研究者
J-GLOBAL ID:201301084630600081   更新日: 2024年02月01日

谷口 喜一郎

タニグチ キイチロウ | Taniguchi Kiichiro
所属機関・部署:
職名: 特定助教
ホームページURL (1件): https://kaken.nii.ac.jp/d/r/20554174.ja.html
研究分野 (2件): 発生生物学 ,  細胞生物学
研究キーワード (12件): 細胞競合 ,  ショウジョウバエ ,  生殖 ,  細胞周期 ,  細胞分裂 ,  二核細胞 ,  組織恒常性 ,  細胞死耐性 ,  アポトーシス ,  非再生系組織 ,  老化 ,  左右非対称性
競争的資金等の研究課題 (10件):
  • 2021 - 2024 ショウジョウバエを用いた臓器連関を介した腫瘍悪性化の遺伝学的解析
  • 2016 - 2020 ショウジョウバエ組織における生理的アポトーシス耐性
  • 2016 - 2017 非再生組織において恒常性をもたらす遺伝子ネットワークの解明
  • 2015 - 2016 異常レベルに応じた選択的な細胞死誘導
  • 2013 - 2015 細胞死耐性獲得をもたらす遺伝的制御メカニズム
全件表示
論文 (25件):
  • Kiichiro Taniguchi, Tatsushi Igaki. Sas-Ptp10D shapes germ-line stem cell niche by facilitating JNK-mediated apoptosis. PLoS genetics. 2023. 19. 3. e1010684
  • Yi-Ting Lai, Takeshi Sasamura, Junpei Kuroda, Reo Maeda, Mitsutoshi Nakamura, Ryo Hatori, Tomoki Ishibashi, Kiichiro Taniguchi, Masashi Ooike, Tomohiro Taguchi, et al. The Drosophila AWP1 ortholog Doctor No regulates JAK/STAT signaling for left-right asymmetry in the gut by promoting receptor endocytosis. Development (Cambridge, England). 2023. 150. 6
  • Koji Takeda, Tomoki Furuta, Masaki Hamada, Yo Sato, Kiichiro Taniguchi, Akihiro Tanizawa, Tomomasa Yagi, Takashi Adachi-Yamada. Handicap theory is applied to females but not males in relation to mate choice in the stalk-eyed fly Sphyracephala detrahens. Scientific reports. 2020. 10. 1. 19684-19684
  • Iida C, Ohsawa S, Taniguchi K, Yamamoto M, Morata G, Igaki T. JNK-mediated Slit-Robo signaling facilitates epithelial wound repair by extruding dying cells. Scientific reports. 2019. 9. 1. 19549
  • Taniguchi K, Kokuryo A, Imano T, Nakagoshi H, Adachi-Yamada T. Binucleation of Accessory Gland Lobe Contributes to Effective Ejection of Seminal Fluid in Drosophila melanogaster. Zoological science. 2018. 35. 5. 446-458
もっと見る
MISC (12件):
  • 谷口 喜一郎, 井垣 達吏. 細胞極性の崩壊によるがん化のメカニズム. 医学のあゆみ. 2019. 268. 6. 496-500
  • 谷口 喜一郎, 井垣 達吏. 細胞競合の分子機構とその生理的な意義. ライフサイエンス 領域統合レビュー. 2017. 6. e008
  • 谷口 喜一郎, 井垣 達吏. 細胞競合とがん. 血液フロンティア. 2017. 27. 12. 64-68
  • 中澤 直高, 前田 礼男, 谷口 喜一郎, 安藤 格士, 松野 健治. 左右非対称な組織形態形成の新たな機構. 実験医学. 2012. 30. 1. 75-78
  • 前田 礼男, 谷口 喜一郎, 安藤 格士, 松野 健治. キラルな細胞形状の変化による左右非対称な形態形成. FIRST AUTHORS ライフサイエンス 新着論文レビュー. 2011
もっと見る
書籍 (1件):
  • Drosophila Models for Human Diseases
    Springer Nature 2018
講演・口頭発表等 (44件):
  • Cell competition effector Sas-Ptp10D shapes germ-line stem cell niche
    (The 6th Asia Pacific Drosophila Research 2023)
  • 統合的ストレス応答は腫瘍内不均一性を介したがん進展を駆動する
    (第75回日本細胞生物学会大会 2023)
  • Integrated stress response drives non-autonomous progression of Ras-activated tumors
    (第15回日本ショウジョウバエ研究会 2022)
  • 統合的ストレス応答は細胞間相互作用を介した腫瘍悪性化を駆動する
    (第74回日本細胞生物学会大会 2022)
  • Integrated stress response creates the tumor microenvironment in Ras-activated tumors
    (第14回日本ショウジョウバエ研究会 2021)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 2003 - 2008 東京理科大学大学院 基礎工学研究科 生物工学専攻
  • 1999 - 2003 東京理科大学 基礎工学部 生物工学科
学位 (1件):
  • 博士(工学) (東京理科大学大学院)
経歴 (5件):
  • 2023/04 - 現在 京都大学 大学院生命科学研究科 特定講師
  • 2017/04 - 2023/03 京都大学 大学院生命科学研究科 特定助教
  • 2009/04 - 2017/03 学習院大学 理学部 助教
  • 2008/04 - 2009/03 東京理科大学 基礎工学部 博士研究員
  • 2006/04 - 2008/03 日本学術振興会 特別研究員
所属学会 (3件):
アメリカ遺伝学会 ,  日本細胞生物学会 ,  日本分子生物学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る