研究者
J-GLOBAL ID:201301079904423188   更新日: 2019年01月23日

齋藤宏文

SAITO Hirofumi
所属機関・部署:
職名: 特任准教授
研究分野 (1件): 科学社会学・科学技術史
研究キーワード (6件): 生物学史 ,  イデオロギー ,  科学技術史 ,  科学技術社会論 ,  科学哲学 ,  ソ連
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 2015 - 2018 ロシアにおける生物学教育のルィセンコ主義からの正常化過程をめぐる研究
論文 (11件):
  • 齋藤宏文、アレクサンドル・セミョーノフ. How Was Biology Education Reformed in Russia after the Lysenko Period?. HISTORIA SCIENTIARUM. 2019. 28. 2. 152-178
  • アレクサンドル・セミョーノフ 齋藤宏文. Становление и Развитие Школьного Биологического Образования В Современной России. Самарский Научный Вестник. 2018. 7. 2018. 339-343
  • 齋藤宏文. 歴史学の視点からみたルィセンコ事件:日本の大学生への教育事例を通して. БИОЛОГИЧЕСКОЕ И ЭКОЛОГИЧЕСКОЕ ОБРАЗОВАНИЕ СТУДЕНТОВ И ШКОЛЬНИКОВ: АКТУАЛЬНЫЕ ПРОБЛЕМЫ И ПУТИ ИХ РЕШЕНИЯ. 2018
  • 齋藤宏文. The Early Movement for Normalizing Biology Education in Russia after Lysenko’s Downfall in 1965. HISTORIA SCIENTIARUM. 2016. 26. 1. 3-14
  • 齋藤宏文. Проблема Отношений Лысенко С Сельскохозяйственной Наукой Во Время Войны - В Свете Результатов Анализа Писем, Направленных Лысенко Представителям Власти. Сборник II Международной заочной научно-практической конференции "Информационные технологии в социольной сфере". 2014. 152-161
もっと見る
MISC (4件):
  • 齋藤宏文. (Proceedings) ロシアの教育者集団からみたルィセンコ時代-もう一つの苦難、もう一つの歴史. 科学史研究. 2016. 279. 10. 215-216
  • 齋藤宏文. (翻訳) K. O. ロシヤーノフ「1948年全ソ農業科学アカデミー8月総会におけるルィセンコ派の勝利-歴史解釈の問題-」. 生物学史研究. 2013. 88. 37-48
  • 齋藤宏文. (解説) 歴史研究の対象としての「ルィセンコ・ミチューリン時代」へ. 生物学史研究. 2013. 88. 49-53
  • 齋藤宏文. (書評) 藤岡毅『ルイセンコ主義はなぜ出現したか-生物学の弁証法化の成果と挫折-』. 科学史研究. 2011. 2011年. 12月. 229-230
書籍 (4件):
  • 科学の参謀本部
    北海道大学出版会 2016 ISBN:4832982249
  • (訳文校閲者) ノースフェーラ: 惑星現象としての科学的思考
    水声社 2017 ISBN:4801002749
  • The Lysenko Controversy as a Global Phenomenon, Volume 2: Genetics and Agriculture in the Soviet Union and Beyond (Palgrave Studies in the History of Science and Technology)
    Palgrave Macmillan 2017 ISBN:331939178X
  • 化学史事典
    化学同人 2017 ISBN:4759818391
講演・口頭発表等 (12件):
  • Geneticist Hitoshi Kihara and his particular role in the period of Lysenkoism in Japan
    (第1回国際ルィセンコ主義研究者会議(ニューヨーク) 2009)
  • The impact of the Soviet genetic controversy on Japan from late 1930s to early 1950s
    (第23回国際科学史・技術史学会シンポジウム(ブダペスト) 2009)
  • Implications of Teaching the History of Biology: A Suggestion on the Basis of the History of Soviet Genetics
    (生徒・児童に対する生物学・環境教育-伝統と現在」(ロシア連邦サマーラ市) 2011)
  • The early stage of the Lysenko controversy in Japan -Japan’s recovery from the delay in the field of genetics
    (第2回国際ルィセンコ主義研究者会議(ウイーン) 2012)
  • 西側の生物学者のソヴィエト科学観-1930年代から1940年代にかけての変容
    (第25回西日本地区ロシア・東欧研究者集会(島根県立大学) 2013)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 1999 - 2003 東京工業大学 生命理工学部
  • 2003 - 2008 東京工業大学大学院 社会理工学研究科 人間行動システム専攻
学位 (1件):
  • 博士(学術) (東京工業大学)
経歴 (4件):
  • 2008/10 - 2009/03 東京工業大学 非常勤補佐員
  • 2009/04 - 2015/02 東京工業大学 特任助教
  • 2015/03 - 2016/03 東京工業大学
  • 2016/04 - 現在 東京工業大学 特任准教授
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る