研究者
J-GLOBAL ID:201301065432183306   更新日: 2020年08月31日

友枝 恭子

トモエダ キョウコ | Kyoko Tomoeda
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (1件): http://kaken.nii.ac.jp/d/r/90611898.ja.html
研究分野 (2件): 応用数学、統計数学 ,  数学基礎
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 2018 - 2021 斜面の状態効果がもたらす懸濁液ダイナミクスの数学解析
  • 2017 - 固液二相流の現象解明に向けた数学的考察とその周辺
  • 2012 - 2016 液膜流の長波近似に関する数学的考察
論文 (9件):
  • Kaname Matsue, Kyoko Tomoeda. Toward a mathematical analysis for a model of suspension flowing down an inclined plane. Proceedings of Equadiff 2017 Conference. 2017. 349-358
  • Yohei Sasaki, Yoshiaki Teramoto, Kyoko Tomoeda. Two dimensional viscous free surface flow down an inclined plane. 北海道大学数学講究録. 2015. 164. 45-49
  • Yoshiaki Teramoto, Kyoko Tomoeda. On a linearized system arising in the study of viscous surface flow down an inclined plane. Annali dell'Universita di Ferrara. 2014. 60. 1. 289-306
  • Yoshiaki Teramoto, Kyoko Tomoeda. Optimal Korn's inequality for solenoidal vector fields on a periodic slab. PROCEEDINGS OF THE JAPAN ACADEMY SERIES A-MATHEMATICAL SCIENCES. 2012. 88. 10. 168-172
  • Kyoko Tomoeda. Local Analyticity in the Time and Space Variables and the Smoothing Effect for the Fifth-Order KdV-Type Equation. ADVANCES IN MATHEMATICAL PHYSICS. 2011. 2011. 1-39
もっと見る
MISC (6件):
  • 松江要, 友枝恭子. 懸濁液の数学解析~先端付近で生じる隆起現象~. 2017年度応用数学合同研究集会予稿集. 2017
  • 友枝 恭子. Czech-Japanese-Polish Seminar in Applied Mathematics2016 “ポーランドの京都”にある地下約100メートルの世界. JSIAM Online Magazine. 2016
  • 松江 要, 友枝 恭子. 単一粒子の懸濁液の数学解析に向けて:衝撃波・希薄波と双曲性. 2016年度応用数学合同研究集会報告集. 2016. 454-457
  • 寺本 惠昭, 友枝 恭子. 斜面を流れる非圧縮粘性流体の安定な定常解に関するレイノルズ数の範囲について. 2015年度応用数学合同研究集会報告集. 2015. 332-333
  • 東武大, 小林俊公, 中津了勇, 島田伸一, 寺本惠昭, 友枝恭子. 摂南大学理工学部における数学教育とEMaTへの取組み. 平成27年度工学教育研究講演会講演論文集. 2015. 63. 438-439
もっと見る
講演・口頭発表等 (20件):
  • 斜面を流下する懸濁液の数学解析~空間3 次元的に考えてみる~
    (数学と現象 in 山中湖 2019)
  • Mathematical analysis of suspension flowing down an inclined plane particle-rich ridge near the contact line
    (Workshop on scientific computing 2019 2019)
  • Toward a mathematical analysis for a model of suspension flowing down an inclinedplane
    (ANZIAM 2019 2019)
  • 斜面を流下する懸濁液の数学解析 ∼ 斜面の状態による影響も考えたい ∼
    (研究集会「数学と現象 in 長瀞」 2018)
  • 懸濁液の数学解析〜先端付近で生じる隆起現象〜
    (日本応用数理学会 2018年 研究部会連合発表会 2018)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2007 - 2010 奈良女子大学大学院 複合現象科学専攻 (博士後期課程)
  • 2005 - 2007 奈良女子大学大学院 数学専攻 (博士前期課程)
  • 2001 - 2005 奈良女子大学 数学科
学位 (1件):
  • 博士(理学) (奈良女子大学)
経歴 (5件):
  • 2019/04 - 現在 摂南大学理工学部 住環境デザイン学科(基礎理工学機構 兼務) 准教授
  • 2018/04 - 2019/03 摂南大学理工学部 住環境デザイン学科(基礎理工学機構 兼務) 講師
  • 2012/04 - 2018/03 摂南大学理工学部 基礎理工学機構 講師
  • 2011/04 - 2012/03 京都大学 数理解析研究所 研究員
  • 2010/04 - 2012/03 摂南大学 非常勤講師
委員歴 (2件):
  • 2020/04 - 現在 学会誌「応用数理」インダストリアルマテリアルズ部門 主査
  • 2019/04 - 現在 学会誌「応用数理」編集委員
所属学会 (3件):
日本応用数理学会 ,  日本工学教育協会 ,  日本数学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る