研究者
J-GLOBAL ID:201301079586053732   更新日: 2020年04月14日

坂東 雄介

バンドウ ユウスケ | Yusuke Bando
所属機関・部署:
研究分野 (3件): 公法学 ,  公法学 ,  公法学
研究キーワード (8件): 外国人の権利・法的地位 ,  国籍 ,  市民権 ,  難民 ,  行政法 ,  移民 ,  憲法 ,  出入国管理
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • 2019 - 2022 入管収容における必要最小限性・適切処遇の検討-国内法と国際人権法の共同
  • 2016 - 2019 オーストラリア移民法における不服審査制度-法政策的観点からの比較研究
  • 2015 - 2016 自由・民主主義という普遍的価値による統合の実現と外国人の帰化条件 -オーストラリア市民権法 2007年改正からの示唆-
  • 2011 - 2013 在留制度と家族関係の維持-考慮されるべき利益と正当化根拠の探究
論文 (18件):
  • 坂東 雄介. オーストラリアにおける二重市民権の位相 : 1948年オーストラリア市民権法s 17削除論を中心に (澁谷浩名誉教授記念号). 商学討究 = The economic review. 2019. 70. 2・3. 215-241
  • 坂東 雄介. 難民認定の証明責任 - 平成28年に下された 2 つの判決の分析を通じて. 商学討究. 2018. 69. 2・3. 183-216
  • 坂東 雄介. オーストラリア移民法における行政不服審判所 - 移民・難民部における審査を中心に. 商学討究. 2018. 69. 2.3. 147-182
  • 坂東 雄介. 日本における入管法上の不服申立制度の現状と課題. 商学討究. 2017. 68. 2.3. 187-216
  • 坂東 雄介. オーストラリアにおける市民権の取得と喪失に関する法制度 - 2007年オーストラリア市民権法を中心に -. 商学討究. 2016. 67. 2.3. 235-281
もっと見る
MISC (5件):
  • 坂東 雄介. 判決コメント:シリア難民訴訟(東京地裁2018年3月20日判決・東京高裁2018年10月25日判決). 国際人権. 2019. 30. 82-84
  • 坂東 雄介. Kerry v. Din, 135 S. Ct. 2128 (2015) : 外国人である夫に対するビザの発給が拒否されたとしても合衆国市民である妻の婚姻生活上の利益が侵害されたとは言えない. アメリカ法. 2016. 2016. 1. 200-203
  • 坂東 雄介. 旭川市国民健康保険料事件(最大判平成18年3月1日(民集60巻2号587頁))における旭川市役所の対応. 商学討究. 2015. 66. 1. 419-435
  • 最近の判例 Chamber of Commerce v. Whiting, 563 U.S._, 131 S. Ct. 1968 (2011) : アリゾウナ州が実施したE-検証制度は連邦法によって専占されたものではない. アメリカ法. 2012. 2012. 1. 168-173
  • 判批. 北大法学論集58巻6号330貢. 2008
書籍 (1件):
  • カリンと学ぶ法学入門
    法律文化社 2015
講演・口頭発表等 (2件):
  • 判決コメント; シリア難民認定関係訴訟
    (国際人権法学会 2018)
  • 難民認定の訴訟法上の証明責任ー平成28年の2つの判決の分析を通じて
    (移民政策学会 2018)
学歴 (3件):
  • 北海道大学 大学院法学研究科 博士後期課程修了
  • 北海道大学 大学院法学研究科 博士前期課程修了
  • 北海道大学 法学部
学位 (2件):
  • 修士(法学) (北海道大学)
  • 博士(法学) (北海道大学)
経歴 (3件):
  • 2013/04 - 現在 小樽商科大学 准教授
  • 2011/04 - 2013/03 札幌学院大学 講師
  • 2010/04 - 2011/03 北海道大学 助教
所属学会 (3件):
移民政策学会 ,  北大公法研究会 ,  国際人権法学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る