研究者
J-GLOBAL ID:201301074102093040   更新日: 2020年03月23日

荻野 剛史

オギノ タカヒト | OGINO Takahito
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (1件): http://kaken.nii.ac.jp/d/r/00410861.ja.html
研究分野 (1件): 社会福祉学
研究キーワード (3件): ベトナム難民 ,  ソーシャルワーク ,  かかわり
競争的資金等の研究課題 (5件):
  • 2014 - 2015 滞日難民に対する定住促進支援方法の課題-スウェーデンにおける定住促進支援方法との比較をつうじて
  • 2013 - 2015 「ベトナム難民」の「定住化」促進支援-環境との交互作用促進の支援に焦点化して
  • 2013 - 2015 「ベトナム難民」の「定住化」促進支援-環境との交互作用促進の支援に焦点化して
  • 2010 - 2011 多文化間における「かかわり」促進のためのソーシャルワーク支援の方法
  • 2010 - 2011 多文化間における「かかわり」促進のためのソーシャルワーク支援の方法
論文 (13件):
  • 荻野 剛史. 宮崎県における地域住民によるベトナム難民支援-「ベトナムの家」を中心として. 石井十次資料館研究紀要. 2019. 20. 211-228
  • 荻野剛史. 難民の「統合」に対する促進要因・阻害要因-スウェーデン在住のベトナム難民の経験から. 東洋大学社会学部紀要. 2019. 56. 2. 59-69
  • 荻野剛史. 条約難民に対する統合に向けた公的支援の課題-スウェーデンにおける公的支援との比較をつうじて-. 東洋大学社会学部紀要. 2015. 53. 1. 105-116
  • 荻野剛史. インドシナ難民の生活問題解消に向けた地域支援者によるサポートの特性. 社会福祉学. 2014. 55. 1. 100-112
  • 荻野剛史. 日本における条約難民の定住促進のための公的援助の課題:アメリカにおける公的援助との比較をつうじて. ライフデザイン学研究. 2014. 9. 47-56
もっと見る
書籍 (4件):
  • 世界の社会福祉年鑑2016
    旬報社 2016 ISBN:4845114828
  • 社会福祉学の学位に挑む
    筒井書房 2014 ISBN:4864790434
  • 「ベトナム難民」の「定住化」プロセス 「ベトナム難民」と「重要な他者」とのかかわりに焦点化して
    明石書店 2013 ISBN:4750337447
  • よくわかる社会福祉現場実習
    明石書店 2005
講演・口頭発表等 (3件):
  • 「ベトナム難民」の「定住化」プロセス-「ベトナム難民」と「重要な他者」とのかかわりに焦点化して-
    (日本社会福祉学会第60回秋季大会 2012)
  • 多文化共生社会実現に向けた「かかわり」促進の支援-滞日ベトナム難民の定住プロセスからの検討-
    (第5回東洋大学社会福祉学会大会 2009)
  • 我が国における難民受入と公的支援の変遷
    (日本社会福祉学会第53回全国大会 2005)
学歴 (3件):
  • - 2012 東洋大学大学院社会学研究科社会福祉学専攻博士後期課程修了
  • - 2003 東洋大学大学院社会学研究科社会福祉学専攻博士前期課程修了
  • - 1997 駒澤大学文学部社会学科(社会福祉コース)
学位 (1件):
  • 博士(社会福祉学) (東洋大学)
経歴 (2件):
  • 2013/04 - 2015/03 東洋大学 ライフデザイン学部 助教
  • 2005/04 - 2013/03 愛知みずほ大学 人間科学部 講師
委員歴 (2件):
  • 2008/09 - The Study on Indo-Chinese Refugee in Japan調査員(国連難民高等弁務官事務所駐日事務所)
  • 2006/09 - 災害時の在宅サービス事業者による要援護者への避難支援・安否確認の行動ガイドと支援策についての調査研究事業委員(コミュニティケア研究所)
所属学会 (2件):
日本介護福祉学会 ,  日本社会福祉学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る