研究者
J-GLOBAL ID:201301053130192499   更新日: 2022年07月01日

成 基明

セイ キメイ | Gimyeong Seong
所属機関・部署:
職名: 助教
ホームページURL (2件): https://www.wpi-aimr.tohoku.ac.jp/ajiri_labo/http://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/bbed9223a5e795186092ad2a33321c18.html
研究分野 (3件): 複合材料、界面 ,  触媒プロセス、資源化学プロセス ,  反応工学、プロセスシステム工学
研究キーワード (6件): プロセス工学 ,  非平衡 ,  触媒 ,  ナノ粒子 ,  金属 ,  超臨界水
競争的資金等の研究課題 (7件):
  • 2021 - 2024 Development of low-temperature high-activity nanocatalyst with periodic aggregation using a non-equilibrium process
  • 2020 - 2023 低温未利用熱によるWaterSplitting
  • 2020 - 2023 低温プラスチック改質による革新的ケミカルリサイクルシステムの構築
  • 2019 - 2021 Fundamental study on the synthesis of transition metal nanoparticles for the environmentally benign process using supercritical water
  • 2016 - 2021 超臨界フルイディックセラミクスによるサーマルマネージメント材料創製
全件表示
論文 (36件):
  • Yuki Omura, Akira Yoko, Gimyeong Seong, Maiko Nishibori, Kakeru Ninomiya, Takaaki Tomai, Tadafumi Adschiri. Uniform Organically Modified CeO2 Nanoparticles Synthesized from a Carboxylate Complex under Supercritical Hydrothermal Conditions: Impact of Ce Valence. The Journal of Physical Chemistry C. 2022
  • Akira Yoko, Thunyapong Kamonvarapitak, Gimyeong Seong, Takaaki Tomai, Tadafumi Adschiri. Supercritical Hydrothermal Synthesis of Organic-Modified Ce1-xZrxO2 -δ (0≤x≤1) Nanoparticles as a Low-Temperature Oxygen Carrier. ChemNanoMat. 2022
  • Takaaki Tomai, Liangyu Tang, Akira Yoko, Yuki Omura, Gimyeong Seong, Tadafumi Adschiri. Facile Regeneration Strategy for Facet-Controlled Nanocatalysts via the Dissolution-Reprecipitation Process Promoted by an Organic Modifier. Chemistry of Materials. 2021
  • Akira Yoko, Hiroki Naito, Gimyeong Seong, Takaaki Tomai, Tadafumi Adschiri. Nucleation and Coalescence of BaTiO3 Using a Continuous Flow Reactor with Water-Ethanol Mixed Solvents. The Journal of Physical Chemistry C. 2021
  • Akira Yoko, Gimyeong Seong, Takaaki Tomai, Tadafumi Adschiri. Utilization of Sub- and Supercritical Water for Nano-Catalyst Synthesis and Waste and Biomass Processing. WASTE AND BIOMASS VALORIZATION. 2021
もっと見る
MISC (8件):
  • 横 哲, 成 基明, 笘居 高明, 阿尻 雅文. ナノ材料の設計・制御に向けたプロセスサイエンスの構築. 材料表面. 2020. 5. 3. 43-50
  • 横 哲, 成 基明, 笘居 高明, 阿尻 雅文. 超臨界水熱法によるナノ粒子連続合成-プロセスデザインと応用展開. 化学装置. 2019. 36-40
  • 横 哲, 成 基明, 相田 努, 北條 大介, 笘居 高明, 阿尻 雅文. 超臨界水熱法による有機・無機ハイブリッドナノ粒子合成. 粉体の表面処理・複合化技術集大成 -基礎から応用まで-. 2018
  • 阿尻 雅文, 笘居 高明, 北條 大介, 相田 努, 成 基明, 横 哲. 超臨界水熱合成によるナノ粒子連続合成とその応用展開. 粉砕. 2018. 61. 3-13
  • Supercritical Hydrothermal Synthesis of Nanoparticles. Nanoparticle Technology Handbook (Third Edition). 2018. 683-689
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(工学) (東北大学)
所属学会 (2件):
アメリカ化学会 ,  化学工学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る