研究者
J-GLOBAL ID:201301060205029188   更新日: 2019年12月25日

金村尚彦

カネムラ ナオヒコ | Naohiko Kanemura
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): http://kaken.nii.ac.jp/d/r/20379895.ja.html
研究分野 (1件): リハビリテーション科学・福祉工学
研究キーワード (30件): 運動 ,  廃用 ,  老化 ,  老齢 ,  バランス運動 ,  感覚機能 ,  末梢神経 ,  走行運動 ,  機械受容器 ,  バランス ,  保存療法 ,  動物モデル ,  横隔膜筋電図 ,  軸索の可塑性 ,  関節制動 ,  姿勢制御能力 ,  転倒 ,  MMP-13 ,  時間帯 ,  シナプス ,  ラット ,  神経棘の可塑性 ,  高齢者 ,  理学療法 ,  加齢 ,  学習 ,  膝前十字靭帯 ,  呼吸応答 ,  前十字靱帯 ,  ダルタミン酸受容体
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • 2018 - 2021 膝前十字靱帯損傷における関節動揺の安定化と神経機能回復過程の解明
  • 2012 - 2014 走行・バランス運動による老化中枢神経活性化プロセスの解明
  • 2009 - 2011 老齢と廃用による膝関節の感覚機能低下を回復させる運動の賦活作用
  • 2006 - 2007 走行・バランス運動が老齢足底皮膚に存在する機械受容器と抹消神経に与える影響
論文 (28件):
  • Sonoo M, Iijima H, Kanemura N. Altered sagittal plane kinematics and kinetics during sit-to-stand in individuals with knee osteoarthritis: A systematic review and meta-analysis. Journal of biomechanics. 2019. 96. 109331
  • Oka Y, Murata K, Kano T, Ozone K, Arakawa K, Kokubun T, Kanemura N. Impact of Controlling Abnormal Joint Movement on the Effectiveness of Subsequent Exercise Intervention in Mouse Models of Early Knee Osteoarthritis. Cartilage. 2019. 1947603519885007
  • Hirata K, Hanawa H, Miyazawa T, Kubota K, Sonoo M, Kokubun T, Kanemura N. Adaptive changes in foot placement for split-belt treadmill walking in individuals with stroke. Journal of electromyography and kinesiology : official journal of the International Society of Electrophysiological Kinesiology. 2019. 48. 112-120
  • Kenji Murata Takanori Kokubun Kiyomi TakayanagiNaohiko Kanemura. Restoring knee joint kinematics after anterior cruciate ligament injury might inhibit synovial membrane inflammation. Sport Sciences for Health. 2019. 15. 1. 249-253
  • Suzuki T, Suzuki M, Kanemura N, Hamaguchi T. Differential Effect of Visual and Proprioceptive Stimulation on Corticospinal Output for Reciprocal Muscles. Frontiers in integrative neuroscience. 2019. 13. 63
もっと見る
MISC (152件):
  • 村田健児 国分貴徳 金村尚彦. 関節不安定性が関節構成体に及ぼすメカノセンシング. 月刊 細胞. 2019. 13. 51. 32-34
  • 塙 大樹, 平田 恵介, 宮澤 拓, 渡邉 孝志, 濱野 祐樹, 青木 健太, 国分 貴徳, 金村 尚彦. 慢性期脳卒中患者の立ち上がり動作における腰関節モーメント減少と体幹運動との関連. 理学療法-臨床・研究・教育. 2019. 26. 1. 16-22
  • 久保田 圭祐, 園尾 萌香, 喜多 俊介, 塙 大樹, 平田 恵介, 藤野 努, 国分 貴徳, 金村 尚彦. 変形性膝関節症者における筋シナジーと静・動的評価指標との関連性. 理学療法-臨床・研究・教育. 2019. 26. 1. 23-28
  • 藤野 努, 金村 尚彦, 国分 貴徳, 園尾 萌香, 久保田 圭祐, 平田 恵介, 塙 大樹, 小林 章, 高柳 清美. 体幹拘束による歩行時足部軌道制御と多関節協調性の変化. 理学療法-臨床・研究・教育. 2019. 26. 1. 42-47
  • 平田 恵介, 塙 大樹, 宮澤 拓, 江連 亜弥, 久保田 圭祐, 園尾 萌香, 藤野 努, 国分 貴徳, 金村 尚彦. 脳卒中片麻痺者と健常人のsplit-belt treadmillでの歩行適応時における床反力推進成分の変化. 理学療法-臨床・研究・教育. 2019. 26. 1. 48-54
もっと見る
書籍 (7件):
  • 理学療法研究の進めかた-基礎から学ぶ研究のすべて
    文光堂 2014 ISBN:4830645040
  • 運動器疾患の病態と理学療法
    医歯薬出版 2015 ISBN:4263219473
  • 運動器系解剖学テキスト (シンプル理学療法学・作業療法学シリーズ)
    南江堂 2015 ISBN:4524262032
  • 運動器障害理学療法学テキスト(改訂第2版) (シンプル理学療法学シリーズ)
    南江堂 2016 ISBN:4524257233
  • 極める大腿骨骨折の理学療法 (臨床思考を踏まえる理学療法プラクティス)
    文光堂 2017 ISBN:4830645520
もっと見る
講演・口頭発表等 (21件):
  • 変形性膝関節症罹患者の歩行時の内部股関節外転モーメントが外部膝関節内反
    (第48回日本理学療法学術大会.名古屋市)
  • ラット膝前十字靭帯の治癒過程におけるCollagen type1・3mRNA の発現動態
    (第48回日本理学療法学術大会.名古屋市 2013)
  • The Effect of Exercise on the histological analysis in the
    (Experimantal Biology,20-24,April,2013,Boston,USA 2013)
  • Exercise on a moving platform elicits different gene expressionof neurotrophins and receptors in the spinal cord of aged rats
    (2013)
  • ラット脊髄におけるグリア細胞株由来栄養因子-受容体mRNA 発現量に対するバランス運動の影響
    (第48回日本理学療法学術大会(名古屋) 2013)
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(保健学)
経歴 (4件):
  • 2004/04 - 2007/03 広島大学大学院保健学研究科 助手
  • 2007/04 - 2008/03 広島大学大学院保健学研究科 助教
  • 2008/04 - 2012/03 埼玉県立大学 講師
  • 2012/04 - 2016/03 埼玉県立大学 准教授
所属学会 (4件):
北米整形外科基礎学会 ,  日本理学療法士協会 ,  北米神経科学学会 ,  日本解剖学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る