研究者
J-GLOBAL ID:201301071015693482   更新日: 2018年09月16日

古川 幸

フルカワ サチ | Furukawa Sachi
所属機関・部署:
職名: 助教
ホームページURL (2件): http://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/534fd05e26844a129e5f69886c6e1fa5.htmlhttp://db.tohoku.ac.jp/whois/e_detail/534fd05e26844a129e5f69886c6e1fa5.html
研究分野 (1件): 建築構造、材料
研究キーワード (2件): 耐震工学 ,  建築構造工学
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 2012 - 現在 層中間ピン柱脚接合部のせん断耐力評価
  • 2012 - 現在 鉛直動下における免震建物の機能保持性能評価
  • 2015 - 2016 立ち上げ部を有する露出型柱脚におけるせん断力伝達機構と耐荷機構の実験的検討
論文 (18件):
  • 古川 幸. SHEAR BEHAVIOUR OF CONNECTION BETWEEN STEEL AND REINFORCED CONCRETE MEMBERS ADOPTING A NEW COLUMN BASE SYSTEM ALLOWING THE STEEL MOMENT-RESISTING FRAME TO PERFORM BEAM YIELDING MECHANISM. 8th international conference on Geotechnique, Construction Materials and Environment. 2018
  • 古川 幸. 十字型鋼板を溶接したアンカーボルトによる鋼-RC接合部の側方破壊性状 その1, その2 実験シリーズI. 日本建築学会大会学術講演梗概集. 2018. 1307-1310
  • 古川 幸. 層中間ピン柱脚中低層鉄骨骨組の地震応答に対する修正D値法の適用. 日本建築学会大会学術講演梗概集. 2018. 821-822
  • 古川 幸, 山口貴之, 佐伯英一郎, 施均, 木村祥裕. 密閉ゴム式回転支承を適用した層中間ピン柱脚を有する鋼構造ラーメン骨組の部分架構実験. 日本建築学会技術報告集. 2018. 56
  • Motoko Ando, Sachi Furukawa, Yoshihiro Kimura. DEVELOPMENT OF MODIFIED D-VALUE METHOD TO EVALUATE SEISMIC PERFORMANCE OF LOW TO MID-HIGH STEEL MOMENT RESISTING FRAMES WITH NEW COLUMN SUPPORT SYSTEM REPRESENTED BY FISHBONE-SHAPED MODEL. Proceedings of The 15th East Asis-Pacific Conference on Structural Engineering and Construction (EASEC-15). 2017
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(工学) (京都大学)
所属学会 (2件):
社団法人日本鋼構造協会 ,  日本建築学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る