研究者
J-GLOBAL ID:201301065456110008   更新日: 2020年08月31日

早川 敦

ハヤカワ アツシ | Atsushi Hayakawa
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (1件): http://kaken.nii.ac.jp/d/r/10450280.ja.html
研究分野 (2件): ランドスケープ科学 ,  環境農学
研究キーワード (12件): 地下水 ,  微生物生態 ,  森林流域 ,  農業 ,  流域 ,  リン循環 ,  生物地球化学 ,  パイライト ,  亜酸化窒素 ,  硫黄脱窒 ,  脱窒 ,  窒素循環
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 2014 - 2016 海に面した富栄養湖流域における元素分布と微生物代謝に基づく元素循環のカップリング
  • 2011 - 2013 硫黄高含有生態系における硫黄脱窒による窒素循環と硫黄循環のリンク
  • 2009 - 2010 黄鉄鉱含有鉱山地帯の渓流域における窒素流出特性
論文 (29件):
  • Chunying Wang, Rui Jiang, Laurie Boithias, Sabine Sauvage, Jose-Miguel Sanchez-Perez, Xiaomin Mao, Yuping Han, Atsushi Hayakawa, Kanta Kuramochi, Ryusuke Hatano. Assessing potassium environmental losses from a dairy farming watershed with the modified SWAT model. AGRICULTURAL WATER MANAGEMENT. 2016. 175. 91-104
  • Atsushi Hayakawa, Satomi Ikeda, Ryoko Tsushima, Yuichi Ishikawa, Shin Hidaka. Spatial and temporal variations in nutrients in water and riverbed sediments at the mouths of rivers that enter Lake Hachiro, a shallow eutrophic lake in Japan. CATENA. 2015. 133. 486-494
  • Rui Jiang, Chun-ying Wang, Ryusuke Hatano, Kanta Kuramochi, Atsushi Hayakawa, Krishna P. Woli. Factors controlling the long-term temporal and spatial patterns of nitrate-nitrogen export in a dairy farming watershed. ENVIRONMENTAL MONITORING AND ASSESSMENT. 2015. 187. 4
  • Sonoko Dorothea Bellingrath-Kimura, Ayaka Wenhong Kishimoto-Mo, Noriko Oura, Seiko Sekikawa, Seichiro Yonemura, Shigeto Sudo, Atsushi Hayakawa, Kazunori Minamikawa, Yusuke Takata, Hiroshi Hara. Differences in the Spatial Variability Among CO2, CH4, and N2O Gas Fluxes from an Urban Forest Soil in Japan. AMBIO. 2015. 44. 1. 55-66
  • Chunying Wang, Rui Jiang, Xiaomin Mao, Sabine Sauvage, Jose-Miguel Sanchez-Perez, Krishna P. Woli, Kanta Kuramochi, Atsushi Hayakawa, Ryusuke Hatano. Estimating sediment and particulate organic nitrogen and particulate organic phosphorous yields from a volcanic watershed characterized by forest and agriculture using SWAT model. ANNALES DE LIMNOLOGIE-INTERNATIONAL JOURNAL OF LIMNOLOGY. 2015. 51. 1. 23-35
もっと見る
MISC (3件):
書籍 (3件):
  • 森林と物質循環
    共立出版 2018
  • リンの事典
    朝倉書店 2017
  • 川の蛇行復元-水理・物質循環・生態系からの評価-
    技報堂出版 2011
学歴 (1件):
  • - 2006 北海道大学大学院農学研究科 博士課程 博士(農学)
学位 (1件):
  • 博士(農学) (北海道大学)
経歴 (3件):
  • 2013/04 - 現在 秋田県立大学 生物資源科学部 准教授
  • 2009/01 - 2013/03 秋田県立大学 生物資源科学部 助教
  • 2006/09 - 2008/12 独立行政法人 農業環境技術研究所 物質循環研究領域 農環研特別研究員
委員歴 (7件):
  • 2018/04 - 現在 日本土壌肥料学会 土壌教育委員会委員
  • 2017/04 - 現在 大潟村大潟地域農地・水・環境保全管理協定運営委員会 委員
  • 2015/09 - 現在 日本土壌肥料学会 第8部門副部門長
  • 2015/04 - 2017/03 秋田県八郎湖研究会特別検討会 委員長
  • 2016 - 2016 秋田県八郎湖第2期水質保全計画 中間評価委員
全件表示
受賞 (1件):
  • 2016/04 - 日本土壌肥料学会 第34回日本土壌肥料学会奨励賞 流域の窒素,リンおよび硫黄の生物地球化学循環に関する研究
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る