研究者
J-GLOBAL ID:201301067871885182   更新日: 2021年06月05日

磯 直樹

イソ ナオキ | ISO Naoki
所属機関・部署:
職名: 訪問研究員(日本学術振興会特別研究員RPD)
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
  • 東京藝術大学  社会連携センター   リサーチ・アドミニストレーター(URA)
研究分野 (3件): 思想史 ,  地域研究 ,  社会学
研究キーワード (13件): ピエール・ブルデュー ,  社会調査 ,  社会思想史 ,  フランス ,  都市 ,  比較社会学 ,  エスノグラフィ ,  リフレクシヴィティ ,  不平等 ,  武道 ,  国家 ,  文化 ,  社会学
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 2019 - 2024 「<善く生きる>ための社会学の基盤構築」
  • 2020 - 2023 信用スコアの受容に関する社会学的研究
  • 2019 - 2022 現代日本の文化資本と社会空間
  • 2017 - 2020 「東京における文化と不平等に関する社会学的研究:社会調査に基づく理論構築」
  • 2016 - 2019 「多文化社会における社会統合と社会分化:パリ周辺地域における社会的境界再編成の研究」
全件表示
論文 (17件):
  • 磯直樹. Bourdieusian Self-Analyses as a Japanese Sociologist. Sociologia e Ricerca Sociale. 2021. 124. 1
  • 磯直樹. 新自由主義的性向と文化資本:社会意識空間の構築. 江戸川大学紀要. 2021. 31. 1-10
  • 吉野浩司, 吉田耕平, 磯直樹, 梅村麦生. 〈善く生きる〉ための社会学の系譜:スラヴ地域からの亡命知識人が残した遺産と展望. 長崎ウエスレヤン大学現代社会学部紀要. 2020. 19. 1. 53-72
  • 磯 直樹. La culture légitime et la distinction dans le Japon contemporain(現代日本の正統文化と卓越化). Recherches sociologiques et anthropologiques. 2020. 51. 1. 61-77
  • 磯直樹. Points de vue sur l'Algérie : la réception des travaux de Frantz Fanon et Pierre Bourdieu au Japon (アルジェリアをめぐる複数の観点:日本におけるファノンとブルデューの受容). المصادر (Maçadir). 2020. 17. 1. 309-315
もっと見る
MISC (11件):
  • 磯直樹. 書評: 小林盾 編『嗜好品の社会学:統計とインタビューからのアプローチ 』. 社会学評論. 2021
  • 磯直樹. 書評:小澤浩明著『ブルデューの教育社会学理論:教育システムと社会階級・社会秩序の再生産と変革の理論』. 週刊読書人. 2021
  • 磯直樹. 植民地帝国と柔道 -フランスを知る手がかりとして-. 中央大学総合政策学部 ドイツ語・フランス語研究室. 2021
  • 磯直樹. 「人種は存在しない、あるのはレイシズムだ」という重要な考え方. 現代ビジネス. 2020
  • 磯 直樹. ピエール・ブルデュー--対象化する主体の対象化. 社会と調査. 2017. 19
もっと見る
書籍 (10件):
  • 『キーコンセプト社会学』(翻訳)
    ミネルヴァ書房 2021 ISBN:9784623089284
  • Dictionnaire International Bourdieu
    CNRS Éditions 2020 ISBN:9782271082039
  • 『現代フランス哲学入門』
    ミネルヴァ書房 2020
  • 『認識と反省性:ピエール・ブルデューの社会学的思考』
    法政大学出版局 2020
  • 『再帰的=反省社会学の地平』
    東信堂 2017 ISBN:9784798914589
もっと見る
講演・口頭発表等 (31件):
  • Watching TV, Reading, and Cultural Capital in Contemporay Japan
    (The IV ISA Forum of Sociology 2021)
  • A Social Theory of Differentiation and Integration
    (The IV ISA Forum of Sociology 2021)
  • 文化と社会意識の幾何学的データ分析
    (日本社会学会大会 2020)
  • Constructing a Social Space in Contemporary Japan
    (オーストラリア社会学会年次大会 2019)
  • Cultural Practices and the Art Field in Tokyo
    (オーストラリア社会学会年次大会 2019)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 2006 - 2013 一橋大学大学院 総合社会科学専攻 博士後期課程
  • 2007 - 2012 フランス国立社会科学高等研究院
学位 (1件):
  • 博士(社会学) (一橋大学)
経歴 (14件):
  • 2021/06 - 現在 東京藝術大学 社会連携センター リサーチ・アドミニストレーター
  • 2021/04 - 現在 中央大学 総合政策学部 兼任講師
  • 2019/04 - 現在 江戸川大学 非常勤講師
  • 2019/04 - 現在 日本学術振興会 特別研究員(RPD)
  • 2017/04 - 現在 慶應義塾大学 法学部 訪問研究員
全件表示
受賞 (1件):
  • 2021/06 - 日本社会学史学会 奨励賞 『認識と反省性--ピエール・ブルデューの社会学的思考』
所属学会 (5件):
日本社会学理論学会 ,  International Sociological Association ,  日仏社会学会 ,  日本社会学史学会 ,  日本社会学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る