研究者
J-GLOBAL ID:201301055249911542   更新日: 2021年02月23日

築山 忠維

ツキヤマ タダスケ | Tsukiyama Tadasuke
所属機関・部署:
職名: 助教
ホームページURL (1件): http://kaken.nii.ac.jp/d/r/20399819.ja.html
研究分野 (6件): 分子生物学 ,  細胞生物学 ,  免疫学 ,  発生生物学 ,  実験動物学 ,  医化学
研究キーワード (10件): 細胞生物学 ,  分子生物学 ,  遺伝学 ,  タンパク質分解 ,  生化学 ,  発生工学 ,  Wnt ,  がん ,  免疫 ,  シグナル伝達
競争的資金等の研究課題 (15件):
  • 2019 - 2022 RNF43によるWnt受容体ユビキチン化の分子メカニズムの解明と治療への応用
  • 2020 - 2021 糖代謝が個体の恒常性維持に関与するメカニズムの解明
  • 2020 - 2021 Wntシグナル調節因子が代謝変化を通して発がんに関与するメカニズムの解明
  • 2019 - 2020 糖代謝がWntシグナルによる恒常性維持に及ぼす影響の検討
  • 2016 - 2020 RNF43による恒常性の維持とその破綻によるがん化メカニズムの解明
全件表示
論文 (36件):
  • Tadasuke Tsukiyama, Bon-Kyoung Koo, Shigetsugu Hatakeyama. Post-translational Wnt receptor regulation: Is the fog slowly clearing?. BioEssays. 2021. 2000297-2000297
  • Tadasuke Tsukiyama, Juqi Zou, Jihoon Kim, Shohei Ogamino, Yuki Shino, Takamasa Masuda, Alessandra Merenda, Masaki Matsumoto, Yoichiro Fujioka, Tomonori Hirose, et al. A phospho-switch controls RNF43-mediated degradation of Wnt receptors to suppress tumorigenesis. Nature Communications. 2020. 11. 1. 4586-4586
  • Hidehisa Takahashi, Amol Ranjan, Shiyuan Chen, Hidefumi Suzuki, Mio Shibata, Tomonori Hirose, Hiroko Hirose, Kazunori Sasaki, Ryota Abe, Kai Chen, et al. The role of Mediator and Little Elongation Complex in transcription termination. Nature communications. 2020. 11. 1. 1063-1063
  • Mika Watanabe, Ken Natsuga, Wataru Nishie, Yasuaki Kobayashi, Giacomo Donati, Shotaro Suzuki, Yu Fujimura, Tadasuke Tsukiyama, Hideyuki Ujiie, Satoru Shinkuma, et al. Type XVII collagen coordinates proliferation in the interfollicular epidermis. ELIFE. 2017. 6. e26635. 1-24
  • Kanno Y, Mitsui T, Kitta T, Moriya K, Tsukiyama T, Hatakeyama S, Nonomura K. The inflammatory cytokine IL-1β is involved in bladder remodeling after bladder outlet obstruction in mice. Neurourology and urodynamics. 2016. 35. 3. 377-381
もっと見る
MISC (8件):
講演・口頭発表等 (42件):
  • Wnt receptor regulation
    (Wnt研究会2021 2021)
  • 単一遺伝子変異による多段階発がんの起動と完成
    (第79回日本癌学会学術総会 2020)
  • RNF43の遺伝子変異は多段階発がんステップにおいてWntとp53経路の変異を代償する
    (第42回日本分子生物学会年会 2019)
  • 幹細胞特異的ユビキチンリガーゼRNF43の遺伝子変異による多段階発がんステップの起動と完成
    (第78回日本癌学会学術総会 2019)
  • 発がん型変異RNF43はリン酸化により正常ながん抑制因子へ機能回復する
    (第77回日本癌学会学術総会 2018)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 1997 - 2001 九州大学大学院 病理系病理学専攻
  • 1995 - 1997 明治大学大学院 農学専攻
  • 1991 - 1995 明治大学 農学科 動物生産学専修
学位 (3件):
  • 医学博士 (九州大学)
  • 農学修士 (明治大学)
  • 農学士 (明治大学)
経歴 (7件):
  • 2017/04 - 現在 北海道大学 大学院医学研究院 助教
  • 2007/04 - 2017/03 北海道大学 大学院医学研究科 助教
  • 2005/04 - 2006/03 北海道大学 大学院医学研究科 助手
  • 2005/03 - 2005/03 米国国立癌研究所 客員研究員
  • 2003/03 - 2005/02 米国国立衛生研究所 補足客員研究員
全件表示
受賞 (2件):
  • 2021/02 - 北海道大学大学院医学研究院 優秀論文賞
  • 2015/12 - 公益財団法人 日本膵臓病研究財団 膵臓病研究奨励賞
所属学会 (3件):
日本生化学会 ,  日本癌学会 ,  日本分子生物学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る