研究者
J-GLOBAL ID:201301068740275598   更新日: 2020年09月01日

土屋 慶子

ツチヤ ケイコ | Tsuchiya Keiko
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (2件): http://www-user.yokohama-cu.ac.jp/~ktsuchiy/wp/http://www-user.yokohama-cu.ac.jp/~ktsuchiy/wp/
研究分野 (2件): 外国語教育 ,  言語学
研究キーワード (7件): 視線分析・アイトラッキング ,  共同行為 ,  マルチモダリティ ,  マルチモーダル・コーパス分析 ,  社会言語学 ,  談話分析 ,  応用言語学
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • 2017 - 2021 注視する目・見つめ合う目:救急医療のマルチモーダル分析国際共同研究
  • 2014 - 2017 大学英語でのCLIL実態調査:多言語主義(マクロ)と談話分析(ミクロ)の視点から
  • 2012 - 2013 Emergency care communication towards patient safety - Comparing interactions in emergency care trainings with a resuscitation mannequin and with a simulated patient
  • 2011 - 2012 英国における医療コミュニケーション教育の実態調査:応用言語学を用いた救急医療コミュニケーション分析研究の事前準備として
論文 (16件):
  • Kyota Nakamura, Takuma Sakai, Takeru Abe, Takeshi Saitoh, Frank Coffe, Andrew MacKenzie, Akira Taneichi, Keiko Tsuchiya. A team leader’s gaze before and after making requests in emergency care simulation: a case study with eye-tracking glasses. BMJ Simulation and Technology Enhanced Learning. 2020. Online first
  • Tsuchiya K, Taneichi A, Nakamura K, Sakai T, Abe T, Saitoh, T. A leader’s request and rapport in emergency care simulation: a multimodal corpus analysis. The Journal of the Japanese Association of Health Communication. 2019. 10. 1. 36-41
  • Tsuchiya, K, Coffey, F, Timmons, S, Atkins, S, Baxendale, B, Adolphs, S. Account sequences in emergency care discourse: Comparing conversations with simulated patients and manikins in training sessions. Journal of Applied Linguistics and Professional Practice. 2019. 12. 1. 72-93
  • Frank Coffey, Keiko Tsuchiya, Stephen Timmons, Bryn Baxendale, Svenja Adolphs, Sarah Atkins. Analysing voice quality and pitch in interactions of emergency care simulation. BMJ Simulation & Technology Enhanced Learning. 2018. 4. 4. 196-200
  • 土屋 慶子. ‘English’ in the Course of the Study documents: a diachronic corpus assisted discourse analysis. Waseda Working Papers in ELF (English as a Lingua Franca). 2018. 7. 65-84
もっと見る
MISC (26件):
  • 土屋慶子. 映画紹介 森のムラブリ:狩猟採集民の語りにみる多層的アイデンティティ. 異文化交流. 2020. 20. 94-97
  • 土屋慶子, 種市瑛, 中村京太, 酒井拓磨, 安部 猛, 齊藤剛史. 救急医療での非言語行為解析のためのチームリーダの視線分析. 電子情報通信学会技術研究報告. 2020. 119. 415. 33-36
  • 土屋 慶子. 英語の教え方を英語で学ぶ!. 佐藤響子, Carl McGary, 加藤千博 編 『大学英語教育の質的転換』. 2019. 143-153
  • 土屋 慶子. 映画紹介 Battle of the Sexes : 映画にみるジェンダーと間ディスコース性. 異文化交流. 2019. 19. 169-171
  • 土屋 慶子. ビジネスで使用される共通語としての英語: 国際英語の発音と言語実践としての媒介行為. 中京英語学. 2018. 1. 1-8
もっと見る
書籍 (7件):
  • English as a lingua franca in Japan : towards multilingual practices
    Palgrave Macmillan 2020 ISBN:9783030332877
  • Content and language integrated learning in Spanish and Japanese contexts : policy, practice and pedagogy
    Palgrave Macmillan 2019 ISBN:9783030274429
  • Corpus linguistics, context and culture
    De Gruyter 2019 ISBN:9783110486728
  • Yearbook of Corpus Linguistics and Pragmatics 2016: Global Implications for Society and Education in the Networked Age
    Springer 2017 ISBN:3319417320
  • Yearbook of Corpus Linguistics and Pragmatics 2015: Current Approaches to Discourse and Translation Studies
    Springer 2016 ISBN:3319368605
もっと見る
講演・口頭発表等 (70件):
  • 救急医療での非言語行為解析のためのチームリーダ ーの視線分析
    (言語理解とコミュニケーション研究会(NLC) 2020)
  • Agencies for joint actions in school and hospital
    (The LEGMC (Language Education in Global and Multilingual Context) 5th Colloquium 2019)
  • 視線解析メガネを用いた救急医療インタラクション分析:チーム・リーダーの視線とコミュニケーション・チャネルの確立
    (第14回 医療の質・安全学会学術集会 2019)
  • 英語模擬授業での学生教師によるトランスランゲージングとマルチモーダリティの使用:指示・説明 行為を中心に
    (第22回 日本語用論学会大会 2019)
  • Sharing multimodal archives for CLIL teacher education: an interdisciplinary and international project.
    (The 6th Integrating Content and Language in Higher Education (ICLHE) Conference 2019 2019)
もっと見る
学歴 (3件):
  • - 2010 ノッティンガム大学
  • - 2006 ノッティンガム・トレント大学
  • - 2001 早稲田大学 英語英文学科
学位 (1件):
  • Ph.D. (ノッティンガム大学)
経歴 (3件):
  • 2017/04 - 現在 横浜市立大学 国際総合科学部 国際文化コース 都市社会文化研究科都市社会文化専攻 准教授
  • 2015/04 - 2017/03 東海大学 国際教育センター 准教授
  • 2012/04 - 2015/03 東海大学 外国語教育センター 講師
受賞 (2件):
  • 2019/09 - 日本ヘルスコミュニケーション学会 優秀演題賞(ポスター部門) 視線解析を用いた救急医療インタラクションのマルチモーダル分析:メンバーの促し行為とリーダーの指示行為
  • 2017 - 大学英語教育学会 大学英語教育学会賞学術出版部門 Exploring ELF in Japanese Academic and Business Context: Conceptualisation, research and pedagogic implications(Routledge, U.K. 2016)
所属学会 (5件):
英国応用言語学会 ,  環太平洋応用言語学会 ,  大学英語教育学会 ,  日本CLIL教育学会 ,  日本ヘルスコミュニケーション学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る