研究者
J-GLOBAL ID:201301078111377634   更新日: 2021年04月02日

中村 惇平

Jumpei Nakamura
所属機関・部署:
職名: 技師
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
  • 筑波大学大学院  理工情報生命学術院 数理物質科学研究群 応用理工学学位プログラム 電子・物理工学サブプログラム   博士後期課程
ホームページURL (1件): http://www2.kek.jp/imss/msl/
研究分野 (3件): 半導体、光物性、原子物理 ,  光工学、光量子科学 ,  量子ビーム科学
研究キーワード (7件): IV-VI族半導体 ,  真空紫外光 ,  レーザー ,  液体金属 ,  超高圧 ,  超高真空 ,  ミュオン
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 2013 - 2014 大強度コヒーレントVUV光の絶対強度長時間測定方法の開発
論文 (30件):
MISC (12件):
  • 薮内敦, 大野哲靖, 三宅康博, 池戸豊, 下村浩一郎, 西山樟生, 小嶋健児, 河村成肇, STRASSER Patrick, 藤森寛, et al. タングステン繊維状ナノ構造を用いたミュオニウム生成. J. Plasma Fusion Res. 2018. 94. 6. 315-319
  • 中村惇平, 足立匡, 寺嶋理人, 岡部博孝, 門野良典. パルスレーザー堆積装置の立ち上げとレーザーの運転状況. KEK Progress Report 2016-1 技術研究会報告集. 2016. 57-60
  • 足立泰平, 大石裕, 中村惇平, パントアンバダット, 池戸豊, 岩下大器, 山内一宏, 薮内敦, 長友傑, ストラッサーパトリック, et al. J-PARCにおける超低速ミュオン初生成. 日本中間子科学会誌めそん. 2016. 44. 4-6
  • S. Makimura, S. Matoba, N. Kawamura, S. Onizawa, Y. Matsuzawa, M. Tabe, Y. Kobayashi, H. Fujimori, Y. Ikedo, A. Koda, et al. Present status of muon rotating target at J-PARC/MUSE. Proc. Ann. Mtg. Part. Accel. Soc. Jpn. (PASJ2015). 2015. 261-264
  • A. Yabuuchi, N. Ohno, Y. Miyake, Y. Ikedo, K. Shimomura, K. Nishiyama, K. M. Kojima, N. Kawamura, P. Strasser, H. Fujimori, et al. Improvement of Muonium Emission Efficiency of Tungsten Target by Surface Nano-processing. KEK Prog. Rep. 2015. 2015-4. 74
もっと見る
学歴 (1件):
  • 2021 - 現在 筑波大学大学院 応用理工学学位プログラム 電子・物理工学サブプログラム
経歴 (3件):
  • 2020/04 - 現在 高エネルギー加速器研究機構 物質構造科学研究所 技師
  • 2013/04 - 2020/03 高エネルギー加速器研究機構 物質構造科学研究所 准技師
  • 2011/04 - 2013/03 高エネルギー加速器研究機構 物質構造科学研究所 技術員
受賞 (1件):
  • 2017/12 - 高エネルギー加速器研究機構 KEK技術賞 超低速ミュオン発生を実現させたコヒーレントライマンα光の輸送と強度測定技術
所属学会 (6件):
原子衝突学会 ,  応用物理学会 ,  日本加速器学会 ,  日本高圧力学会 ,  日本物理学会 ,  日本中間子科学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る