研究者
J-GLOBAL ID:201301061128983082   更新日: 2020年10月27日

種市 豊

タネイチ ユタカ | TANEICHI YUTAKA
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (4件): 商学 ,  動物生産科学 ,  経営学 ,  経営学
研究キーワード (8件): 地域循環型 ,  流通 ,  小ロット ,  物流 ,  企業経営 ,  消費経済 ,  農業市場論 ,  農産物流通
競争的資金等の研究課題 (13件):
  • 2020 - 2022 安定したサプライチェーンを実現するための畑地かんがいを利用したスマート農業技術による生育環境制御及びkintoneを活用した生産・加工・物流の一元管理体系の実証
  • 2019 - 2021 異業種共配による小ロット末梢流通体系の成立要件の解明
  • 2018 - 2021 「売れる麦を核とする中山間水田輪作体系における収益力強化と省力化の実証」
  • 2015 - 2020 果実新形質の経済性評価とマーケティング手法の策定
  • 2018 - 2019 農山村における物流の持続可能性に関する企業行動の解明
全件表示
論文 (34件):
  • 宮井浩志・種市豊. 機能性を表示した生鮮食品の消費者評価の現状と課題-国産カンキツ類に 関する消費者webアンケート調査から-. 消費経済研究. 2020. 41. 25-39
  • 種市豊, 宮井浩志. 食品産業における新技術導入の課題に関する一考察-食品産業からみた酵素 剥皮技術の導入と課題に焦点をあてて-. 消費経済研究. 2020. 41. 3-12
  • 種市豊. 【書評論文】農業市場学会編『農産物・食品の市場と流通』. フロンティア農業経済研究. 2020. 22. 2. 25-27
  • 大室健治・吉岡藤治・石川直幸・高橋肇・種市豊. もち麦消費者の消費行動. 農業経営研究. 2020. 57. 55-60
  • 橋本芙奈, 種市 豊. 養鶏業における国産子実トウモロコシの 利活用と継続性に関する研究 -「地域利用型」と「遠隔地利用型」に焦点をあてて-. 東Asia 企業経営研究. 2019. 11. 77-91
もっと見る
MISC (42件):
  • 種市 豊. 小売店訪問 トレスF.B.C. 果実日本. 2020. 75. 8. 5-7
  • 種市豊. 広域産地間連携によるトマト産地の取り組み~「山口あぶトマト」を事例として~. 野菜情報7月号. 2020. 196. 36-44
  • 種市 豊. ブックガイド EU青果農協の組織と戦略. 農業と経済. 2020. 86. 6. 105-105
  • 種市 豊. 小売店訪問 南国フルーツ TOKIO岩田屋久留米店. 果実日本. 2019. 74. 12. 5-7
  • 種市 豊. 小売店訪問 たなかフルーツ. 果実日本. 2019. 74. 8. 5-7
もっと見る
書籍 (4件):
  • フードバンクの多様性とサプライチェーンの進化(日本農業市場学会研究叢書19)
    筑波書房 2019
  • 地域産業の経営革新 : 中小企業の活性化と地域創生 : 日本企業経営学会20周年記念
    税務経理協会 2018 ISBN:9784419065805
  • 加工・業務用青果物における生産と流通の展開と展望(日本農業市場学会叢書)
    筑波書房 2017 ISBN:9784811905112
  • カットフルーツのサプライチェーンに関する研究 -国産りんごの加工仕向け拡大へ向けて-食料供給プロジェクト【品目別】研究資料 第1号
    農林水産政策研究所 2015
講演・口頭発表等 (23件):
  • 養鶏業における資源循環型畜産の課題-山口県と鳥取県の取組に焦点をあててー
    (日本流通学会九州部会(遠隔開催) 2020)
  • 日本農業市場学会 2020 年度大会(北海道大学:リモート参加) 大会シンポジウム 物流危機と農産物・食品流通の転換 :第三報告 過疎地・農山村における農産物・食品の配送対応の現状
    (日本農業市場学会 2020)
  • 資源循環型畜産におけ る国産濃厚飼料利活用の課題
    (日本企業経営学会 第 59 回研究大会(岡山大会) 2019)
  • 余剰青果物における利 活用の多様化と課題
    (日本企業経営学会 第 59 回研究大会(岡山大会) 2019)
  • 人手不足下における農産物輸送の再構築
    (第四回「地域のニーズに応える山口ブランド食材・食品の企画および産業化(山口食2プロジェクト)のネットワークの構築を目指した交流会」 2019)
もっと見る
学歴 (4件):
  • 2006 - 2009 東京農工大学連合大学院
  • 1998 - 2000 日本大学大学院 農業経済学専攻(博士前期課程)
  • 1994 - 1998 日本大学
  • 1991 - 1994 札幌日本大学高等学校
学位 (1件):
  • 博士(農学) (東京農工大学)
経歴 (4件):
  • 2016/04 - 現在 山口大学 大学院創成科学研究科農学系学域 准教授
  • 2014/04 - 2016/03 山口大学 農学部 生物資源環境科学科 准教授
  • 2012/04 - 2014/03 東大阪大学 こども学部アジアこども学科 講師
  • 2000/04 - 2012/03 社団法人 農協流通研究所 調査研究部 研究員
委員歴 (10件):
  • 2020 - 現在 中部農業経済学会 理事
  • 2019/05 - 現在 独立行政法人農畜産業振興機構(alic) 専門調査員
  • 2016/08 - 現在 地域農林経済学会 理事
  • 2016/04 - 現在 山口市食料・農業・農村振興プラン委員会 会長
  • 2014/08 - 現在 山口県農業会議所 委員
全件表示
受賞 (1件):
  • 2018/12 - 日本企業経営学会 研究奨励賞
所属学会 (9件):
地域農林経済学会 ,  畜産経営経済研究会 ,  日本農業経済学会 ,  日本農業市場学会 ,  日本消費経済学会 ,  日本企業経営学会 ,  日本流通学会 ,  日本中小企業学会 ,  日本畜産学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る