研究者
J-GLOBAL ID:201301084787148000   更新日: 2020年08月24日

齋藤 いずみ

サイトウ イズミ | Saito Izumi
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): http://perinatalcare.jp/
研究分野 (1件): 生涯発達看護学
研究キーワード (2件): 助産学 ,  母性看護学
競争的資金等の研究課題 (12件):
  • 2018 - 2020 周産期医療・看護に付加価値を創造するMBA教育の蓄積を活用した経営学的検証
  • 2015 - 2018 混合病棟における周産期の安全と質保証を担保するための看護人員配置に関する研究
  • 2015 - 2017 周産期医療に積極的付加価値をつけるための周産期看護の分析と経営学的検証
  • 2013 - 2015 可視化生体モデルを利用した周産期における助産師の内診技術に関する検証
  • 2011 - 2012 院内助産システム(助産外来・院内助産)の安全と質に関する実証データを基盤とする評価研究
全件表示
論文 (75件):
  • 小林 絵里子, 齋藤 いずみ. A地区における職種の違いによる母乳育児支援の認識の現状. 日本助産学会誌. 2020. 33. 3. 417-417
  • Kaori Nakai, Izumi Saito, Kayo Osawa. Nursing Care Time for Newborns During Hospitalization in a Mixed Hospital Ward With an Obstetrics Department. Kobe Journal of Medical Sciences. 2020. 65. 5. 144-152
  • Chifumi Otaki, Izumi Saito, Shintaro Izumi, Kayo Osawa. Analysis of day shift nurses’ and midwives' locations and durations using information communication equipment: A prospective observational study of a mixed obstetric ward with critical patients in Japan. Journal of Nursing Science and Engineering. 2020. 7. 130-140
  • 大滝 千文, 齋藤 いずみ, 和泉 慎太郎, 大澤 佳代. 情報通信機器を用いた重症患者を有する産科混合病棟の夜勤帯看護師の滞在場所と滞在時間の分析. 看護理工学会誌. 2020. 7. 0. 13-24
  • Kimie Okada, Izumi Saito, Chihiro Katada, Takeshi Tsujino. Influence of quality of sleep in the first trimester on blood pressure in the third trimester in primipara women. Blood press. 2019. 5. 345-355
もっと見る
MISC (11件):
  • 齋藤 いずみ, 太田 加代. 産科混合病棟を多角的・総合的視野から検証する. 母性衛生. 2018. 59. 1. 14-17
  • 齋藤 いずみ. 混合病棟における助産・医療双方の安全と看護の質を保証する、助産師と看護師の人員配置に関する研究. 第46回2015三菱財団研究・事業報告書. 2016
  • 二宮早苗, 齋藤いずみ, 内藤紀代子, 土川祥, 齋藤祥乃, 森川茂廣, 遠藤善裕, 岡山久代. 分娩により骨盤底は弛緩するか?-座位MRI画像による30歳代の未産婦と経産婦の膀胱頸部位置の比較-. 日本老年泌尿器科学会誌. 2014. 27. 53-53
  • 二宮早苗, 齋藤いずみ, 内藤紀代子, 土川祥, 齋藤祥乃, 森川茂廣, 遠藤善裕, 岡山久代. 分娩により骨盤底は弛緩するか?:座位MRI画像による30歳代の未産婦と経産婦の膀胱頸部位置の比較. 日本老年泌尿器科学会プログラム・抄録集. 2014. 27th. 97
  • 齋藤いずみ, 安川文朗, 遠藤俊子, 山崎峰夫. 「助産外来・院内助産」に関する全国大規模調査における認知と利用意向に関する分析. 母性衛生. 2013. 54. 3. 270
もっと見る
書籍 (63件):
  • 母性看護学-母性看護学-の概要と最新の動向をわかりやすく解説-第15章周産期医療と看護に関する安全と質の保証-
    放送大学教育振興会 2020
  • 母性看護学-母性看護学の概要と最新の動向をわかりやすく解説-第12章わが国の地域母子保健行政と諸外国の周産期医療システム
    放送大学教育振興会 2020
  • 母性看護学-母性看護学の概要と最新の動向をわかりやすく解説-第3章わが国および諸外国における母子保健統計と法律
    放送大学教育振興会 2020
  • 母性看護学概論/ウィメンズヘルスと看護
    メヂカルフレンド社 2019 ISBN:9784839233617
  • 助産師国試対策スキルアップブック 第3版
    海馬書房 2018
もっと見る
講演・口頭発表等 (257件):
  • 情報通信技術を活用した産科混合病棟の可視化
    (第60回日本母性衛生学会総会・学術集会 2019)
  • 「産科混合病棟」という存在 産婦人科医師および病院のトップ管理職の地位にある人と共に考える
    (第60回日本母性衛生学会学術集会 2019)
  • 混合病棟における母乳育児支援の現状~管理者への質問紙調査から~
    (第34回日本母乳哺育学会 2019)
  • 妊娠期の推定食塩摂取量と関連する要因についての検討
    (第43回日本女性栄養・代謝学界学術集会 2019)
  • 総合周産期母子医療センターにおけるMMR(Mixed Method Research)を用いた看護の可視化に関する文献検討
    (第7回看護理工学会 2019)
もっと見る
学歴 (1件):
  • 1995 - 1999 筑波大学大学院 医学研究科
学位 (2件):
  • 修士(医科学) (筑波大学)
  • 博士(医学) (筑波大学)
経歴 (2件):
  • 2009/04 - 現在 神戸大学大学院保健学研究科 教授
  • 2000/04 - 2009/03 北海道医療大学 教授
委員歴 (7件):
  • 2016 - 現在 看護理工学会 理事
  • 2014/07 - 現在 第5回看護経済・政策研究学会学術集会大会長
  • 2010/09 - 現在 看護経済政策研究学会 理事
  • 2009/06 - 現在 日本母性看護学会 理事 第14回日本母性看護学会学術大会長
  • 2005/05 - 現在 日本看護系大学協議会 母性看護専門看護師 教育認定委員
全件表示
受賞 (2件):
  • 2019/06 - 第7回看護理工学会 研究奨励賞 「産科混合病棟における看護職の滞在場所と滞在時間」
  • 2013/10 - 看護理工学会 第一回看護理工学会優秀講演賞 下着のサポート力による骨盤内臓器拳上作用のメカニズムの検討
所属学会 (15件):
日本看護協会 ,  日本母乳哺育学会 ,  日本生命倫理学会 ,  日本新生児成育医学会 ,  兵庫県母性衛生学会 ,  看護理工学会 ,  社団法人兵庫県看護協会 ,  公益財団法人日本看護協会 ,  看護経済・政策研究学会 ,  日本助産学会 ,  日本医療・病院管理学会 ,  日本看護管理学会 ,  日本看護科学学会 ,  日本母性看護学会 ,  日本母性衛生学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る