研究者
J-GLOBAL ID:201301074843869402   更新日: 2021年10月13日

廣川 聖子

ヒロカワ セイコ | HIROKAWA Seiko
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (1件): http://kaken.nii.ac.jp/d/r/70331486.ja.html
研究分野 (2件): 高齢者看護学、地域看護学 ,  高齢者看護学、地域看護学
研究キーワード (5件): 訪問支援 ,  自殺予防 ,  プライマリケア ,  うつ病 ,  早期介入
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • 2020 - 2024 自殺の対人関係理論に基づいた高齢者への訪問型自殺予防プログラムの開発
  • 2015 - 2020 自殺未遂歴がある精神科訪問看護利用者を対象とした自殺予防支援プログラムの開発
  • 2013 - 2015 訪問看護による自殺未遂者への支援の実態及び今後の自殺対策に果たす役割に関する研究
  • 2008 - 2008 プライマリケアにおけるうつ病患者に対する早期介入及び予後に影響する要因
論文 (28件):
MISC (29件):
書籍 (3件):
  • 「助けて」が言えない SOSを出さない人に支援者は何ができるか
    日本評論社 2019 ISBN:4535563799
  • 精神科訪問看護 (Q&Aと事例でわかる訪問看護)
    中央法規出版 2015 ISBN:4805851503
  • 精神科ナースが行う服薬支援-臨床で活かす知識とワザ
    中山書店 2010 ISBN:4521732690
講演・口頭発表等 (12件):
  • 地域で暮らす統合失調症をもつ女性の妊娠・出産の体験
    (第38回日本社会精神医学会 2019)
  • 中小規模の事業場におけるアルコール使用障害の実態とその重症度と関連のある因子の検討
    (第38回日本社会精神医学会 2019)
  • 精神科急性期治療病棟で退院後の生活を意識したケアを実践する看護師の態度
    (第38回日本社会精神医学会 2019)
  • 在宅精神障害者の不適切な介護状態や虐待を認識した訪問看護師の困難感の分析
    (第36回日本看護科学学会学術集会 2016)
  • 訪問看護を利用している自殺関連行動の既往がある精神科患者および支援の特徴
    (第35回日本社会精神医学会 2016)
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(看護学) (聖路加看護大学)
経歴 (6件):
  • 2020/04 - 現在 東京都立大学 健康福祉学部 准教授
  • 2015/04 - 2020/03 首都大学東京 健康福祉学部 准教授
  • 2013/04 - 2015/03 埼玉県立大学 保健医療福祉学部 講師
  • 2009 - 2012 国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所 流動研究員
  • 2007 - 2009 国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所 協力研究員
全件表示
委員歴 (11件):
  • 2021/10 - 現在 日本精神神経学会 地域ケアにおける自立支援のあり方検討委員会委員
  • 2021/10 - 現在 日本精神神経学会 自殺予防に関する委員会委員
  • 2021/09 - 現在 日本病院・地域精神医学会 評議員
  • 2020/06 - 現在 日本社会精神医学会 学術委員会委員
  • 2018/06 - 現在 茅ヶ崎市自殺対策計画推進委員会 委員長
全件表示
受賞 (3件):
  • 2019/03 - 日本社会精神医学会 優秀発表賞 中小規模の事業場におけるアルコール使用障害の実態とその重症度と関連のある因子の検討
  • 2013/05 - 日本精神神経学会 フォリア賞 Psychosocial and psychiatric characteristics of suicide completers with psychiatric treatment before death: a psychological autopsy study of 76 cases
  • 2011/07 - 日本地域看護学会 奨励論文賞 認知症高齢者グループホームにおける看護体制;訪問看護の利用に焦点を当てて
所属学会 (7件):
日本病院・地域精神医学会 ,  日本自殺予防学会 ,  日本社会精神医学会 ,  日本精神神経学会 ,  日本地域看護学会 ,  日本看護科学学会 ,  日本精神保健看護学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る