀学術論文賞 Prediction of congenital cytomegalovirus infection in high-risk pregnant women
  • 2017/07 - 兵庫県産科婦人科学会 平成29年度兵庫県産科婦人科学会賞 Prediction of congenital cytomegalovirus infection in high-risk pregnant women
  • 2016/10 - International Workshop on Autoantibodies and Autoimmunity Award for Exceptional Abstract and Presentation beta2-glycoprotein I / HLA class II complexes are novel autoantigens in antiphospholipid syndrome
  • 2015/11 - 日本生殖免疫学会 第30回日本生殖免疫学会賞 β2グリコプロテインI/MHCクラスII複合体が抗リン脂質抗体症候群の病態に関連する
  • 2014/01 - 大阪大学微生物病研究所 平成25年度大阪大学微生物病研究所業績発表会 優秀学術賞 Cellular misfolded proteins transported to the cell surface by MHC class II molecules are targets for autoantibodies in autoimmune diseases
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る