研究者
J-GLOBAL ID:201301059666482919   更新日: 2020年09月29日

村田 史郎

ムラタ シロウ | Shiro Murata
所属機関・部署:
職名: 助教
研究分野 (6件): 獣医学 ,  獣医学 ,  獣医学 ,  獣医学 ,  獣医学 ,  獣医学
研究キーワード (3件): 腫瘍 ,  ウイルス学 ,  感染免疫
競争的資金等の研究課題 (15件):
  • 2020 - 2023 腸管細胞膜タンパク質を標的としたウイルスベクターの応用による抗ワクモワクチン開発
  • 2020 - 2023 鶏の外部寄生虫を種横断的に防除する”ユニバーサル”ワクチン候補分子の探索
  • 2019 - 2022 伴侶動物における腫瘍横断的治療法の新規実用化のための実証研究
  • 2018 - 2021 ワクチン抗原を分泌する組換えマレック病ウイルスを用いたワクモ防除法の開発
  • 2017 - 2020 国内におけるマレック病ウイルスの従来と異なる病原性進化機構の解明と制御法への応用
全件表示
論文 (79件):
  • Fujisawa S, Murata S, Isezaki M, Oishi E, Taneno A, Maekawa N, Okagawa T, Konnai S, Ohashi K. Transcriptome dynamics of blood-fed and starved poultry red mites, Dermanyssus gallinae. Parasitol Int. 2020. 102156-102156
  • Sajiki Y, Konnai S, Ochi A, Okagawa T, Githaka N, Isezaki M, Yamada S, Ito T, Ando S, Kawabata H, et al. Immunosuppressive Effects of Sialostatins L and L2 Isolated from the Taiga Tick Ixodes persulcatus Schulze. Ticks Tick born Dis. 2020. 11. 2. 101332.
  • Hiroto Takeuchi, Satoru Konnai, Naoya Maekawa, Erina Minato, Atsushi Kobayashi, Tomohiro Okagawa, Shiro Murata, Kazuhiko Ohashi. Expression Analysis of Canine CMTM6 and CMTM4 as Potential Regulators of the PD-L1 Protein in Canine Cancers. Front Vet Sci. 2020
  • Goto S, Konnai S, Hirano Y, Kohara J, Okagawa T, Maekawa N, Sajiki Y, Watari K, Minato E, Kobayashi A, et al. Upregulation of PD-L1 expression by prostaglandin E2 and the enhancement of IFN-γ by anti-PD-L1 antibody combined with a COX-2 inhibitor in Mycoplasma bovis infection. Front Vet Sci. 2020
  • Goto S, Konnai S, Hirano Y, Kohara J, Okagawa T, Maekawa N, Sajiki Y, Watari K, Minato E, Kobayashi A, et al. Clinical efficacy of the combined treatment of anti-PD-L1 rat-bovine chimeric antibody with a COX-2 inhibitor in calves infected with Mycoplasma bovis. Jpn J Vet Res. 2020
もっと見る
MISC (141件):
  • 今内 覚, 後藤伸也, 岡川朋弘, 前川直也, 村田 史郎, 大橋和彦. ウシマイコプラズマ感染症における免疫疲弊化. 日本マイコプラズマ学会雑誌. 2019. 46. 31-33
  • 今内 覚, 岡川朋弘, 前川直也, 村田史郎, 大橋和彦. ダニ研究の最前線とダニ媒介性感染症制御の可能性を探る: 病原体伝播に関わるマダニ因子 〜マダニ唾液中の免疫抑制因子〜. Med. Entomol. Zool. 2019. 70. 4. 189-197
  • 竹内寛人, 前川直也, 今内覚, 高木哲, 細谷謙次, 賀川由美子, 岡川朋弘, 鈴木定彦, 鈴木定彦, 山本啓一, et al. 免疫チェックポイント分子Programmed death-ligand 1(PD-L1)を標的とする抗体薬による免疫療法が奏功した肺転移のある口腔内悪性黒色腫の犬の1例. 北海道獣医師会雑誌. 2019. 63. 8. 343
  • 茅先史, 今内覚, 久保田学, 岡川朋弘, 佐治木大和, 渡慧, 小原潤子, 前川直也, 村田史郎, 大橋和彦. ロタウイルス実験感染子牛モデルを用いた3.5倍発酵代用乳の腸炎抑制効果の検証. 北海道獣医師会雑誌. 2019. 63. 8. 302
  • 今内覚, 岡川朋弘, 前川直也, 中島千絵, 中島千絵, 鈴木定彦, 鈴木定彦, 山本啓一, 山本啓一, 戸田幹洋, et al. 免疫学的解析を基盤とした動物用創薬研究. 臨床獣医. 2019. 37. 3. 37-41
もっと見る
書籍 (2件):
  • 感染症の生態学
    共立出版 2016
  • Ducks: Habitat, Behavior, and Diseases
    Nova Science Publishers 2013
講演・口頭発表等 (14件):
  • Transcriptome analysis in blood-fed and starved poultry red mites, Dermanyssus gallinae
    (The 4th International Symposium on Parasite Infections in Poultry, Vieena 2019)
  • Cysteine protease and ferritin 2 as vaccine antigens to control poultry red mites, Dermanyssus gallinae
    (The 4th International Symposium on Parasite Infections in Poultry, Vienna 2019)
  • マレック病に関する最近の知見について -日本に分布するマレック病ウイルスの性状
    (鶏病研究会佐賀県支部鶏病技術研修会 2019)
  • 抗ワクモワクチン開発に向けた試み
    (第284回鶏病事例検討会 2018)
  • Molecular detection of Marek’s disease virus in poultry farms in Myanmar
    (The 12th International Symposium on Marek's Disease and Avian Herpesviruses 2018)
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 2008 北海道大学 大学院獣医学研究科
  • - 2004 北海道大学 獣医学部
学位 (1件):
  • 博士(獣医学) (北海道大学)
経歴 (2件):
  • 2010/03 - 現在 北海道大学大学院獣医学研究科 助教
  • 2008/04 - 2010/02 農林水産省動物検疫所
所属学会 (1件):
日本獣医学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る