研究者
J-GLOBAL ID:201301051705348957   更新日: 2021年04月03日

ゲーマン ジェフリー ジョセフ

ゲーマン ジェフリー ジョセフ | Joseph Gayman Jeffry
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (1件): 教育社会学
研究キーワード (5件): 異文化間理解教育 ,  危機に瀕した言語の言語復興 ,  少数先住民族の教育 ,  先住民族 ,  アイヌ民族
競争的資金等の研究課題 (12件):
  • 2020 - 2023 先住民族の伝統の知に関する研究-国際比較を通した日本への応用可能性の検討-
  • 2019 - 2022 引き揚げと帰国のはざま-1950~1970年代における日本への帰還
  • 2016 - 2020 過去の不正義・先住民族・戦争・移民の民事法理論--補償・市民(公民)権の意義
  • 2014 - 2017 「北海道における先住民族の「知」の接合に関するアクション・リサーチ研究
  • 2013 - 2014 多文化共生と大学 -対話と連携に基づいた負の遺産の克服へ
全件表示
論文 (14件):
  • Strained agricultural farming under the stress of youths’ career selection tendencies: a case study from Hokkaido (Japan). 2021. 8
  • 上村英明, Jeff Gayman. Rethinking Japan’s Constitution from the Perspective of the Ainu and Ryūkyū Peoples. The Asia Pacific Journal/Japan Focus. 2018. 16. 5
  • 上村英明, Jeff Gayman. 多元主義から見る日本国憲法の総体的意義-先住民族の視点から近代日本の基本法を考える-. 恵泉女子大学園大学紀要. 2018. 30. 21-38
  • ジェフ ゲーマン. 北海道大学での私の教育的取組みの中身と理念-アイヌ的な要素が沢山ある環境の中の先住民族教育学、異文化間理解教育、質的研究法-. 北海道大学大学院教育学研究院紀要. 2016. 127. 77-89
  • ジェフリー ゲーマン. Development概念の転換シンポジウムと私の研究の関連について-若干のコメント-. 子ども発達臨床研究. 2014. 6. 75-77
もっと見る
MISC (7件):
  • ジェフリー・ゲーマン. アラスカ先住民教育研究から見たアイヌ民族教育研究の課題-比較研究の限界とローカルな視点の重要性-. 国際教育. 2020. 26. 120-126
  • 奥 聡, Jeff Gayman, 張ジュヒョク, Piers Williamson, Peter Richardson, Reggy Figer, Emma Cook, Jay Tanaka. Modular Approach to Reading, 2020年北海道大学オープンコースウェア教材. 2020
  • ゲーマン ジェフ. Book Review The Fabric of Indigeneity: Ainu Identity, Gender, and Settler Colonialism in Japan. ann-elise lewallen著. Journal of the Royal Anthropological Institute. 2018. 24. 3. 631-632
  • Book Review:Beyond Ainu Studies: Changing Academic and Public Policies. Japan Forum. 2016. 27. 4. 563-566
  • 奥 聡, 土永孝, 辻本篤, Jeff Gayman, Chuck Brown, Emma Cook, Peter Richardson, Rick Siddle, Piers Williamson. How to Make Yourself Understood (北大オリジナル 発信型英語の基礎教材)、北海道大学オープンコースウェア教材. 2015
もっと見る
書籍 (22件):
  • The Routledge Handbook of Indigenous Environmental Knowledge
    Routledge 2021
  • Post Imperial Perspectives on Indigenous Education: Lessons from Japan and Australia
    Routledge 2020
  • The Indigenous World 2020 34th Edition
    IWGIA 2020 ISBN:8790730704
  • The Routledge Companion to Indigenous Repatriation: Return, Reconcile, Renew
    Routledge 2020
  • Report of International Workshop Call and Response in Indigenous Research: Cases from Japan and Australia
    2020
もっと見る
講演・口頭発表等 (29件):
  • Japanese Multiculturalism as Examined Through the Lens of Indigenous Empowerment: The Case of the Ainu People
    (Japan America Society of Chicago 2020)
  • Research Activities of the Gayman Laboratory: with a focus on collaborative research with the Ainu people.
    (Northern Sustainable Development Forum 2020)
  • Challenges and Complications of Ainu Representation: Indigenous Research Ethics, Ainu Diversity and the (non?) Participation of the Ainu in the Tokyo Olympic Ceremonies
    (Finnish Oriental Society 2020)
  • エスノグラフィーの「政治学」と政治学-先住民族研究のポリティックスに対する工夫と(教育)人類学の存続可能性
    (九州大学教育人類学研究室主催公開シンポジウム「箱崎から望む教育人類学の風景」 2020)
  • The Dark Shadows of Academia and Shedding Light on the Darkness of Indigenous Knowledge: Two initiatives between Hokkaido University and local Ainu activist/cultural practitioners
    (International Workshop Call and Response in Indigenous Research: Cases from Japan and Australia 2019)
もっと見る
学歴 (6件):
  • 2006 - 2012 Kyushu University、Ph.D
  • 2006 - 2012 九州大学 教育システムコース
  • 2004 - 2005 アラスカ大学フェアバンクス校
  • 2003 - 2004 大阪大学
  • 1999 - 2003 大阪教育大学 教育学専攻
全件表示
学位 (1件):
  • 博士(教育学) (九州大学)
経歴 (6件):
  • 2019/04 - 現在 北海道大学 大学院メディア・コミュニケーション研究院 教授
  • 2013/04 - 2018/03 北海道大学 メディア・コミュニケーション研究院・教育学院 准教授
  • 2012/04 - 2013/03 北海道大学 メディア・コミュニケーション研究院 特任准教授
  • 2008/04 - 2012/03 熊本学園大学 非常勤講師
  • 2009/10 - 2011/03 九州大学人間環境学府 「教育の質向上支援プログラム」学際企画室 事務補佐員
全件表示
委員歴 (1件):
  • 2018/10 - 現在 日本国際教育学会 編集委員
受賞 (3件):
  • 2016/02 - 北海道大学 Hokkaido University President's Award for Excellence in Teaching
  • 2016/02 - Hokkaido University 北海道大学教育総長賞の奨励賞
  • 2015/02 - Hokkaido University 北海道大学教育総長賞の奨励賞
所属学会 (7件):
日本国際教育学会 ,  North American and Indigenous Studies Association ,  九州教育学会 ,  アジア教育学会 ,  日本国際理解教育学会 ,  International Association for Intercultural Education ,  American Anthropological Association
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る