研究者
J-GLOBAL ID:201301051545171850   更新日: 2021年11月30日

谷村 憲司

Tanimura Kenji | Tanimura Kenji
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (1件): 産婦人科学
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 2020 - 2023 免疫抑制ネオセルフ化ペプチドワクチンによる膠原病、産科異常治療法の確立
  • 2020 - 2023 2光子顕微鏡による胎仔ミクログリアが仔の成長発達に及ぼす影響の解明
  • 2020 - 2023 妊娠初期のプロテインS、プロテインC抗凝固因子の変動と産科異常との関連解析
  • 2020 - 2023 aβ2GPI/MHC class IIによる妊娠合併症の動物モデル作成と治療法開発
  • 2017 - 2021 HLA class II複合体抗体による不育症、妊娠合併症の新診断・治療法の確立
全件表示
論文 (127件):
  • Kenji Tanimura, Yutoku Shi, Hitomi Imafuku, Takaaki Nakanishi, Maki Kanzawa, Yoshito Terai. Sudden fetal death with placental mesenchymal dysplasia complicated by placenta previa. The journal of obstetrics and gynaecology research. 2021. 47. 11. 4087-4092
  • Mariko Ashina, Takumi Kido, Yuki Kyono, Asumi Yoshida, Shutaro Suga, Ruka Nakasone, Shinya Abe, Kenji Tanimura, Kandai Nozu, Kazumichi Fujioka. Correlation between Severity of Fetal Growth Restriction and Oxidative Stress in Severe Small-for-Gestational-Age Infants. International journal of environmental research and public health. 2021. 18. 20
  • Kenta Obata, Kenji Tanimura, Naohisa Masuko, Hitomi Imafuku, Moritoki Egi, Yoshito Terai. Abdominal compartment syndrome in a monochorionic-triamniotic triplet pregnancy complicated by feto-fetal transfusion syndrome. The journal of obstetrics and gynaecology research. 2021. 47. 9. 3370-3373
  • Hitomi Imafuku, Kenji Tanimura, Yutoku Shi, Akiko Uchida, Masashi Deguchi, Yoshito Terai. Clinical factors associated with a placenta accreta spectrum. Placenta. 2021. 112. 180-184
  • Koji Sasaki, Takuya Okada, Masato Yamaguchi, Mostafa Ahmed, Tomoyuki Gentsu, Eisuke Ueshima, Keitaro Sofue, Kenji Tanimura, Hideto Yamada, Koji Sugimoto, et al. Efficacy of superselective transcatheter arterial embolization for intractable postpartum hemorrhage due to genital tract trauma after vaginal delivery. Emergency radiology. 2021
もっと見る
MISC (174件):
もっと見る
書籍 (31件):
  • 不育症 ネオ・セルフ抗体
    メジカルビュー 2021
  • 不育症 産科的抗リン脂質抗体症候群の病因・病態
    メジカルビュー 2021
  • “Fetus as a Patient”胎児疾患と胎児治療 病態生理、診断・治療のすべて 先天性サイトメガロウイルス感染症に対する胎児治療
    メディカ出版 2020
  • 小児内科 特集 母子感染症の必須知識-エキスパートに学び予防につなげる 各病原体の母子管理-最新の疫学情報を含めて サイトメガロウイルス 『母体・胎児管理-胎児治療を含めて』
    東京医学社 2020
  • 臨床検査ガイド 2020年改訂版 これだけは必要な検査のすすめかた・データのよみかた 5.感染症検査 E.寄生虫 抗トキソプラズマ抗体
    谷村憲司、山田秀人 2020
もっと見る
講演・口頭発表等 (259件):
  • Workshop1 「胎児の頭蓋内病変」 症候性先天性サイトメガロウイルス感染症における胎児MRIの意義
    (The 22nd Annual Symposium Japanese Society for the Advancement of Women’s Imaging 2021)
  • 不育症の新規リスク因子としてのネオ・セルフ抗体 シンポジウム1「リスク因子不明不育症の解明に挑む」
    (第39日本受精着床学会総会・学術講演会 2021)
  • トキソプラズマ-IgG avidity index高値母体から発生した先天性トキソプラズマ感染疑いの1例
    (第37回日本産婦人科感染症学会学術集会 2021)
  • HLAクラスII分子の新しい抗原提示機能を応用した不育症・産科異常症の病態解明ならびに治療法開発を目指した基礎ならびに臨床研究 第12回ロート女性健康科学研究賞 授賞式・受賞記念講演
    (第73回日本産科婦人科学会学術講演会 2021)
  • 甲状腺機能亢進症合併妊娠の管理~産科側から~ クリニカルアワー2「バセドウ病の妊娠前・妊娠中の管理」
    (第94回日本内分泌学会学術総会 2021)
もっと見る
学歴 (1件):
  • - 2004 神戸大学 大学院
学位 (1件):
  • 博士(医学) (神戸大学)
受賞 (6件):
  • 2021/04 - 第12回ロート女性健康科学研究賞 HLA クラスII分子の新しい抗原提示機能を応用した不育症・ 産 科異常症の病態解明ならびに治療法開発を目指した基礎ならびに臨床研究』、ロート製薬株式会社
  • 2017/10 - 神戸大学医学部 平成28年度神戸大学医学部優秀学術論文賞 Prediction of congenital cytomegalovirus infection in high-risk pregnant women
  • 2017/07 - 兵庫県産科婦人科学会 平成29年度兵庫県産科婦人科学会賞 Prediction of congenital cytomegalovirus infection in high-risk pregnant women
  • 2016/10 - International Workshop on Autoantibodies and Autoimmunity Award for Exceptional Abstract and Presentation beta2-glycoprotein I / HLA class II complexes are novel autoantigens in antiphospholipid syndrome
  • 2015/11 - 日本生殖免疫学会 第30回日本生殖免疫学会賞 β2グリコプロテインI/MHCクラスII複合体が抗リン脂質抗体症候群の病態に関連する
全件表示
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る