研究者
J-GLOBAL ID:201301062191067823   更新日: 2021年10月26日

長迫 実

ナガサコ マコト | Nagasako Makoto
所属機関・部署:
職名: 助手
ホームページURL (2件): https://aem-www.imr.tohoku.ac.jphttp://www.imr.tohoku.ac.jp/en/about/divisions-and-centers/service-divisions/03.html
研究分野 (1件): 構造材料、機能材料
研究キーワード (10件): 透過電子顕微鏡 ,  形状記憶合金 ,  組織制御 ,  Martensite Tranformation ,  Shape memory alloys ,  構造解析 ,  Phase Transformation ,  Micro structure Control of Materials ,  マルテンサイト変態 ,  相変態
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • 2000 - 2006 形状記憶合金
  • 2003 - 2005 高温型形状記憶合金
  • 2003 - 2005 High temperture shape memory alloys
  • 2000 - Shape Memory Alloys
論文 (55件):
MISC (20件):
もっと見る
講演・口頭発表等 (3件):
  • Ni-Ir-Al-W系におけるγ'相を含む相平衡と機械的特性
    (日本金属学会第155回講演大会 2014)
  • NiMn-NiZn擬二元系合金における反強磁性誘起相分離
    (日本金属学会第155回講演大会 2014)
  • Positive and negative two-way shape memory effect in NiTi alloys
    (International Conference on Martensitic Transformations 2014 2014)
学歴 (2件):
  • - 2006 熊本大学 生産システム工学専攻
  • - 2003 熊本大学 材料システム専攻
学位 (1件):
  • 工学 (Kumamoto University)
受賞 (2件):
  • 2017/03/15 - 公益社団法人 日本金属学会 金属組織写真優秀賞 Ni<SUB>50</SUB>Mn<SUB>20</SUB>In<SUB>30</SUB>ホイスラー合金における逆位相界面での偏析現象
  • 2015/11 - 日本銅学会 伸銅技術研究会技術論文賞 コンビナトリアル法を利用した高強度・高導電性Cu-Ni-Al合金の探索
所属学会 (4件):
日本顕微鏡学会 ,  日本金属学会 ,  The Iron and Steel Insitutue of Japan ,  The Japan Institute of Metals
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る