研究者
J-GLOBAL ID:201301069200304757   更新日: 2020年07月10日

加藤 裕康

カトウ ヒロヤス | Kato Hiroyasu
研究分野 (1件): 社会学
論文 (19件):
  • 加藤裕康. そもそもeスポーツとは何か--遊びを共有する楽しさ. 民放. 2019. 563. 4-9
  • 加藤裕康. ビデオゲームはスポーツなのか. 中央公論. 2018. 1618
  • 加藤裕康. ゲームがスポーツになるとき--eスポーツにおける情報と身体. 紀要社会学・社会情報学. 2018. 28. 135-147
  • 加藤裕康. 若者論とオタク論の系譜. 現代風俗学研究. 2014. 15. 3-18
  • 加藤裕康. 初期カルチュラル・スタディーズにおけるサブカルチャーと疎外感ーーホガート、ヘブディジを手がかりとして. 余暇学研究. 2013. 16. 17-28
もっと見る
MISC (15件):
  • 加藤裕康. 「ゲームセンターはオワコン」という大いなる誤解と意外な実態. 現代ビジネス. 2019
  • 加藤裕康. eスポーツが五輪競技になる日 「遊び」の価値見直して. 東京新聞、中日新聞. 2019
  • 加藤裕康. eスポーツ各局が続々進出. 読売新聞. 2019
  • 真鍋陸太郎編集 庄司昌彦 加藤裕康 深沢明日美 菊地映輝 古澤明仁 吉岡有一郎 玉置泰紀. ラウンドテーブル「広域秋葉原とeスポーツの持つ可能性」. 広域秋葉原作戦. 2019. 72-81
  • 加藤裕康. ゲームとスポーツの狭間. ユリイカ 2019年5月号. 2019
もっと見る
書籍 (13件):
  • デジタルゲーム研究入門--レポート作成から論文執筆まで
    2020
  • 多元化するゲーム文化と社会
    ニューゲームズオーダー 2019 ISBN:9784908124303
  • 現代メディア・イベント論--パブリック・ビューイングからゲーム実況まで
    勁草書房 2017 ISBN:9784326654109
  • 〈オトコの育児〉の社会学--家族をめぐる喜びととまどい
    ミネルヴァ書房 2016 ISBN:9784623076840
  • レジャー・スタディーズ
    世界思想社 2015 ISBN:9784790716624
もっと見る
講演・口頭発表等 (35件):
  • テレビゲームからeスポーツへ
    (関西大学総合情報学部講演会 2020)
  • スポーツの近代化とビデオゲーム
    (eスポーツ倫理学研究会ワークショップ 2019)
  • ゲームセンターはオワコンなのか
    (2019)
  • 令和元年のeスポーツ--ゲーセン文化とコミュニティの視点から
    (ゲーム・オブ・ザ・ラウンド 2019)
  • Media mix about music video games of geme center : From the case of 2.5-dimensional idle
    (Replaying Japan 2019)
もっと見る
委員歴 (2件):
  • 2012/07 - 現在 現代風俗研究会・東京の会 編集委員会 編集委員
  • 2008/07 - 2013/03 日本余暇学会 編集委員会 編集委員
受賞 (2件):
  • 2012/12 - 橋本峰雄賞(一般社団法人現代風俗研究会)
  • 2007/03 - 田村紀雄名誉教授退任記念論文 優秀賞(東京経済大学大学院コミュニケーション学研究科)
所属学会 (2件):
現代風俗研究会 ,  社会情報学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る