研究者
J-GLOBAL ID:201301066296386997   更新日: 2020年08月06日

渡辺 拓人

ワタナベ タクト | Takuto Watanabe
所属機関・部署:
研究分野 (1件): 英語学
研究キーワード (1件): 英語史 英語学
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • 2019 - 2023 近接未来表現カテゴリーの創発における競合と消失に関する実証的研究
  • 2019 - 2022 近接未来表現カテゴリーの創発における競合と消失に関する実証的研究
  • 2016 - 2019 近代英語期における近接未来表現カテゴリーの創発に関する実証的研究
  • 2016 - 2019 近代英語期における近接未来表現カテゴリーの創発に関する実証的研究
論文 (15件):
  • 渡辺拓人. 近代英語における未来を指す時間節での直説法現在形の拡大. 商学論究. 2020. 67. 4. 165-176
  • 渡辺拓人. [書評]Fujio Nakamura(2016)Unveilling ‘Rare’ Usages in the History of English. 近代英語研究. 2019. 35. 167-174
  • Watanabe, Takuto. Be on the point of -ing and its variant forms in Early Modern English. JELS. 2019. 36. 302-307
  • 渡辺拓人. To raise one’s eyes in Old and Middle English. A Chronological and Comparative Study of Body Language in English and American Literature. 2018. 1-21
  • 渡辺拓人. 近代英語期訳聖書における未来表現の変遷-ギリシア語迂言未来表現μέλλω+ inf.の訳語を通じて. 近代英語研究. 2016. 32. 41-65
もっと見る
学位 (1件):
  • 修士(言語文化学) (大阪大学)
委員歴 (2件):
  • 2018/04 - 現在 英語コーパス学会 大会企画委員
  • 2017/04 - 2019/03 中世英語英文学会 書記
受賞 (5件):
  • 2016/06 - 近代英語協会 2016年度優秀学術奨励賞
  • 2012/11 - 日本英語学会 2012年度日本英語学会新人賞
  • 2012/11 - 日本英語学会 2012年度新人賞
  • 2012/04 - 日本英語学会 2011年度English Linguistics研究奨励賞
  • 2012/04 - 日本英語学会 2011年度EL研究奨励賞
所属学会 (4件):
英語コーパス学会 ,  近代英語協会 ,  日本中世英語英文学会 ,  日本英語学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る